INAKA Lifestyle Experience - 田舎ライフスタイル体験

【田舎体験】能登での座禅に大驚き ~ 4歳でもできる座禅?! ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
輪島 龍昌寺 座禅 meditation zen temple in Ishikawa Japan

先月2月24日(土)~25日(日)に開催した「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の続き。のと里山空港 到着早々 向かった先は輪島・与呂見地区にある禅寺 龍昌寺(りゅうしょうじ)。(前回の田舎体験ストーリーはこちら

この龍昌寺の敷地内には1つのコミュニティが確立していて、敷地内に建っている5軒の家に5世帯・14人が住み、みんなで、畑や田んぼ、冬には餅つき、味噌づくりなどをして、半自給自足暮らしをしている。風呂は薪がベースとなっていて、龍昌寺の共同スペースにある。

さて、薪ストーブを囲み、のんびりした後は座禅の時間。

静かに自分と自分を取り囲む“存在”にフォーカス。「自分の時間」に集中する。

「自分と向き合う時間」と対面する。忙しい日々、いまや、「自分の時間」に集中するのは貴重な時間…

しかし、座禅で、無心になることは不可能だ。静かになると、自分と向き合い始め、空っぽの頭の中が、あらゆる考え事でいっぱいになる。

しかし、頭を過る考え事や疑問などは全て自分が感じていること。それが頭の中を駆け巡るのはきっといいことで、それが、「自分との時間」ってやつなんだと思う。

輪島 龍昌寺 座禅 meditation zen temple in Ishikawa Japan

ここで少しだけやり方を学べば、それはどこでも実践することができる。

いつも、みんなが体験しているとき、娘・結生は啓子さんと一緒にキッチンで過ごし、座禅に参加することはない。

結生はまだ4歳だが、1つのことに集中することが得意なときがある。「なんでも集中できる」っというわけではないが、例えばパズルの場合、完成するまでずっとパズルをしている。

座禅はどうだろうか?

「結生もやってみな」と、今回はみんなと一緒に座禅にチャレンジ。無理やりというわけではない。もし難しいようであれば、座禅をするみんなに迷惑かけることなく、2人でこの場を退くつもりだ。

結生の座禅はどんな感じだったのか、以下に綴る。

輪島 龍昌寺 座禅 meditation zen temple in Ishikawa Japan

 

4歳の座禅はいかに?どのくらい耐えられるのか?

11:50ぐらいから瞑想時間が始まる。場所は龍昌寺の本堂にて。

驚くことに、結生は「とりあえずやってみるか」モードっぽい。

左隣には住職の和樹さん、右隣にははぶちゃんが座っている。

姿勢は右に曲りつつも、「座禅らしい」格好で座っている結生。首を右に、みんなの様子をたまに伺うが、基本、ずっと座っている。

結生の視野に入らにように、ぼくは5~6メートル後ろで結生の様子を伺う。万が一、泣き出したり、立ち上がったりしたら、みんなに迷惑が掛からないよう、外へと連れて行くつもりだった。

しかし…



10分が経過。結生は未だに座っている。眠くもなさそうだ。

ぼくは1人、結生含めみんなの様子を伺いつつも、写真を撮るなどして、静かに座っていた。

「きっとみんな、『結生ちゃんいつまで座禅に耐えられるかなぁ』とか考えているんだろうなぁ」と、ぼくは1人考え始める。

結生はかなりの落ち着き具合…

輪島 龍昌寺 座禅 meditation zen temple in Ishikawa Japan

12:03少し辛そうだ。というか、悲しそうな感じで息を吸ったと思う。っと… あとあと考えると、そう勝手に結生を解釈しているのは、親としてのぼくだけかもしれないが。

結生は「みんな、長いこと目を閉じて座っているなぁ… みんな大丈夫かなぁ?」と心配しているのだろうか…

途中、結生は背筋を伸ばすなどしているが、結生の動きを伺う限り、起きている様子。

12:09、結生が後ろに座っているぼくの方に振り向くように首を動かした。

その瞬間、ぼくはあえて目を閉じる。

結生は、「あっ!父ちゃんも寝ている!」と思ったのか、ぼくに話しかけることなく、また壁へと振り返り、瞑想をはじめた。

たまに風でドアが震えている。風で障子が動く。

外からなにかの音楽が聞こえる。

25分が経過し、座禅が終了した。

みんなが動いた瞬間、結生は「終ったのぉ~」のような顔をして笑顔になっていた。

「結生、頑張ったね~」とぼく。結生にとっては、この座禅はどうだったのだろうか。大したことなかったのだろうか。

みんなは、「え!?結生ちゃんいたの?!」「すごい〜」と驚いていた。

輪島 龍昌寺 座禅 meditation zen temple in Ishikawa Japan

田舎での自然との暮らしが、結生の集中力を高めているのだろうか…

座禅の静けさは結生にとっては“普通”なのだろうか…

久しぶりに行った龍昌寺。ここ龍昌寺で1人、落ち着いて過ごしたいと思い始めている自分。

近々、1人で行こうと思っている。

輪島 龍昌寺 座禅 meditation zen temple in Ishikawa Japan

輪島 龍昌寺 座禅 meditation zen temple in Ishikawa Japan

さて、昼食の時間だ (続きはこちら

輪島 龍昌寺 座禅 meditation zen temple in Ishikawa Japan

 

