2010-10 Backpacking Nagano & Noto - 長野と能登へのバックパッカー旅

day 14.2 奥能登一周中 再び穴水町へ 今度は町役場へ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2010年10月21日(木) – 道の駅「すずなり」を出発したぼくら田舎を中心に旅しているバックパッカー夫婦。(前回の話しはこちら)

数日前に穴水で出会った皆へ連絡して、お茶(もしくはお酒?!)でも飲みたい。(そのときの出会いはこちら

バスで穴水へ戻る途中、ソフトバンクの電波が全くなかったので、中々メールをすることができなかった。

穴水到着30分前に、ようやくソフトバンクの電波とつながり、倉本さんと岩本さんにメールをした。

「今、穴水へ向かっているので、お茶でもいかがですか」と…

すると、岩本さんから早速、返信があり、お茶をすることになった。

奥能登一周中 - NOTO Shift鈴木久善さん(石川県穴水町)

奥能登一周中 – NOTO Shift鈴木久善さん(石川県穴水町)

名前が独特のスーパー「どんたく」がある穴水のショッピングセンターあたりで、バスを降りると、一台の大きなワゴン車がぼくらの前で止まった。

おー、こんにちは。偶然ですね!」と、NOTO Shift(ノトシフト)の鈴木久善さんが、ぼくらの“帰郷”を温かく歓迎してくれた。(NOTO Shiftについてはこちら)

岩本さんが、NOTO Shiftの鈴木久善さんに連絡をしてくれたようだ。

とりあえず、ぼくら3人で、近くのファミレス「Coco’s(ココス)」で、お茶をすることになった。

ぼくらは、もちろんビールだ。途中から、岩本さんと娘さんの愛ちゃんがやってきた。娘さんはピアノの練習があるそうで、そんな長居はできないようだ。

帝国書院の地図を見せながら、穴水出発後の、ぼくらの能登半島のバックパッカー旅について語る。

 

なぜ町役場へ行くことに…?

前回、穴水に来た時とき、ぼくらは、干場さんに「穴水で体験住居の企画などは実施していませんか?」と聞いていた。干場さんは役場に戻り、役場内で体験住居に関する情報を確認してくれていたのだ。

今回、ここにその情報を持ってきてくれたのだ。「豊かな自然に恵まれた穴水町で暮らしませんか ~ Anamizu Slow Life~」をテーマに、田舎に移住・定住したい人々を対象とした、体験住居のプログラム「ちょい住み」を実施している。

数時間前にいた珠洲市でも同様のプログラムを実施していたが、穴水町の滞在期間は、最長1カ月と長い。それに、まだ一ヶ月目の旅だったが、穴水で出会った人たちが一番多かったので、ぼくらにとっては、魅力的なプログラムだ。

干場さんはぼくらに「職場の課長を紹介しますよ。田舎暮らしのプログラムについて紹介しますので、是非、役場に来て下さい。いろいろとお話を聞けるかと思いますよ。今日、もしかしたら、泊めてくれるかもしれませんよ」と積極的に話す。

干場さんは早速、役場に電話して、担当部署の課長が職場にいるかを確認している。

汚い格好だし… 突然だし、大丈夫かな」と思いつつも、「干場さんが招待してくれてるし、行ってみよう」と思い、役場へと向かった…(続きはこちら

<前のストーリー 『day 14.1 奥能登一周中 道の駅「すずなり」で背後にいた黒縁眼鏡の移住者』>

<次のストーリー 『day 14.3 奥能登一周中 穴水町の新田信明さん宅で一泊「田舎暮らし」』>

奥能登一周中 - 岩本さんの娘さん・愛ちゃんと。しばらくすると、穴水町役場の干場さんがCoco’sに来てくれた。(石川県穴水町)

【表紙の写真】奥能登一周中 – 岩本さんの娘さん・愛ちゃんと。しばらくすると、穴水町役場の干場さんがCoco’sに来てくれた。(石川県穴水町)

