<動画あり>豪雨が続いた能登半島・穴水町 ~ 蒸し暑くなってきた… ~

能登・穴水町岩車 ‐ 早朝から大雨が続いた。

屋根から雨樋(あまどい)をとおして、流れてくる水量は、もはや家の蛇口から出てくる水の倍以上だった。

数日前から、ようやく、夏らしい「暑い」と感じられる日になってきた。

窓は開けていられなかった。風で雨が家の中に入ってきてしまうし、湿度も高かった。

自宅すぐそばの畑は水浸し。

能登半島 豪雨 Huawai Mate9 カメラ

この日数日までは、日中はそこそこ気温は高かったが、涼しい暑さ、朝と夜は、ちょい肌寒い日が多かった。

6月28日から、娘の光琳寺(こうりんじ)保育所では、プールが始まったのだが、「まだプールに入るには寒いのでは?!」と思ってしまうほど。

その前後で、能登も「梅雨入りした」と聞いたが、「中々雨が降らないなぁ~」「だけど、ようやく蒸してきたかなぁ~」と思っていた。

その矢先、豪雨が七尾や能登半島を襲った。

報道によると、能登半島の入り口 富山県氷見では、過去最大の207ミリも降ったそうだ。

天気予報を見ると、ここ1週間は「雨」マークばかり。そろそろ晴れてほしいが、梅雨だから仕方がない。

 

うちでは…玄関湿る

最近、家が蒸し暑くなってきて、玄関のドアを網戸式のドアにすると、外から湿気が入りこみ、玄関の廊下が湿り始めた。

そこを歩くと、足跡がついてしまい、乾拭きをしたくなる。

まだまだ涼しいほうだが、蒸し暑い夏が能登にもやってきたという感じだ。

『“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験』で都会からやってくる人たちも、東京や大阪などと比べれば、奥能登のほうは涼しいほうだと言う。

それに、「暑いなぁ~」と思った日は、海に飛び込み、涼むに尽きる。

すぐに涼めるスポットが家の前にある。

海に飛び込めるほどで、底が見える程度の深さの海や、“プライベート”ビーチがある漁村の強みだなぁ。(プライベートビーチの記事はこちら

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

コメントを残す