Noto Anamizu Iwaguruma - 能登 穴水町 岩車

奥能登唯一!穴水町で電源あるクルマ旅向け『RVパーク』開設 ~ クルマで寝る!文化センターのテニスコート横 ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
RVパーク 車中泊スポット 穴水町 能登半島 奥能登

能登・穴水町(石川県) – クルマで寝られる… いわゆる車中泊スポットが穴水町にオープンした。

※現在、穴水町には電源付きの車中泊スポットは多数あります。以下、「田舎バックパッカーハウス」などがあります。

シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフ・ステーション, 住める駐車場, 能登, 穴水町, 車中泊 お知らせ:『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、住める駐車場/車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!

RVパーク 車中泊スポット 穴水町 能登半島 奥能登

って、何ごとだ!?と思う人たちが大半だろうが、クルマで全国を旅する人、クルマなどを活用してモバイルな暮らし「移動型定住」をする人たちにとっては朗報だ。

「車中泊スポットなんて『道の駅』、オートキャンプ場、そこらに沢山休憩できる駐車場があるよ。なにが違うの?!」と思う人が多いかと思う。

まず、RVパークとの違いを“ざっくり”いうと、電源設備、トイレ、ごみ捨て場などの便利なものが敷地内や近辺にあるか・ないかが大きな違いだろう。

RVパーク 車中泊スポット 電源 穴水町 能登半島 奥能登

RVパークでは、旅人が道中一番困る電源設備を必ず、その他便利な設備を有料で提供している。

そんなクルマ旅人向けの施設がここ穴水町にオープンしたのだ。

9月頃、穴水町の「ふれあい文化センター」は、メイン施設前のオムニ・テニスコート横の駐車場に『RVパーク NOTOあなみず』をオープンした。

RVパーク 車中泊スポット 穴水町 能登半島 奥能登

これは日本RV協会が正式に認定したキャンピングカーや車中泊カー向けの駐車スポットだ。

「ふれあい文化センター」は、駐車場に1基約10万円で電源供給基を整備し、クルマ旅人たちの誘致を図る。

穴水町の『RVパーク NOTOあなみず』は奥能登(穴水町・輪島市・珠洲市・能登町)で唯一、石川県で見ると、志賀町の「RVパーク 道の駅ころ柿の里しか」能登島の「RVパークねやフィッシングパーク太公望」に次いで三か所目となる。

RVパーク 車中泊スポット 穴水町 能登半島 奥能登 テニスコート【穴水町 RVパークのすぐ横にはテニスコートがある。ぼく自身、穴水町のテニス協会に参加していて、ここでテニスをすることがある】

RVパークとは、今、全国的に増えている車中泊をしながら日本を旅する人の為の有料駐車スペース・車中泊専用のスポット。

クルマのエンジンを止めても、車内に外部から100ボルトの電気をひけるよう電源設備を整備、ゴミ処理の受け付け、ラッキーであればシャワーや温泉施設などを有料で活用することができる車中泊スポットだ。主にそれら場所がRVパークとして認定される。

RVパーク 穴水町 このような水場もある【ちょっとした水場もある】

日本RV協会は、クルマで全国を“快適に”旅することができるように、全国各地でRVパーク開設を推進している。

RVパーク/駐車スペースにクルマを止めて、車内で寝ることができ、その駐車スペースには電源があるのでテレビを見たり、電子機器を充電することなどができる。そして、近辺にはトイレやゴミ処理ができる場所があるわけだ。

RVパーク 車中泊スポット 電源 穴水町 能登半島 奥能登

旅人にとって、電気の確保は重要。パソコン、スマートフォンなどの携帯機器、その他旅の電子機器のために、電気が使えるスポットは嬉しい。

また、道の駅やサービスエリアなどの駐車場では、エンジンかけっぱなしで、電気の確保は可能だが、それはガソリンの無駄、その他駐車しているクルマ旅人やお客さんへの「排気ガス」の迷惑、地球環境への負荷にもつながるなど、多くの迷惑行為につながってしまう。

「RVパーク NOTOあなみず」数キロ圏内にはスーパーやコンビニもある。

ふれあい文化センターによると、今日までで、このRVパークを利用したクルマの数は10台ほど。

能登半島や穴水町の魅力を発信することで利用者の増加を図りたいところだが、それはふれあい文化センターだけではできないこと。能登地域や穴水町の地元が、どれだけ地域の魅力を発信することができるかによって、「RVパーク NOTOあなみず」の利用者も増えることだろう。

一方では、利用者が少ない…というのも魅力の一つでもある。夜は静かに過ごすことができる。星空が綺麗な穴水町なので、空を見上げながら、酒やお茶を飲んでのんびりするのもいいだろう。

この冬、ここを拠点に、牡蠣などの冬の幸を堪能しながら、のんび~りと能登半島のクルマ旅を楽しんではどうだろうか。

RVパーク 車中泊スポット 穴水町 能登半島 奥能登 潮騒の道

RVパーク NOTOあなみず

穴水町 釣り 潮騒の道【「RVパーク NOTOあなみず」を下ると、穴水町の一観光…“のんびり”お散歩コース『潮騒の道』へと行くことができる。ここも穴水のおお薦めスポットの一つ。ここで釣りをしている人もいるようだ。】

 

