2010-12 Backpacking Shikoku Islands - 四国へのバックパッカー旅

day 48.1 高知県甲浦駅で都内自転車店『なるしまフレンド』の鳴嶋英雄さんとの出会い ~ 最初は誰でも「パンク修理すらできない」 ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
鳴嶋英雄, ナルシマフレンド, 自転車

2010年12月12日(日) – ぼくらは、徳島県の道の駅「宍喰温泉」で、朝から豪華な“海の幸”の無料バーベキューを楽しみ、その後、高知県甲浦駅(かんのうらえき)まで歩いた。
甲浦駅では、最近Uターンしてきた若い奥さんとその子どもたち、(その奥さんの親戚ではないようだが)おばさんとその孫が会話をしている。

おばさんは、土佐線の電車内で行われているイルミネーションを孫に見せるために、牟岐(むぎ)から甲浦まで来たそうだ。

高知県 甲浦駅, 木造の建物, 自転車【高知県甲浦駅 木造の建物。この地域の「生見海岸(いくみかいがん)」ではサーフィンの世界大会が行われているそうだ】

子どもたちは、芝生でかけっこしたり、自然の中で遊んでいる。秋には、どんぐりを拾って楽しむらしい。ぼくも小さいころは、鎌倉の道なき山の中を散策し、山中でウルトラマンごっこなどをした。今では、ウルトラマンごっこなどで遊んでいた通称「はげ山」には、草が生え、子どもたちが遊んでいる様子はない。

山中など自然には、虫、木々、川、沼、風景などいろいろな発見があり楽しい。特に、あまり人が散策しない、道もないような、山は特に楽しい。道がないところこそ、人が見たことのない新たな発見がある。もう都会エリアでは、そんな遊びをみることは少ない。

このあたりには、サーフィンの世界大会が行われることで有名なスポット「生見(いくみ)」がある。また、スキューバダイビングの良いスポットが多くあるそうだ。この奥さんとおばさんたちの話によると、甲浦は山で囲まれているが、あまりハイキングコースがないそうだ。

そのおばさんは、文部科学省が、子ども(主に小学5~6年生が対象)の自立心を生成させるために推進している民泊(みんぱく)プログラムに参加していて、都会の子どもたちが、牟岐に来た際、おばさんの家に泊めてあげている。国からは、5,000円の補助金が支給される。

高知県 甲浦駅, 木造の建物, 自転車, 甲浦駅 周辺【高知県 甲浦駅 周辺。ここから室戸岬や奈半利へのバスも出ている。室戸岬までの電車はない】

甲浦駅近所に住む若い奥さんは、大阪に住んでいたが、子育てを両親に助けてもらうために、実家がある甲浦に戻ってきたそうだ。子どもができたら実家に戻ることを条件に、旦那さんと結婚したとのこと。

そんなこんなを話していると、おばさんとおばさんの孫を迎えに、牟岐から家族がやってきた。ぼくらが向かおうとしている奈半利(なはり)には、画家の「モネの庭」があることも聞いた。フランスにあるモネの庭の管理責任者 ジルベール・ヴァエ氏が、開園から現在までの指導や監修をしている。また、夕日が沈むと太陽、海の水蒸気、海の反射で発生する“だるま夕日”も綺麗だそうだ。

鳴嶋英雄, ナルシマフレンド, 自転車【高知県 甲浦駅で出会った鳴嶋英雄(なるしま ひでお)さんの自転車】

鳴嶋英雄, ナルシマフレンド, 自転車

バス停では、東京都八王子から愛媛県松山まで飛行機に自転車を積んで、松山から甲浦までサイクリングをしてきた鳴嶋英雄(なるしま ひでお)さんと出会った。

鳴嶋さんは、株式会社なるしまフレンドという会社の代表取締役会長だった。「創業当時は、パンク修理ですらできなかったんだよ。恥ずかしいからよー、お店の裏で修理してたんだよ」と、笑いながら話す鳴嶋さん。

鳴嶋英雄, ナルシマフレンド, 自転車【高知県 甲浦駅で出会った『なるしまフレンド』の鳴嶋英雄(なるしま ひでお)さん】

「なにか新しいことを始める時」というのは、「とりあえず、やってみよう」という想いが先行して、最初はそんな感じのスタートなんだろう。

ぼくは、これまで誰かが創り上げた会社で仕事をしていた。会社内で、新たな試みなどを仕掛けたりなどはしてきたが、これら会社を創り上げたわけでもない。既に創り上げられた会社に入り、そこで仕事をして学んできた。