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)で広報責任者として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てられた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. Lunch spot Georgian restaurant in Anamizu Ryu Cru リゥ・クリゥ ジョージア 穴水町 【田舎体験 最終日】ジョージア“風”料理「リゥ・クリゥ」へ ワイ…
  2. ランプの宿 高額 ゆりかのお店 石 田舎体験 2日目 奥能登一周 「聖域の岬」にある「ランプの宿」売…
  3. 輪島 珠洲 塩田 体験 究極の塩 トキオ ソフトクリーム 田舎体験 2日目 奥能登一周 輪島の「塩の駅 輪島塩」 ~ 売り…
  4. 田舎バックパッカープロデュースの奥能登での田舎体験の内容 続編
  5. 中川生馬 スーツ 田舎でスーツ着るの 【田舎体験】『ヤスヨとヤスコ』の田舎体験最終日、七尾のスイーツ「…
  6. 輪島 高州山にて。東京のヤスコさんと富山のヤスヨさん 『ヤスヨとヤスコ』の田舎体験、奥能登の外と内海両方を一望できるス…
  7. 能登 穴水町 田舎体験 洋上パーティー 【メディア掲載】中日新聞『能登でつくる夏の思い出 神奈川の4人家…
  8. suzu mitsukejima island 石川県 能登 珠洲 見附島 サギ カラス 住む島 田舎体験 2日目 奥能登一周 海岸に浮かぶ…巨大な珪…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

大井川電機 はなびらたけ ホホホタケ 牡蠣 かき 静岡県島田市の自動車用電球メーカーの大井川電機、はなびらたけ「ホホホタケ」と春が旬!の能登牡蠣のセット販売開始 Carstay カーステイ 経営合宿 management camp 【90枚の写真が語る】Carstayの経営合宿 穴水町 長崎公雄 日経ビジネス かぼちゃ 大根 ニンニク 【田舎で仕事 – 広報】国内最大のビジネス誌『日経ビジネス』に穴水町岩車の農家登場 動く個室 行った場所が庭 宿泊型移動車「モバイルハウス」中川生馬さん(右)と会話を弾ませて交流を深める赤井成彰さん=穴水町川尻で 写真 金沢の赤井さん、穴水で魅力伝える 宿泊型移動車「モバイルハウス」で一風変わった旅をしている赤井成彰さん(30)=金沢市=が二十九、三十の両日、穴水町川尻に宿泊し、なじみの薄いモバイルハウスの面白さを町民らに伝えた。(田井勇輝)赤井さんは昨年春、営業社員だった大手玩具メーカーを退社。ハワイでの暮らしを夢見て、貯金するため家賃を節約しようとさまざまな生活の仕方を模索。家を持たないで車内や荷台で寝泊まりしながら生活するモバイルハウスと出合った。中古の一トントラックを購入し、昨年十月から荷台で部屋作りを開始。長さ二・五メートル、幅一・六メートル、高さ一・九メートルの木製による落ち着きある空間を手掛けた。壁を開閉して楽しめる縁側や、天窓、折り畳み式机といった工夫を凝らした家具を設置。外壁はオレンジ色と茶色の細長い板千枚以上を組み合わせ、魚のうろこを表した。製作は今年一月に終了。車の購入と製作の総額約九十万円の大部分は資金を募るクラウドファンディングで集めた。モバイルハウスの可能性だけでなく、全国の魅力ある人や場所を探そうと、今月二十七日に金沢市を出発。車中泊可能な場所を検索できるサイト「カーステイ」で、中川生馬さん(40)=同町岩車=が運営する場所を見つけ訪れた。赤井さんは中川さんや通り掛かった住民に「まさに動く個室。行った場所がどこでも庭になる」と熱く語った。バックパッカーとして国内を旅した経験がある中川さんとはうまが合い、縁側でいつまでも会話を弾ませていた。赤井さんは十一月末まで全国を巡る予定。三十日は珠洲市、三十一日は七尾市能登島で泊まり、その後県外に出る。 【メディア掲載】中日新聞『動く個室 行った場所が庭 宿泊型移動車「モバイルハウス」』 奥能登の“天空”スポット ~ バックパッカーじゃなくても行きたい奥能登 里山の穴場 ~

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
穴水町 キャンピングカー, 保育園 キャンピングカー, 動けるおうちにノリノリ
  1. フリーランスって
  2. 石川県 子育て,石川県 移住,石川県 移住者,穴水町 子育て,穴水町 小学校,穴水町 川尻,穴水町 移住者,能登 田舎, 能登 移住者, 田舎 学校, 田舎 小学校,向洋小学校
  3. 石川県 子育て,石川県 移住,石川県 移住者,穴水町 子育て,穴水町 小学校,穴水町 川尻,穴水町 移住者,能登 田舎, 能登 移住者, 田舎 学校, 田舎 小学校,向洋小学校
  4. 広島県 三原市,佛通寺,紅葉
  5. はなびらたけ ホホホタケ ラーメン
  6. 能登 穴水町 牡蠣食堂 コーストテーブル Ishikawa Oyster restaurant Coast table

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
【田舎からのつぶやき】小学校の統合、石川県穴水町役場の独断と偏見で話しが進んでませんか?!ってお話し
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
【田舎からのつぶやき】石川県穴水町役場の約61億円補助金事業とは?!小学校統合との関係性は?!水面下で都市構造再編集中支援事業の採択要望?!から浮かぶ疑問
【田舎暮らし歴約10年が語る】都会生活に慣れすぎると… 田舎の一人時間に耐えられない
day 70.4 輪島塗の現状 ~ 輪島に残れない輪島塗に熱心な次世代 ~
【田舎旅】サブバッテリーの走行充電ができないとき、確認したいポイント
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
家と書斎機能ある“動く拠点”、8年使用した冬欠かせない装備『FFヒーター』の清掃・修理・部品交換!症状は?
day 80.1 “戦争の悲劇”を長崎原爆資料館で ~ 原爆投下候補地は17ヵ所だった?! ~
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。