<< 『RVパーク NOTOあなみず』概要 >>

RVパーク 穴水町 ふれあい文化センター 入口

● 所在地:927-0025 石川県鳳珠郡穴水町内浦5-28-3 のとふれあい文化センター内
● 電話番号: 0768-52-3401(のとふれあい文化センター)
● トイレ・洗面所の利用時間: 24時間利用可能
● ごみ処理: 500円で対応可能
● 電源: 1000円、100ボルト15アンペア
● 発電機: 利用可能
● その他の利用可能施設: テニスコート・宿泊施設。
● お風呂: 300円。※通常、宿泊者のみ限定だが、RVパーク利用者は、ふれあい文化センター内の大浴場を300円で利用することができる。

RVパーク 穴水町 ふれあい文化センター Wifi インターネット

RVパークまではインターネットの電波/Wi-Fiは届かないが、「ふれあい文化センター」の施設周辺では無料でインターネットに接続することができる。

<< トイレやお風呂は? >>

上記概要のとおり、のとふれあい文化センターが管理しているので、センター内の大浴場やトイレを利活用することができる。

RVパーク 穴水町 ふれあい文化センター トイレ 綺麗

トイレに関しては、夜間22:00以降、ふれあい文化センターの夜間専用出入り口から出入りして、利用することが可能。お風呂もトイレも綺麗なRVパークだ。

RVパーク 穴水町 ふれあい文化センター トイレ 綺麗

ただ、夜中、場合によっては、宿直担当者がいないことがある。その場合、少し遠いが、キャンプ場のトイレを活用することができる。ただ、ほぼ利用は可能とのことだ。

が、ぼくがそこへ行ったとき、トイレ入り口には大きなクモの巣があるなど清掃がされていないように見えたので、あまりお薦めはできない。

宿泊部屋やお風呂がある ふれあい文化センターのメイン施設かつ布団とドアは基本、朝7:00からオープンする。

RVパーク 穴水町 ふれあい文化センターの中

<< 余談 >>

穴水町のRVパーク開設には、田舎バックパッカーのぼくが少し関わらせてもらっている。

退社後に出会った元同僚で、現在クルマ旅協会でRVパークの普及を担当する吉井章二さんを、穴水町の政策調整課に紹介、別地域の「道の駅ころ柿の里しか」がRVパークとして向いていることについて、お薦めさせてもらった。

今回、町の政策調整課からふれあい文化センターに話しがつながったのだった。

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 穴水町 岩車 キリコ祭り 2020年 2020年9月末、奥能登 穴水町岩車の「キリコ祭り」は開催するの…
  2. creative coffee shop countryside in Japan 能登での田舎暮らし: 穴水町岩車にカフェ?!
  3. 能登での田舎暮らし:仕事の空き時間に… 耕運機と鍬で…
  4. Visitors from South Africa 南アフリカ 能登 石川県 訪問 宿泊 田舎体験: 南アフリカから能登 岩車への田舎旅「ここが一番良かっ…
  5. 石川テレビ イスラム 松井誠志 中川生馬 バンライフ 【動画あり】ドキュメンタリーテレビ番組『裸のムラ』に一主役として…
  6. 田舎体験 能登 田舎体験 in 能登・穴水町 Day 2:映画のような田舎での夏…
  7. なぎさGARDEN 渚水産 穴水町 クリスマス & 音楽ライブイベント by なぎさGAR…
  8. “遺伝子組み換え”時代だけど…「じゃぁ、どうしたらい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

えりキャン, えりたく夫婦 【YouTube】“えりキャン△” 「田舎バックパッカーハウス」に隠し子?!今が旬の能登・穴水町岩車産の牡蠣! Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人 石造り 島 サントリーニ島 day 50.4 サントリーニ島の“和風”バージョン 高知県 沖の島 su singularity university 社会問題 ビジネスチャンス シンギュラリティ大学 「社会問題は優秀な人材が集まれば一気に解決できる」 シンギュラリティ大学のミッションをローカルレベルに van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影 「車中生活」「バンライフ」の“影”に必要なこと | NHKスペシャル記事「車中の人々 駐車場の片隅で」から考える water well noto anamizu iwaguruma 穴水町 能登 井戸 田舎暮らし 能登・穴水町岩車での田舎暮らし 里山から“湧く”恵みを活用した“おいしい”井戸水 ~ 水道料金0円の暮らし ~

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. かき, 石川県 牡蠣, 穴水町 牡蠣, 穴水町 かき, 七尾 牡蠣, 七尾 かき, 能登かき, 能登牡蠣, 輪島 牡蠣, 輪島 かき, 能登半島 牡蠣, 能登半島 かき, oyster in Anamizu, oyster in ishikawa
  2. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  4. トヨタ ハイエース, hiace toyota
  5. 穴水町 鮭, salmon in anamizu Ishikawa, 石川県 鮭
  6. 能登 うさぎ, 穴水, 石川県 野生動物, rabbit anamizu

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
東京の駅だったら批判殺到?!能登牡蠣“破格”食堂『あつあつ亭』2018年1月7日から
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
【田舎で仕事 ‐ 田舎バックパッカーハウス】「さよなら、ぼくのモンスター」のコナー・ジェサップが写真で語る『結生の能登暮らし』続編
冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~
田舎バックパッカーが行く『秋』の鎌倉 穴場紅葉スポット紅葉谷『獅子舞』
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。