Noto Anamizu Iwaguruma - 能登 穴水町 岩車

田舎へのバックパッカー旅の合間に…有楽町の外国人記者クラブでハウクさんと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都有楽町 – バックパッカー旅は一段落している。

再び…四国方面へ旅立つ前に、ぼくの人生のキーパーソン ドナルド・ハウク(Donald Houk)さんと、東京有楽町の外国人記者クラブ/The Foreign Correspondents’ Club of Japan(プレスクラブ)のメインバーのレストランで昼食を一緒に食べ、ぼくの近況について情報シェア。

有楽町電気ビル外国人記者クラブのレストラン メインバーにて。ドナルド・ハウクさん。バルサミコを水に入れて「健康に良い」と毎日飲んでいる。ぼくが1~2歳のころからの友人であり特別なおじぃちゃん。アメリカ・オレゴン州出身。

電気ビル最上階20階にある東京有楽町の外国人記者クラブのレストラン メインバーにて。ドナルド・ハウクさん。バルサミコを水に入れて「健康に良い」と毎日飲んでいる。ぼくが1~2歳のころからの友人であり特別なおじぃちゃん。アメリカ・オレゴン州出身。

外国人記者クラブ/The Foreign Correspondents’ Club of Japan

外国人記者クラブ(プレスクラブ)は会員限定。ハウクさんは長年のプレスクラブメンバーだ。

●営業時間:
・月〜金曜日 11時から22時半まで(ラスト・オーダーは22時)
・土曜日 11時から22時まで(ラスト・オーダーは21時)
・日曜日 11時から20時まで(ラスト・オーダーは19時半)
・祝祭日 11時から20時まで(ラスト・オーダーは19時半)
●住所 〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1有楽町電気ビル北館20階
●電話: 03-3211-3161
●Fax: 03-3211-3168
●URL: http://www.fccj.or.jp/2015-02-02-04-29-17/main-bar-jp.html

有楽町駅中央西口から徒歩1分の有楽町電気ビル北館20階 最上階にあるレストラン。眺めが良く、料理ももちろんおいしい。日本橋、銀座、汐留方面を一望することができ、上から電車も見える。

ビジネスやプライベートで活用している会員が多い。

東京での会社生活のとき、このプレスクラブで、ハウクさんとちょくちょく会い、ランチやディナーを一緒にした。

ドナルド・ハウク(Donald Houk)さんって一体…誰なの?!

「そもそもこのハウクさん…って一体誰?」ってところだが…

ハウクさんはぼくにとっては“大きな存在”で、最初の“人生の転機”のきっかけをつくってくれた人だ。

東京有楽町の外国人記者クラブ/The Foreign Correspondents' Club of Japan(プレスクラブ)にて。ハウクさんと、ハウクさんの友人チャックさん。

東京有楽町の外国人記者クラブ/The Foreign Correspondents’ Club of Japanにて。ハウクさんと、ハウクさんの友人チャックさん。


ハウクさんがいなかれば、「今の自分はいない」とも言い切れるかもしれない。

ぼくの親とぼく自身の最終的な決断が大きいが、そもそもハウクさんとの出会いがなければ、オレゴンへの留学はできなかった。

そこでの体験がなければ、今のような“ガッツ”も自身に取り込むことはできなかっただろう。

プレスクラブで出会ったインド出身のチャック(Vellayappa “Chuck” Chokalingam)さん。1914年生まれ 現在99歳。第一次世界大戦が始まったときではないか...

プレスクラブで出会ったインド出身のチャック(Vellayappa “Chuck” Chokalingam)さん。1914年生まれ 現在99歳。第一次世界大戦が始まったときではないか…

 
311の大震災や結花の体調の影響もあり、バックパッカーは少し休憩中だ。次は再び四国へ行き、7月からは北海道へ行く予定でいる。

もう少しバックパッカーの休憩時間は続く…

東京有楽町の外国人記者クラブ/The Foreign Correspondents' Club of Japan(プレスクラブ)にて。右から、パキスタン出身のハニフさん、妻・結花、インド出身で現在99歳のチャックさん、ぼくが1~2歳のころからの友人であり特別なおじぃちゃんのドナルド・ハウクさん、ぼく(中川 生馬)。

東京有楽町の外国人記者クラブ/The Foreign Correspondents’ Club of Japan(プレスクラブ)にて。右から、パキスタン出身のハニフさん、妻・結花、インド出身で現在99歳のチャックさん、ぼくが1~2歳のころからの友人であり特別なおじぃちゃんのドナルド・ハウクさん、ぼく(中川 生馬)。

電気ビル最上階20階にある東京有楽町の外国人記者クラブ/The Foreign Correspondents' Club of Japanメインバー レストランの雰囲気。有料会員制度。会員限定のレストランだ。

電気ビル最上階20階にある東京有楽町の外国人記者クラブ/The Foreign Correspondents’ Club of Japanメインバー レストランの雰囲気。有料会員制度。会員限定のレストランだ。

東京有楽町の外国人記者クラブ/The Foreign Correspondents' Club of Japanにて。ハウクさんと、ハウクさんの友人チャックさん。

東京有楽町の外国人記者クラブ/The Foreign Correspondents’ Club of Japanにて。ハウクさんと、ハウクさんの友人チャックさん。

