Noto Anamizu Iwaguruma - 能登 穴水町 岩車

仕事しながら“ちょい”田舎旅: 今日の職場 『穴水町岩車 漁港』から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

能登・穴水町岩車 – 最近、田舎旅するときのベース基地となる“動く拠点”をワークスペースに…いわゆるオフィス/事務所としている。

能登・穴水町岩車の漁港はこんな雰囲気。

能登・穴水町岩車の漁港はこんな雰囲気。

今は少し“落ち着いているとき”なので、しばらくの間、オフィスへ行く感覚でクルマを“すこし”動かし、これから、北陸や能登全域で環境を変えて“私事(しごと)”に取り組もうと思っている。

そんな背景から、仕事しつつ、その仕事先かつ“旅先”となる場所を紹介する「仕事しながら“ちょい”田舎旅暮らし: 今日の職場」シリーズを始めることにした。

もう春で天気が良いのだが、能登含め北陸エリアはまだまだ寒い。朝や晩は未だにヒーターを付けるほど。だが、鉄で頑丈なシェルターでできている“動く拠点”は太陽にあたり、車内が暖かくなる。

寒いが陽が当たるときには最高のスポットで、今の時期、文句なしの空間となるのだ。家の中よりも、“動く拠点”のほうがポカポカして暖かい。ぽか~っとなり、ういウトウトしてしまう。

能登・穴水町岩車 - ということで、今日は能登・穴水町岩車(あなみずまち いわぐるま)の漁港だ。最近、ここが、ぼくの仕事スポットとなっている。目の前には穏やかな海が広がる。解放感ある場所での”私事(しごと)”だ。

能登・穴水町岩車 – ということで、今日は能登・穴水町岩車(あなみずまち いわぐるま)の漁港だ。最近、ここが、ぼくの仕事スポットとなっている。目の前には穏やかな海が広がる。解放感ある場所での”私事(しごと)”だ。

今日の“動く拠点”オフィスのスポットは、ぼくの移住先である穴水町岩車の漁港。目の前は、湖のように穏やかな里海。海の目の前の堤防の先には釣り人が3人ほどいる。

岩車周辺の海は浅いが、黒鯛、タケノコバチメなどが釣れる。

能登・穴水町岩車 - 漁港から見える海の底を歩いているナマコ

能登・穴水町岩車 – 漁港から見える海の底を歩いているナマコ

3月いっぱいで捕ってもいい時期は終わったが、この季節、そこらにナマコもうろちょろしている。

湖にように穏やかな海は透きとおっていて綺麗だ。堤防から海をみると、底まではほんの2メートルぐらいしかないが、くっきり底まで見える。

このスポットは家からほんの50メートル先なので、トイレや必要なものがあったら、家へと戻ればいい。

今日は、千葉県鴨川市「天然村」に関するプレスリリース作成に取り組んでいる。近々、取材も仕込まなければ。さぁ、引き続き、私事だ。

能登・穴水町岩車の漁港周辺。

能登・穴水町岩車の漁港周辺。

能登・穴水町岩車 - トンビが魚を狙い、空を旋回している。

能登・穴水町岩車 – トンビが魚を狙い、空を旋回している。

能登・穴水町岩車 - 夕暮れも綺麗だ。

能登・穴水町岩車 – 夕暮れも綺麗だ。

●“動く拠点”について

田舎旅する…バックパッカーの“動く拠点”は、トヨタのハイエースがベース車輌となっている旅仕様のクルマだ。クルマをキャンピングカー仕様にカスタマイズするアネックスの「ファミリーワゴンC」を“動く拠点”と名付け、純正のモノをさらにカスタマイズしている。

“動く拠点”の中には、大きなデスクを搭載した仕事環境「ワークスペース」と、リラックスでき寝床にもなる「リビング」がある。キングサイズにも展開できるベットは家の布団よりも快適だ。