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 

シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフ・ステーション, 住める駐車場, 能登, 穴水町, 車中泊 お知らせ:『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、そして、住める駐車場・長期間滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!
Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 【お知らせ】牡蠣<かき>販売のサポート開始!
水揚げ直後の牡蠣<かき>があなたの手元に最速翌日届く!能登半島の“奥” 石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>を購入!鮮度抜群なので、牡蠣ならではの臭みなし!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. day 7 石川県穴水町で岩本さん、倉本さんとの出会い
  2. <写真で振り返る>“牡蠣だらけ”の『“ざっくばらんな”田舎ライフ…
  3. 珠洲 つばき茶屋 day 13.1 奥能登一周旅 珠洲の『つばき茶屋』へ
  4. 32万部突破の書籍「里山資本主義」著者 NHK井上恭介さんと語る…
  5. day 11.1 輪島に戻り「とりあえず能登半島先端を歩くか…」…
  6. 穴水町 凍結 車 一回転 横転 クルマ1回転大事故… 2度目?!の“痛い”出費 &#…
  7. 穴水町 川尻 能登・穴水町の雨上がりの霧景色
  8. day 7.1 田舎へのバックパッカー旅、石川県穴水町 NOTO…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

glocal mission times 中川生馬 田舎バックパッカー 【メディア掲載】「地方/田舎で働く」を考える人たち向けメディア「Glocal Mission Times」に登場 ともさん 車中泊 キャンピングカー 【メディア掲載】バンシェア!車中泊ユーチューバー“ともさん”チャンネルに田舎バックパッカーハウスと“動く拠点” ~ アネックスのファミリーワゴンCを動画で見る ~ 朝日新聞, バンライフ, asahi, vanlife 【メディア掲載】ライフスタイル年齢問わず・幅広く、朝日新聞『日本のバンライフはいま 自由求め、家動かし人とつながり』 結生ちゃんカメラマン&バックパッカー撮影中 能登さくら駅<能登鹿島駅>にて 日本最大の“桜駅”能登さくら駅<能登鹿島駅>へ ~ 着物モデルも登場。奥能登は“葉桜”に…~ 米国人一家 水揚げ体験 穴水 能登かきに舌鼓 能登地方を家族旅行で訪れた米国人三人が三日、穴水町岩車で、旬を迎えている特産「能登かき」の水揚げ作業を体験し、日本の漁業や食文化について理解を深めた。参加したのは金沢市内の高校で外国語指導助手(ALT)を務めるパトリック・ケイレブ・フレンドさん(26)と、米国・テキサス州から初めて来日した父親のパトリック・フレンドさん(51)、母親のエイミー・フレンドさん(51)。能登半島で体験型の旅を企画している中川生馬さん(40)=岩車=が協力した。三人は二日、同町に到着し、殻が付いた能登かきのバーベキューや、地元産のワインや日本酒を味わった。翌三日、漁師の河端譲さん(45)=同=が養殖しているかき棚でいかだにつるされたかきを引き上げた。漁師の仕事に強い関心を寄せ、複数に固まったかきを一つずつばらす作業も熱心に行った。パトリック・ケイレブさんは「日本の昔ながらの文化を楽しく体験できた」と喜び、父親のパトリックさんは「漁師の仕事の大切さや大変さを知ることができた。素晴らしい時間だった」と顔をほころばせた。エイミーさんは「かきの殻に残った汁に日本酒を入れて飲んだのがおいしかった」と通な飲み方を気に入った様子だった。三人は四日、帰路についた。(田井勇輝) 【メディア掲載】アメリカ・テキサス州出身の一家 能登・穴水町で田舎体験

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, 稲刈り, 田舎時間, 田舎体験 穴水町, 向洋小学校, 通学 バス, countryside life in japan
  1. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, 稲刈り, 田舎時間, 田舎体験 穴水町, 向洋小学校, 通学 バス, countryside life in japan
  2. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, 稲刈り, 田舎時間, 田舎体験 穴水町, 向洋小学校, 通学 バス,田舎時間, countryside life in japan, inaka jikan
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  4. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, 稲刈り, 田舎時間, 田舎体験 穴水町, 向洋小学校, 通学 バス, countryside life in japan
  5. 石川テレビ イスラム 松井誠志 中川生馬 バンライフ
  6. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, 稲刈り, 田舎時間, 田舎体験 穴水町, 向洋小学校, 通学 バス, countryside life in japan

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
【能登での田舎暮らし】主婦の財布に優しすぎる 新鮮&格安スーパー『どんたく』対『江ノ島』
【娘の田舎暮らしと旅日記】くりひろいをしてたのしかったこと
長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリーも
田舎体験 2日目 奥能登一周 海女さん絶景食堂『つばき茶屋』の“でまかせ”
<写真で見る>能登・穴水町の とある一軒の田舎/地方の空き家
田舎バックパッカーハウス < 公式概要と利用料金について>
田舎でITレビュー: ストレージをHDDからSSDに交換 PCを倍以上に高速化
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。