Noto Anamizu Iwaguruma - 能登 穴水町 岩車

里海ある田舎の良さ:奥能登一周“旅”で大漁!珠洲「つばき茶屋」漁師夫婦からの“大”ギフト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

能登・珠洲市高屋町 – 今日は大漁だった!

って、漁へ行ったわけではないが…珠洲・高屋町の海女さん/漁師さん夫婦から大物の魚をいただいた。

ガンドブリ、カナガシラ、そして鯛だ!ガンドブリは血抜きをしているので、生臭さなく、とにかく美味しい!

田舎暮らし 魚介類

能登半島の最先端にある海鮮食堂「つばき茶屋」を営む番匠(ばんしょう)さんからのギフトだ。

「つばき茶屋」では、漁師夫婦が獲ってきた新鮮な魚介類を食べられる。定食は言うまでもなく最高だが、ここからの眺めも絶景。

この食堂やその隣にある椿の展望台からの眺めは、「おぉ〜能登半島に来たぞぉー」と実感できる超絶景で、奥能登への旅では、絶対に欠かせないスポットだ。

展望台の駐車場にはトイレもあり、ここは絶景の車中泊/クルマ泊スポットでもある。

今の時期、夕日と朝日が見られる、なんとも言えない最高の旅スポット。

珠洲 つばき茶屋

こんな感じで船の上で、さくっと二枚におろしてくれた。錆びた包丁だったが…さすが番匠さん…プロだ。あっという間に、「ほら!イクマ持ってきな!」だ。

 

『つばき茶屋』との出会いは…

海人の…いや“海女ん婆(あまんば)”の番匠さつきさんとの出会いは2010年10月に奥能登をバックパッカー旅していたときだった。

田舎バックパッカーのぼくの最初の目的地だった舳倉島(へぐらじま)を経由して、奥能登を歩いて一周したとき、「やっと食堂みつけた…」と入ったのが、「つばき茶屋」だった。

珠洲 つばき茶屋

石川県 奥能登一周中 – 「つばき茶屋」で出会った(手前左から)“みっちゃん”、海女の番匠さつきさん。

岩のりうどんを食べて…「野菜を欲っしてるんです…」と伝えると、サービスで野菜をくれたのだった。その後、番匠さんは、ぼくらに手紙まで送ってくれた。

番匠さんとの”つながり”があり、能登移住するとき、珠洲もいいよねぇと思ったほど。

そんなこんなで、番匠さつきさん、旦那の栄作さん、娘のさとみちゃんとの付き合いが始まったのだった。(その時のストーリーはこちら

こういう新鮮な魚の差し入れは本当に嬉しい!

 

海女さん食堂『つばき茶屋』の営業概要

奥能登の絶景に囲まれた食堂がこの「つばき茶屋」だ。メニューと名刺は石ころ。

石の表には品名、裏には価格が書かれている。

お薦めは「でまかせ定食」だ。

番匠さん夫婦が獲ってきた刺し身も最高。日によって獲れた魚が異なるので、「刺し身」の内容も異なるが、特にブリはうま~い!!

営業時間: 10:00~16:00 (不定休、冬季休業)
オープン期間: 毎年3月下旬頃から12月中旬
住所: 珠洲市折戸町1-3-1
電話: 0768-86-2059
 ※混雑することもあるので、事前に電話での予約をお薦めする。

 

里海里山ある田舎

今日夕方頃からは穴水町岩車の田舎バックパッカー体験ハウスでBBQ(バーベキュー)!

田舎暮らし BBQ バーベキュー

ときには、こういった、ありがたく“大漁”ギフトをいただくことがあり、これは『田舎暮らし』…または“里海ある”田舎暮らしの醍醐味の一つでもある。

「ときには」の頻度は…週に平均2回の頻度ってところだろうか。

だが、一応、伝えておくと…

「田舎暮らし」と言えば、毎日、農家や漁師から、なにかと食べ物をもらっているイメージがあるかと思うが、「田舎暮らし」しているからって、近所から、まいに~ち、いただけるわけではない。

近所の農家さん、漁師さんなどとの親しさ、関係性にもよってくる。それは、都会にいても変わらないだろう。

とにかく、今日の“大漁”に感謝だぁ~。これで今夜のBBQが盛り上がる。(続きは後ほど)

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. suzu mitsukejima island 石川県 能登 珠洲 見附島 サギ カラス 住む島 田舎体験 2日目 奥能登一周 海岸に浮かぶ…巨大な珪…
  2. 牡蠣漁師体験 『“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験』1日目 能登空港到着…
  3. 能登岩車で数十メートル浅瀬続くプライベートビーチ (動画あり)
  4. “でぶ+借金100万円”って大丈夫?!な大堀悟“ぼり”さん 岩車…
  5. living trial in Anamizu Ishikawa 穴水町 移住体験 体験住居 day 58 能登半島 穴水町に向けて再び出発 ~ 町の移住体験…
  6. 穴水町 岩車 移住者 能登・穴水町岩車に18歳の女性移住者!
  7. キツネ 発見 野生 day 66 石川県穴水町 “オレンジ色の動物”との遭遇
  8. ハイエース 動く家 家族 2019年!世間は「人生100年時代」とか言ってるけどってお話し…

VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

day 16 – 19 金沢で焼き肉。気になる飛驒。夜行バスで鎌倉へ nikko rv park 日光 東照宮 車中泊スポット 日光の紅葉絶頂期、“老舗”通信大手NTT東日本が日光にCarstay車中泊スポット 2カ所オープン 安倍大資, バンライフ, 暮らし 移動型 定住 移動しながら暮らす, 田舎バックパッカーハウス, vanlife 【メディア掲載】バンライファーに“転職”した元日経記者・安倍大資さんのフルエール『バンライフ第一人者・中川生馬さん 〜「泊まれる駐車場」の理念とは』 day 12 奥能登一周旅 職務質問されるバックパッカー ~ 真浦海岸から大谷へ ~ ジャパファンカップ サッカー 福島 国際親善試合 リトグリ 福島でU-18東北選抜 対 東南アジア選抜の国際親善試合「JapaFunCup<ジャパファンカップ>」開催

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
田舎バックパッカーハウス, 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, child in the countryside japan
  1. ハイエース バンライフ, ハイエース 仕事, バン 仕事
  2. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, child in the countryside japan
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  4. かき, 石川県 牡蠣, 穴水町 牡蠣, 穴水町 かき, 七尾 牡蠣, 七尾 かき, 能登かき, 能登牡蠣, 輪島 牡蠣, 輪島 かき, 能登半島 牡蠣, 能登半島 かき, oyster in Anamizu, oyster in ishikawa

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<のとかき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
day 45.1 徳島県小松島 『ル・サロン』『国連本部』にも飾られたと話す『阿波おどり』の画家 銭谷誠さんとの出会い ~ “画家として売れるまで…”の25分間の会話 ~
【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!<2021年7月2日追記>
選択肢を“冒険” 1971年発売の二眼レフカメラ写真の質が...スゴイ
能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリーも
【田舎バックパッカーハウス】能登半島・石川県穴水町の田舎暮らし体験シェアハウス&オフィス、長期間 車中泊滞在可能な<住める駐車場>『バンライフ・ステーション』について
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。