Noto Anamizu Iwaguruma - 能登 穴水町 岩車

<動画あり>能登『田舎ワークスペース』で活動中のコナー・ジェサップの製作映画『リラの森』が『トロント国際映画祭』で初上映決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Lira's Forest by Connor Jessup


 

能登・穴水町岩車 – カナダのトロントで、9月7日から17日に開催する世界最大級で世界的に3つ目に大きいとされる映画祭『トロント国際映画祭(Toronto International Film Festival(TIFF))』で、コナー・ジェサップくんが執筆・監督した9分の短編映画「Lira’s Forest(リラの森)」が初めて公開される。

能登 コナージェサップ

コナーくんは現在、岩車(いわぐるま)の「クリエイター・アーティスト向け“田舎”ワークスペース by 田舎バックパッカー」(仮名称)で来年に向けた長編作品の執筆に取り組んでいる。

Lira's Forest – Teaser from Big & Quiet Pictures on Vimeo.

「Lira’s Forest」は、森近くに住む寿命の終わりが近い女性が、変わった森のスピリット(精霊)と遭遇しストーリーが始まる内容の短編映画。

この予告編も…かなり興味深い内容。

能登には今月中旬までいて、その後、コナーくんはもちろん、この「トロント国際映画祭」に参加する。

「トロント国際映画祭」では、質疑応答など含めた舞台挨拶、コナーくんにとっては、将来の作品製作の可能性を探る映画祭となるそうだ。ここで、さらなる“つながり”が確立してくるんだろうね。

ちなみに、Wikipediaによると、「トロント国際映画祭」は、「ベルリン国際映画祭」、「カンヌ国際映画祭」に次ぐ規模。どちらにせよ、とにかく最大級規模ってことは間違いなし。

能登 コナージェサップ 輪島 垂水の滝

「トロント国際映画祭」への参加は今回含め4回目、プロジェクトとしては計5回目。

2015年、俳優として出演した「Closet Monster(さよなら、ぼくのモンスター)」、映画監督として「Boy」で参加。

その他、俳優としてはもう一作品「Blackbird」、プロデューサーとしては「Amy George」で、「トロント国際映画祭」に参加している。

ここ毎日、コナー・ジェサップくんと穴水町のカフェで一緒に仕事をしているわけだが…

能登の田舎町にいて...将来のハリウッド・スター監督になりそうな彼と時間を共にできるなんて不思議だなぁ。

能登 穴水町 カフェ ランチ コナージェサップ

今や田舎でも、仕事はできるもの。都会よりも静かで...心がのんびりできる能登の田舎にいてよかった。

能登 コナージェサップ

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. Connor Jessup in Noto <動画あり>毎日が夏休み!?岩車の海を『α6000』で水中撮影し…
  2. 穴水北糧 穴水町 谷内 day 67 石川県穴水町 後継者不足は地方の悩みなのだろうか?…
  3. 地方 田舎 バーベキュー BBQ in a countryside Noto Anamizu iwaguruma Ishikawa 能登での田舎暮らし: “平和な日曜日”は岩車漁港で……
  4. 最近の投稿一覧 – その一 能登・穴水町岩車に来た“…
  5. 天の川 穴水町 milkyway in Japan 星空旅スポット:能登半島・穴水町 ミルキーウェイ『天の川』の時期…
  6. 石川県 穴水町 牡蠣 直販 能登・穴水町岩車産の牡蠣<かき>販売サポート中。水揚げ直後の牡蠣があなたの手元に最速翌日届く 能登の田舎で今季の真牡蠣 出荷販売開始!
  7. お盆 羽田 能登空港 能登半島先端 立山連峰 『盆休み』や初の『山の日』…今月も仕事で能登から東京…
  8. 能登での田舎暮らし: 移住先 自宅前で火事!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

北陸中日新聞 カナダ人映画監督 穴水で脚本 能登暮らし 創造力刺激 コナージェサップ メディア掲載:中日新聞『カナダ人映画監督 穴水で脚本』コナー・ジェサップ living trial in Anamizu Ishikawa 穴水町 移住体験 体験住居 day 15 奥能登一周中 穴水町を半日散策後、金沢へ 穴水町 LTE 4G 5G 携帯電波 【田舎でITレビュー】穴水町岩車の田舎で突然LTEが入り始めた ~ 田舎移住で欠かせないモバイル通信 ~ 地方移住 小学校 子育て 穴水町 石川県 【娘の田舎暮らしと旅日記 – 奥能登・石川県穴水町】かなしかったこと。たのしかったこと 能登 牡蠣 販売 能登牡蠣: 牡蠣(かき)の蒸し方

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. 海 プール 田舎暮らし 遊び場 穴水町 岩車 石川県 能登
  2. 日経 AR 記事

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

田舎バックパッカーハウス <応募条件とご利用の申し込みについて>
『そばきり 仁』 築約400年 能登の“ちょい”世界遺産的な屋敷『中谷家』で再オープン
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
【田舎クルマ旅グッズ】買ってはいけない夏の“返金OK・返品不要”車中泊アイテム
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
【田舎旅】サブバッテリーの走行充電ができないとき、確認したいポイント
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。