day 13.1 奥能登一周旅 珠洲の『つばき茶屋』へ

2010年10月20日(水) – 現在、能登半島一周の途中。今日、ぼくらバックパッカー夫婦は朝から何も食べてない。

引き続き、「つばき茶屋」への最後の登り坂を歩く。早朝6:30から歩きっぱなしだ。

上りや下りが繰り返される坂…結構しんどい。

奥能登一周中 - 珠洲「つばき茶屋」へ歩く。この良い感じの景色の道が...かなりしんどい。

奥能登一周中 – 珠洲「つばき茶屋」へ歩く。この良い感じの景色の道が…かなりしんどい。

奥能登一周中 - 珠洲「つばき茶屋」へと歩く。途中、山の上のほうには...この巨神兵のような岩がある。

奥能登一周中 – 珠洲「つばき茶屋」へと歩く。途中、山の上のほうには…この巨神兵のような岩がある。

奥能登一周中 - 綺麗な海にマッチした岩の“オブジェ”

奥能登一周中 – 綺麗な海にマッチした岩の“オブジェ”

お昼前に、ようやく展望台に到着。「展望台」と呼ばれるだけに「能登半島だぁ~!」を体感できる眺めで、最高に綺麗なスポットだ。

「つばき茶屋」(石川県珠洲市折戸町1)に入り、ぼくらは「海苔うどん」を食べた。メニューは紙ではなく、石ころに書かれていた。実にユニークなメニューだ。

能登・珠洲市 泊のバス停からつばき茶屋への道のり

そこで出会ったオーナーの番匠さつきさんと、みっちゃんに、ぼくらの旅の理由や現在 能登半島を歩いていることを話す。(旅の理由についてはこちら

結花は相変わらず、「私たち、能登半島を一周するんですよー!」と、すごい張り切りモードで話している。

結花が「サラダはないですか?この旅で、野菜を食べてないので、メニューにあれば食べたいんですが…体が野菜を欲してるんですよ」とお願いすると、親切な番匠さんは、サービスとしてサラダを出してくれた。

最後に、お店の外で記念撮影をして、お互いの名前、住所、電話番号などの連絡先を聞いてお別れした。

石川県 奥能登一周中 - 「つばき茶屋」で出会った(手前左から)“みっちゃん”、海女の番匠さつきさん。With

石川県 奥能登一周中 – 「つばき茶屋」で出会った(手前左から)“みっちゃん”、海女の番匠さつきさん。With “Micchan” & Satsuki Bansho san, the owner of a cafe restaurant “Tsubaki Chaya” in Ishikawa Pref. (Noto Peninsula)

木ノ浦に到着。木ノ浦オートキャンプ場は閉まっていた。

来客がないのか、季節的なものなのか、ドアや窓は板で押さえられ、キャンプ場は、しばらく使用されてない雰囲気の場所となっていた。

ぼくらが持っていた地図にはスキューバダイビングのイラストが描かれ、スキューバでも有名のようだが、外部の人たちが入っていそうな雰囲気の場所ではなかった。まぁ、季節はもう秋だしね…

そして、沢山の栗の殻が道に転がっている、岬自然歩道の山道に入り、上りや下り坂に入り、しばらく自然の道を満喫。(続きはこちら

奥能登一周中 - 「つばき茶屋」周辺の景色 / “Tsubaki” observation spot, which is close to a cafe restaurant “Tsubaki Chaya,” in Ishikawa Prefecture (Noto Peninsula).

奥能登一周中 – 「つばき茶屋」周辺の景色 / “Tsubaki” observation spot, which is close to a cafe restaurant “Tsubaki Chaya,” in Ishikawa Prefecture (Noto Peninsula).

奥能登一周中 - 「つばき茶屋」 / A cafe restaurant “Tsubaki Chaya” in Ishikawa Pref. (Noto Peninsula).

奥能登一周中 – 「つばき茶屋」 / A cafe restaurant “Tsubaki Chaya” in Ishikawa Pref. (Noto Peninsula).

能登・珠洲市 - 「つばき茶屋」の番匠さん(右)と、みっちゃん。

能登・珠洲市 – 「つばき茶屋」の番匠さん(右)と、みっちゃん。

奥能登一周中 - 「つばき茶屋」周辺の景色 / “Tsubaki” observation spot, which is close to a cafe restaurant “Tsubaki Chaya,” in Ishikawa Prefecture (Noto Peninsula).

奥能登一周中 – 「つばき茶屋」周辺の景色 / “Tsubaki” observation spot, which is close to a cafe restaurant “Tsubaki Chaya,” in Ishikawa Prefecture (Noto Peninsula).

能登・珠洲市 - 椿展望台付近に立つ...謎の巨神兵。

能登・珠洲市 – 椿展望台付近に立つ…謎の巨神兵。

能登・珠洲市 - つばき茶屋からまだまだ歩くぞ。

能登・珠洲市 – つばき茶屋からまだまだ歩くぞ。

<前のストーリー 『day 13 奥能登一周旅 “アベック”で有名になるぼくらバックパッカー夫婦』>

<次のストーリー 『day 13.2 奥能登一周旅 能登半島最北端の宿 「ランプの宿」へ』>

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

2件のフィードバック

  1. 2015-05-18

    […] すごく嬉しい気分で12月の旅が始まった。 出発前日には、石川県 能登半島で出会った「つばき茶屋」オーナーの番匠さつき(ばんしょうさつき)さんから、写真と手紙が届いていた。 […]

  2. 2017-07-11

    […] まったのだった。(その時のストーリーはこちら) […]

コメントを残す