Noto Anamizu Town - 能登 穴水町

能登で田舎暮らし希望 ドイツ出身で19歳のアルチャと輪島の龍昌寺、穴水の空家見学へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ドイツ オランダ アルチャ 輪島 龍昌寺 Arca from the Netherlands in Ryushoji temple Wajima

能登・輪島市&穴水町 – この晩、「イク、今晩、そっちに泊まってもいいか?」 っと…アルチャから電話があり、夕方の用事を済ませたアルチャが21:00ごろ、うちへやってきた。

一話目と二話目の話しはこちら。

Tabi_04_Anamizu_2011_01_0467_s

能登移住検討中?!理想の“田舎暮らし”掲げるドイツ出身の19歳の旅人 ~ 自分の想いを大切に生きる ~

Tabi_04_Anamizu_2011_01_0462_h_s

能登移住検討中のドイツ出身の19歳 ~ やろうと思えばなんでもできる ~

ぼくはビールを飲みながら、サッカーの日本代表戦をテレビ観戦していたので、目が半開きの“眠~い”トークとなり、正直…あまり話せる状態ではなかった。

今日は寝ることにして…明日を迎えた。

 

“おもしろい”輪島のお寺『龍昌寺』へ

まずは、昨晩、クルマを実家の田鶴浜(たづるはま)に返さなければいけなかったので、宿泊できなかった岡雄太さんを穴水駅でピックアップ。

関西学院大学の夏休み期間、アルチャと一緒に、能登の“奥”を体感したいということで、早くからのと鉄道にのって、穴水までやってきた。彼はこれから就職活動が始まるので、今、いろいろと体感したいのだろう。

ぼくらも、可能な範囲で半自給自足暮らしをしているのだが、能登の「自給自足」生活でぱっと思い浮かぶのは、 最近、『“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験』でも連携させてもらっている輪島の与呂見(よろみ)地区にある龍昌寺。

キジ 輪島 龍昌寺 りゅうしょうじ

能登・輪島市与呂見地区の龍昌寺付近で見かけた雉(キジ)

いろいろな人たちのライフスタイルの選択肢を見て体感することが重要だと思っているので、龍昌寺に話しを聞きに行くことにした。

この龍昌寺はお寺と呼ぶよりも、一つの『村』と呼んだほうが相応しい場所なのかもしれない。 龍昌寺の敷地には5世帯・14人が住み、住職の村田和樹さんや奥さんの啓子さん含め自然と融合した暮らしをしているのだ。



龍昌寺は禅寺で、座禅、お経などの寺らしいことは行うのだが、修行や拝観料などで収入を得るようなことはしない。

ドイツ オランダ アルチャ 輪島 龍昌寺 Arca from the Netherlands in Ryushoji temple Wajima

能登・輪島市与呂見 – 龍昌寺。ドイツ出身のアルチャと、龍昌寺について説明する村田啓子さん。

その昔、和樹さんは一枚板でテーブルを作ったり、農家のように完全無農薬のお米を作り販売、啓子さんは素材を活かす“自然”料理を教えたり、京都の料亭で料理をサポート、時には、修行的な感じで、誰かが龍昌寺に住み込み、能登の里山での“静けさ”を体感しながら、心落ち着く田舎暮らしの“体験の場”も提供する。

Ryushoji zen temple meditation in wajima ishikawa 輪島 龍昌寺

ちなみにここ龍昌寺の玄米、白米は最高に美味しい。他能登のお米も美味しいのだが、龍昌寺のお米はまた一味違う。

自給自足を目標とする人たちや、一味違う田舎でのライフスタイルを味わいたい人たちにとって、龍昌寺での生活スタイルは面白いだろうし、能登だけでなく、『田舎ってやつを“ちょい深く”体感するスポット』としても、面白いと思っているので、アルチャを龍昌寺へと連れて行きたかったのだ。

龍昌寺米 田植え Ryushoji temple rice in Yoromi Wajima

能登・輪島市与呂見地区の龍昌寺 – この日、龍昌寺の人たちが、米の苗づくりを行っていた。種は去年の籾から選定し、苗を育て、田植えを行う。完全な『龍昌寺米』ができあがるのだ。

ryushoji temple in yoromi wajima, 輪島市与呂見 龍昌寺 村田啓子 和樹

能登・輪島市与呂見地区の龍昌寺 – 去年、けいこさんは、ドイツ人の友人と四国八十八ヶ所への旅をしたそうだ。そのときに写真を活用してドイツ人の友人がつくったカレンダー。

room ryushoji zen temple in yoromi wajima, 輪島市与呂見 龍昌寺 部屋 村田啓子 和樹

能登・輪島市与呂見 – 龍昌寺にある空き部屋。

ドイツ オランダ アルチャ Arca in the Netherlands

能登・輪島市与呂見地区の龍昌寺 – 「空き家が見つかるまで、もしくは生活になれるまで、ここに住むことも可能なのですか?」 暖は薪でとる龍昌寺。

 