プレスクラブで出会ったハウクさんの友人チャック(Vellayappa “Chuck” Chokalingam)さん

プレスクラブで出会ったハウクさんの友人チャック(Vellayappa “Chuck” Chokalingam)さん

プレスクラブで出会ったハウクさんの友人チャック(Vellayappa “Chuck” Chokalingam)さん

プレスクラブで出会ったハウクさんの友人チャック(Vellayappa “Chuck” Chokalingam)さん

東京有楽町の外国人記者クラブ/The Foreign Correspondents' Club of Japanにて。ハウクさんと、ハウクさんの友人チャックさん。

東京有楽町の外国人記者クラブ/The Foreign Correspondents’ Club of Japanにて。ハウクさんと、ハウクさんの友人チャックさん。

東京有楽町の外国人記者クラブ/The Foreign Correspondents' Club of Japanにて。ハウクさんと、ウエイターのハニフさん。

東京有楽町の外国人記者クラブ/The Foreign Correspondents’ Club of Japanにて。ハウクさんと、ウエイターのハニフさん。

電気ビル最上階20階にある東京有楽町の外国人記者クラブ/The Foreign Correspondents' Club of Japanメインバー レストランにて。昼食を終え、ぼくら田舎バックパッカー夫婦二人でお勉強。マンガ「日本の歴史」をプレスクラブで熟読中の結花。

電気ビル最上階20階にある東京有楽町の外国人記者クラブ/The Foreign Correspondents’ Club of Japanメインバー レストランにて。昼食を終え、ぼくら田舎バックパッカー夫婦二人でお勉強。マンガ「日本の歴史」をプレスクラブで熟読中の結花。

ハウクさんとの関係…ハウクさんへの娘・結生の紹介ストーリーや写真はこちら

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking

こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)で広報責任者として関わりつつも、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てられた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 田舎旅するバックパッカー、フィリピン最大手航空会社の機内誌「Sm…
  2. アメリカ・ユタ州ソルトレイクシティに到着 ~ ホテルへは無料シャ…
  3. 穴水町 岩車 漁港 仕事 車中泊 スポット work travel countryside Japan Iwaguruma Anamizu Noto Ishikawa 田舎の仕事スポット: 能登 穴水町岩車の漁港が過ごしやすい
  4. 渚水産 渚ガーデン バーベキュー 冬の田舎体験 – 渚水産でのバーベキュー 穏やかな能…
  5. 【能登での田舎暮らし】石川県の冬、道路の凍結始まる 北陸への車中…
  6. お盆 羽田 能登空港 能登半島先端 立山連峰 『盆休み』や初の『山の日』…今月も仕事で能登から東京…
  7. countryside experience noto ishikawa japan 田舎体験 穴水町 岩車 田舎体験 2日目 洋上パーティー&釣り バーベキュー!
  8. 【予告】田舎バックパッカーブログ読者にフィリピン行き航空券をプレ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

vanlife station rv house 全国賃貸新聞 カーステイ 田舎バックパッカー 中川生馬 【メディア掲載】 全国賃貸住宅新聞に“住める駐車場” ~ キーワードは『移動型定住』 ~ MROラジオ タニカワ旅行社 【メディア掲載】MROラジオ「有限会社タニカワ旅行社」に3月15日と22日に登場! 樹ガーデン,鎌倉カフェ 【田舎からのつぶやき】能登から久々に鎌倉の「住んでみたい」と思ってしまう『樹ガーデン』へ ソニーピクチャーズ 中山雅貴 弁護士 sony pictures entertainment masaki nakayama lawyer “自分に集中” 中毒的なSNSから離れる – 米・司法試験一発合格した人物から感じたこと 能登 穴水町 味噌作り 高齢 元気 能登の田舎で…一日で12家族分 約360キロの“薪味噌”作り ~ 今年は“青”豆で! ~

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. 能登デモクラシー,石川テレビ,五百旗頭幸雄,裸のムラ,はりぼて,穴水町,石川県,穴水町 町長,穴水町役場
  2. 石川県 子育て,石川県 移住,石川県 移住者,穴水町 子育て,穴水町 小学校,穴水町 川尻,穴水町 移住者,能登 田舎, 能登 移住者, 田舎 学校, 田舎 小学校,向洋小学校
  3. 東京新聞,Carstay,カーステイ,能登半島地震,キャンピングカー,RV,Ishikawa,Suzu,Anamizu
  4. 石川県 子育て,石川県 移住,石川県 移住者,穴水町 子育て,穴水町 小学校,穴水町 川尻,穴水町 移住者,能登 田舎, 能登 移住者, 田舎 学校, 田舎 小学校,向洋小学校

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

石川テレビ、穴水町の実態が露呈!?長編ドキュメンタリー番組「能登デモクラシー」 5月26日(日)13:00〜放送
【令和6年能登半島地震】石川県穴水町でオープン中のお店一覧と営業時間情報など(5月9日現在 一部更新)
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
day 80.1 “戦争の悲劇”を長崎原爆資料館で ~ 原爆投下候補地は17ヵ所だった?! ~
能登半島・石川県穴水町の田舎暮らし体験シェアハウス、長期間 車中泊滞在“バンライフ移住”可能な“住める駐車場”『田舎バックパッカーハウス Station 1』について
奥能登・穴水に移住看護師がオープン かき氷カフェ『ウミネコパーラー』
【田舎旅】今夜は『道の駅 やたて峠』車中泊 “茶色”の温泉350円
【バンライフ&車中泊アイテム】夏 クルマ付近に蚊・虫を寄せ付けないランタン?!
【カーステイ車中泊スポットレビュー】500円で車中泊 都会の24時間オープンお風呂カフェ
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
PAGE TOP