鳴嶋英雄, ナルシマフレンド, 自転車【高知県 甲浦駅で出会った『なるしまフレンド』の鳴嶋英雄(なるしま ひでお)さん】

自分の会社でもなく、自分で創ったわけでもない」のだ。自分も会社でキーとなることをやっているかもしれないけど、やっぱり創業者はすごい。

自分はこれまで創られた道を歩いている」と思うばかりで、そんな考えに引っ掛かることも多々あった。鳴嶋さんの「創業当時は、パンク修理ですらできなかったんだよ。恥ずかしいからよー、お店の裏で修理してたんだよ」という話は単純な話だったかもしれないが、ぼくにとって心に残った話だった。

「これから、自転車での旅もありかもなぁ」と、思いつつ鳴嶋さんと別れた。

===================
※その時の出会いに関する鳴嶋英雄(なるしま ひでお)さんの記録

「甲浦で輪行と駅舎目指すと、遠く田畑の中を走る電車の姿目に入り、次発まで相当時間ありそうだなあと思いながら駅舎にイン。と『あれ自転車ですか?』と目を丸くした漫画美人、てっきり無人と思って入った小さな駅舎に人が居り、鎌倉美人と浜っ子若者の歩く徘徊者と自転車徘徊老人の遭遇となる」(鳴嶋さんのブログはこちら
===================

ぼくらはこれから、バスで室戸岬(むろとみさき)を経由して、奈半利へ向かう。(続きはこちら)

<前回のエピソード 『day 48 徳島県 道の駅『宍喰温泉』で海の幸無料朝食 ~ そもそも「道の駅」とは…なんだ? ~』>

<次回のエピソード 『day 48.2 高知県 甲浦から室戸岬を経由して、奈半利へ ~ 奈半利駅でのテント泊 ~』>

高知県 甲浦駅, 木造の建物, 自転車

高知県 甲浦駅, 地図, お薦め【高知県東洋町の周辺地図】

高知県 甲浦駅, 地図, お薦め【高知県東洋町の周辺地図】

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 日振島 笠岡彰 day 56 田舎バックパッカー、愛媛県日振島から宇和島へ ~縞…
  2. 四国 芝小屋 神山町 day 42.2 徳島県 神山町から上勝町への『やばい』山越え3…
  3. 上勝 神山 勝浦川 day 43.5 徳島県 神山町から上勝町への『やばい』山越え1…
  4. 愛媛県 宇和島 つるの湯 バックパッカー田舎旅 バンライフ day 53.1 高知県 宿毛から愛媛県 宇和島でまたまた『焼肉…
  5. 山越え バックパッカー 女性 day 43.4 徳島県 神山町から上勝町への『やばい』山越え1…
  6. 四国 旅 中川生馬 day 40 香川県 讃岐相生から徳島県へ ~美術の先生との出会…
  7. 徳島 小松島ステーションパーク 徳島 day 45 徳島県 小松島の公園での『グラウンドゴルフ』と『画…
  8. スーパー林道 危険 day 42 徳島県 神山町から上勝町への『やばい』山越え…1 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

田舎時間 稲架かけ 久々に『田舎時間』が穴水町岩車へ 稲架掛け作業で 渡り鳥とカタツムリ, 車中泊 漫画 【メディア掲載】車中泊旅漫画「渡り鳥とカタツムリ」に能登・穴水町川尻の住める駐車場「田舎バックパッカーハウス」がリアルに登場中 Surface Book 2 不具合 GPU 【田舎でITレビュー】OS更新後 Surface Book 2のGPUに不具合 今後 更新は慎重に mobile lifestyle vanlife family 移動型定住 東京モーターショー 家族 バンライフ 家族 子持ち 【ざっくり特集 – VANLIFE 1】車で“移動暮らし”『バンライフ』できる時代到来 『移動型定住』『動くX』とは? day 7.2 石川県穴水町 次世代の板前寿司屋『幸寿し』

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
田舎バックパッカーハウス, 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, child in the countryside japan
  1. ハイエース バンライフ, ハイエース 仕事, バン 仕事
  2. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, child in the countryside japan
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  4. かき, 石川県 牡蠣, 穴水町 牡蠣, 穴水町 かき, 七尾 牡蠣, 七尾 かき, 能登かき, 能登牡蠣, 輪島 牡蠣, 輪島 かき, 能登半島 牡蠣, 能登半島 かき, oyster in Anamizu, oyster in ishikawa

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<のとかき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
【カーステイ車中泊スポットレビュー】500円で車中泊 都会の24時間オープンお風呂カフェ
映画「人生、いろどり」上映をきっかけに『石本商店』再オープン ~ シェフ・谷本徹さんの噂のカレー ~
【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!<2021年7月2日追記>
5歳の娘、今夜も“家の前”で車中泊?!将来は大物バンライファ―?!
day 70.4 輪島塗の現状 ~ 輪島に残れない輪島塗に熱心な次世代 ~
長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリーも
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。