穴水町の空き家見学

そして、ぼくらの空き家探しなど移住をサポートしてくれた穴水町岩車の新田信明さんにも協力してもらい、穴水町内の空き家を見学。

rent a house in Anamizu Ishikawa 石川県 穴水町 空き家

能登・穴水町 – 空き家見学中、「この家には畑がついているの?」「畑はどこ?山のほう?一人で行くから、ちょっと行ってきてもいい?」と行動力と好奇心あるアルチャ。

ドイツ オランダ アルチャ 空き家 見学 穴水町 Empty house Arca in the Netherlands

能登・穴水町曽良 – 空き家見学中。

探れるところはどこまでも探る…という感覚。「類は友を呼ぶ」って感じだった。

自身で過ごしたいライフスタイル…自身で決めて、確立していきたい。ぼく自身が同じ感覚だったので、その気持ちは本当によくわかる。

最後に、アルチャは、穴水町岩車の漁港から海に向かって「よかった~!!!」と、集落全体に響くような大声で叫び…岩車をあとにした。

なんとも愉快で元気な奴だ…「能登に来たらおもしろくなるだろうなぁ~」と心から思ったこの数日間だった。

今夜、アルチャは夜行バスで金沢から東京へ向かう。その後、成田空港からドイツへと戻る。

ドイツへ戻ったら、能登もしくは日本の田舎で暮らしをスタートするために、しばらく、仕事をしてお金を稼ぐそうだ。

彼は本当に能登に戻ってくるのだろうか…考え方や、やりたいことに変化はあるだろうが、1年後、能登で再開できることを楽しみにしている。

また会おう、アルチャ。

石川県 穴水町 空き家 rent a house in Anamizu Ishikawa

能登・穴水町曽良 – まずは一軒目の空き家を見学。

石川県 穴水町 空き家 rent a house in Anamizu Ishikawa

能登・穴水町 – 空き家のキッチンの流し。

石川県 穴水町 空き家 rent a house in Anamizu Ishikawa

能登・穴水町 – 空き家の二階。眺めはどんな感じなのだろうか。

石川県 穴水町 空き家 rent a house in Anamizu Ishikawa

能登・穴水町 – 空き家の中へ入ると…

石川県 穴水町 空き家 rent a house in Anamizu Ishikawa

能登・穴水町 – この畑も活用することが可能。

石川県 穴水町 空き家 rent a house in Anamizu Ishikawa

能登・穴水町 – 次の空き家へ。周りには川が流れている。

石川県 穴水町 空き家 rent a house in Anamizu Ishikawa

能登・穴水町(石川県) – また一年後に会おう。

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. 能登・穴水町中居(石川県) - 中居湾ふれあいパークに出没したイルカ 田舎専門誌「田舎暮らしの本」取材中に出現した大きな“背びれ”
  2. 中川結花子 バックパッカー day 59.1 田舎暮らし体験の家に到着 北國新聞の取材を受け…
  3. 能登・輪島市(石川県) - 「朝市」の漆器店「一よし」 <写真で振り返る>『“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験』2…
  4. <動画あり>最近の投稿一覧 – その二『地方の“政治…
  5. 穴水町 岩車 キリコ祭り クライマックス <動画>能登・穴水町の『キリコ祭り』
  6. 輪島に移住して20年以上 イギリス人漆芸作家Suzanne Ro…
  7. ハイエース 仕事 仕事しながら“ちょい”田舎旅:『中居湾ふれあいパーク』
  8. 巨大生物 日本 九州 石川県穴水町での田舎暮らし“ちょい住み”最終ストーリー ~ 次の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

旅行 用品 商品 グッズ レンタル 配送 サービス 【田舎で仕事 – 広報】 旅の荷造り不要!旅の荷物減らせる!旅行用品レンタルのウェブサービス「フラリー」 connor jessup コナー・ジェサップ 【田舎で仕事】カナダ出身の映画俳優兼監督コナー・ジェサップ 『クリエイティブ“田舎”ワークスペース』で脚本執筆中 FUJI Wifi Biz 通信速度 【田舎でITレビュー】旅と暮らしにお薦め“通信”情報 『FUJI Wifi』と『0SIM』 のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣 東京の駅だったら批判殺到?!能登牡蠣“破格”食堂『あつあつ亭』2018年1月7日から コロナ バンライフ 車中泊 道の駅 住める車中泊スポット「バンライフ・ステーション」に新たな“入居者” ~ コロナ禍のバンライフの課題 ~ < 3話目 >

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
バンライフ 暮らし 移動型 定住 移動しながら暮らす vanlife
  1. asahi national daily newspaper vanlife 朝日新聞 バンライフ
  2. 海 プール 田舎暮らし 遊び場 穴水町 岩車 石川県 能登

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
【能登での田舎暮らし】主婦の財布に優しすぎる 新鮮&格安スーパー『どんたく』対『江ノ島』
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリーも
day 85.4 長崎県 五島列島・宇久島の隣にある人口14人の寺島へ ~14人…どんな島なのだろうか…ポットホールとは一体なんだ?!~
day 81 長崎県大瀬戸町『岡﨑製パン所』を見学 そして 次の旅先へ
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。