能登の田舎から鎌倉…そして東京有楽町電気ビル 外国人記者クラブへ ~ 人生最大の転機の“きっかけ”をつくってくれた人 ハウクさんとの昼食 ~

東京都有楽町 – バックパッカーファミリーは久しぶりの休日で実家鎌倉に戻った。

そして今日…約35年前ぼくが1~2歳のころに出会ったドナルド・ハウクさんと東京で会った。

娘・結生は今月で2歳。ハウクさんと会うのは今回が初めて。ぼくと同じく、結生も2歳で初めてハウクさんと出会うことになる。

結花はのと鉄道での仕事があるため、一足先に飛行機で能登へ帰った。ハウクさん、ぼく、娘・結生、ぼくの母親、4人での昼食だ。ぼくはフリー/個人事業主なので、時間に融通が利く。

東京有楽町の外国人記者クラブ/The Foreign Correspondents' Club of Japanのメイン・バーで、ぼくと、ぼくの娘・結生の特別な“おじぃちゃん”ドナルド・ハウクさん

東京有楽町の外国人記者クラブ/The Foreign Correspondents’ Club of Japanのメイン・バーで、ぼくと、ぼくの娘・結生の特別な“おじぃちゃん”ドナルド・ハウクさん

向かったのは東京有楽町の「外国人記者クラブ/The Foreign Correspondents’ Club of Japan(プレスクラブ)」。ハウクさんがここの会員で、ランチ行きつけのレストランだ。

 

ドナルド・ハウク(Donald Houk)さんとは誰なのか…

以前、ドナルド・ハウク(Donald Houk)さんについて少しだけ書いたことがあったが(こちら)、ハウクさんはぼくが1~2歳のころから知っている友だちであり、特別な“おじいちゃん”的な存在だ。中川家の昔からの友人。

1932年9月、ハウクさんはアメリカ・オレゴン州レッドモンドで生まれた。1977年11月、ハウクさんはユニオン・パシフィック鉄道のスタッフとして来日し、日本に住み始めた。1988年までの31年間、ユニオン・パシフィックに勤務し退職。その後、1989年4月、川崎汽船に転職、現在も川崎汽船のスタッフとして、元気に働いている。

鎌倉のとある神社で、ハウクさんと...ぼく。ぼくはおそらく、2歳に近い年齢だろう。

鎌倉のとある神社でハウクさんと。ぼくはおそらく、2歳に近い年齢だろう。

ハウクさんと出会って、約35年が経つ。ハウクさんは当時48歳。ハウクさんはオレゴン州のUniversity of Oregon(オレゴン大学)を卒業しているので、ぼくの大先輩でもある。

趣味はファミリーツリー/先祖代々の家系をリサーチすること。先祖がヨーロッパのどの国から来たのか…もう何百年以上もさかのぼっているようだ。

今年83歳になったハウクさんに、2歳になった娘・結生を紹介。

ぼくが結生の年齢のとき、ぼくはハウクさんに出会ったわけで…なんか不思議な感じだ。

東京有楽町の外国人記者クラブ/The Foreign Correspondents' Club of Japanのメイン・バーで、娘・結生とハウクさん。

東京有楽町の外国人記者クラブ/The Foreign Correspondents’ Club of Japanのメイン・バーで、娘・結生とハウクさん。

 

「人生の転機」のきっかけをくれたハウクさん

ハウクさんとぼくの父親が出会ってなければ、ぼくは15歳のころ、アメリカ・オレゴン州へ行っていなかっただろう。

ハウクさんとぼく。鎌倉にて。もう30年以上も前。こう見ると娘・結生とぼく...似てる...