旅にも電気が必要不可欠。この“動く拠点”のルーフには250ワットのソーラーパネルを装備、エンジンバッテリーの他、別途サブバッテリーを2個積んでいて、100ボルトの電源も使用できるため、パソコンやスマートフォンなどの電機機器の充電はもちろん、私事もできる。ネットにはデータ制限のない格安SIMを活用して、SIMフリーのスマホでテザリング。最近、モバイルWiFiルーターからテザリング方式にネット接続を切り替えた。

現代のあらゆるテクノロジー/技術、昔ながらのモノ、そして自身のスキルをフル活用しながら生きる。

ぼくら田舎旅するバックパッカーファミリーの唯一の“動く家”モバイルハウスだ。

2010年からバックパッカー旅を開始し、2012年、この“動く拠点”を導入。これをベース基地にして、バックパックを担いで旅歩く。2013年、神奈川県鎌倉市/平塚市から能登・穴水町岩車(石川県)に移住し田舎暮らしが始まるが、国内外の田舎/地方を旅しながら、時には“動く拠点”が、時にはストリート/テントを家とする。

現代版「遊動民」の“移動型定住”スタイルの生き方を目指す。

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking

こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 能登半島 星空撮影 能登は星空半島… 穴水町岩車の漁港から
  2. 埼玉県 横瀬町 大手企業 よこらぼ 急きょ!埼玉県横瀬町へバックパッカー“イナ旅”取材へ
  3. 椿崎 川端さん 移住 day 71.1 石川県穴水町 『ピンチはチャンス』 ~ 家によ…
  4. 穴水町 岩車 U字工事 ゆうじこうじ 牡蠣 Anamizu Oyster “栃木”お笑い芸人コンビ『U字工事』 MRO番組『絶好調W』で穴…
  5. 能登へ田舎旅…ジャパンテント三日目 朝食に「Mohinga」&…
  6. Vanlife Japan ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 最高の仕事場所 海目の前にハイエースとリクライニングで仕事 | 能登での田舎暮ら…
  7. 能登 穴水町 岩車 漁村 田舎 癒される能登の里山里海 空間での幸せに感謝
  8. 能登・穴水町 岩車での地震の揺れ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

ジャパファンカップ サッカー 福島 国際親善試合 リトグリ 福島でU-18東北選抜 対 東南アジア選抜の国際親善試合「JapaFunCup<ジャパファンカップ>」開催 Anamizu camper van travel spot 穴水町 車中泊 娘と「中居湾ふれあいパーク」で車中泊 ~ ちょい田舎旅へ ~ 中日新聞 田舎体験 穴水の豊かな里海親しむ 県外在住の5人、釣りなど体験 米国や東京で暮らす会社員ら五人が今月下旬、穴水町を拠点に能登かきの水揚げや釣りを満喫し、能登の豊かな里海と親しんだ。 【メディア掲載】中日新聞『穴水の豊かな里海親しむ 県外在住の5人、釣りなど体験』 地方移住 小学校 子育て 穴水町 石川県 【娘の田舎暮らしと旅日記 – 奥能登・石川県穴水町】かなしかったこと。たのしかったこと 【メディア掲載】日経本紙と日経電子版『奥能登に「車中生活」拠点、旅しながらリモートワーク 「ライフスタイル幅広げる」』

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

冬用 タイヤ交換 日本海 能登 石川県 穴水町
  1. 地方移住 小学校 子育て 教育 穴水町 石川県
  2. 地方移住 小学校 子育て 穴水町 石川県
  3. 地方移住 小学校 子育て 穴水町 石川県
  4. 穴水町 夜景
  5. 地方移住 小学校 子育て 穴水町 石川県 田舎バックパッカーハウス

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
長期間 住める駐車場<車中泊スポット>『バンライフ・ステーション』併設型のシェアハウス&オフィス『田舎バックパッカーハウス』<まとめ情報>
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。