ハウクさんとぼく。鎌倉にて。もう30年以上も前。こう見ると娘・結生とぼく…似てる…

オレゴン州での高校時代のホームステイ先・アベラさんもハウクさんからの紹介だ。通常、斡旋業者などを介して、留学先やホームステイ先を紹介してもらうことが多いかと思うが、ぼくの場合、すべて家族の友人によって渡米/留学が実現した。

東京有楽町の外国人記者クラブ/The Foreign Correspondents' Club of Japanのメイン・バーで、娘・結生とハウクさん。出会ったときから、人見知りなく楽しそうにハウクさんと遊ぶ結生。ピースをしているつもりの結生。

東京有楽町の外国人記者クラブ/The Foreign Correspondents’ Club of Japanのメイン・バーで、娘・結生とハウクさん。出会ったときから、人見知りなく楽しそうにハウクさんと遊ぶ結生。ピースをしているつもりの結生。

また高校のころ、帰国の際、ビザ取得でトラブルがあり、彼がアメリカ大使館のトップに話してくれなければ、高校へ戻れなかったかもしれない。

最終的にはもちろん自分の決断が大きいわけだが、オレゴン州での学生体験がなければ、今の自分は確立していなかったと言いきれる。

東京有楽町の外国人記者クラブ/The Foreign Correspondents' Club of Japanのメイン・バーで、娘・結生とハウクさん。バルサミコ水をストローで飲む結生。

東京有楽町の外国人記者クラブ/The Foreign Correspondents’ Club of Japanのメイン・バーで、娘・結生とハウクさん。バルサミコ水をストローで飲む結生。

オレゴン在住時代に培った精神力や行動力が今の自分に大きな影響をもたらしていることは言うまでもない。

会社生活を離れてまで田舎へのバックパッカー旅をすることはなかったし、当然ながら能登にも移住していなかっただろう。

ぼくの両親が最も大きな存在ではあるが、ハウクさんはぼくの“人生の転機”のきっかけをつくってくれた感謝すべき人であるわけだ。

中川家とハウクさん、そしてオレゴン留学でお世話になったAlbert Avellar(アルバート・アベラ)さん夫婦。母親の隣にいるのは、アベラさんの妻・Barbara(バーバラ)の弟・ルードウィッグ。彼らと出会わなければオレゴン留学は実現しなかった...それイコール今の自分は確立されていなかったわけだ。

中川家とハウクさん、そしてオレゴン留学でお世話になったAlbert Avellar(アルバート・アベラ)さん夫婦。母親の隣にいるのは、アベラさんの妻・Barbara(バーバラ)の弟・ルードウィッグ。彼らと出会わなければオレゴン留学は実現しなかった…それイコール今の自分は確立されていなかったわけだ。

 

外国人記者クラブ/The Foreign Correspondents’ Club of Japanについて

外国人記者クラブ(プレスクラブ)のメイン・バーは会員限定のレストラン。みんな、ビジネスやプライベートで活用している

有楽町駅中央西口から徒歩1分の有楽町電気ビル北館20階 最上階にある。眺めが良く、料理ももちろんおいしい。日本橋、銀座、汐留方面を一望することができ、上から電車も見える。

●営業時間:
・月〜金曜日 11時から22時半まで(ラスト・オーダーは22時)
・土曜日 11時から22時まで(ラスト・オーダーは21時)
・日曜日 11時から20時まで(ラスト・オーダーは19時半)
・祝祭日 11時から20時まで(ラスト・オーダーは19時半)
●住所 〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1有楽町電気ビル北館20階
●電話: 03-3211-3161
●Fax: 03-3211-3168
●URL: http://www.fccj.or.jp/2015-02-02-04-29-17/main-bar-jp.html

東京で会社生活を送っていたとき、このプレスクラブで、ハウクさんとちょくちょく会い、ランチやディナーを一緒にした。

東京有楽町の外国人記者クラブ/The Foreign Correspondents' Club of Japanのウエイターでパキスタン出身のハニフさん。「ぼくを見ると子どもいつも怖がるのに!」とハニフさん。帰る間際に、ハニフさんに抱っこしてもらったのだが、ハニフさんから全然離れようとしない結生だった。

東京有楽町の外国人記者クラブ/The Foreign Correspondents’ Club of Japanのウエイターでパキスタン出身のハニフさん。「ぼくを見ると子どもいつも怖がるのに!」とハニフさん。帰る間際に、ハニフさんに抱っこしてもらったのだが、ハニフさんから全然離れようとしない結生だった。

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

コメントを残す