Noto Anamizu Iwaguruma - 能登 穴水町 岩車

仕事しながら“ちょい”田舎旅:今日の“職場”も『岩車漁港』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Vanlife Japan ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 最高の仕事場所

以前も紹介したことがあったが、今日の職場も漁港。自宅から140メートル離れた岩車漁港。湖のように穏やかな海が広がっている、最高の“オフィス・スペース”である。

七尾北湾は能登島が堤防のようになっているから、スゴイ穏やかなんだよね。

Hiace vanlife ハイエース バンライフ

ここにバンを停めて仕事。外でも中でも快適に仕事ができる。

“動く拠点”ハイエース バン内には大きなデスクがあるので快適に仕事ができる。

デスクのサイズは、105センチ✕60センチで、車内にしては大型サイズだと思う。椅子と自分の身長に合わせて、高さも席に合わせて調整しているので自分サイズ。

会議室にある細長いデスクは苦手…あれはホント疲れやすいタイプのデスク。

Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販

お知らせ:「田舎バックパッカー」、牡蠣販売のサポート開始!
能登牡蠣 販売サポート中!水揚げ直後の牡蠣があなたの手元に“最速”翌日届く!

2012年納車直前、車輌をキャンピングカーにカスタマイズするアネックス社の徳島県鴨川市の工場へ行き、「肩が凝らないように、肘がのり、パソコンを不自由なく、快適に操作できるよう、デスクの広さと高さはこれぐらいにしてください!!」とお願いして作ってもらった。

車 仕事 ハイエース バンライフ 仕事

大きなデスクだと、パソコン作業をするときに、肘も載せることができるので、肩が凝りにくい。

パソコンで仕事をする上で、デスク環境はものスゴク重要。その他にもパソコンのサイズ、キーボードの打ちやすさ、マウスの操作性など可能な限り、人間工学に基づいた装備が良し。

自宅でもそうだが、ぼくは基本大きなテーブル好き。とにかく!広いテーブルが好きである。

特に木目のテーブル…だがさすがに、本格的な木目テーブルは重くて、さすがに車内には厳しいかな。

まぁ、そんなこんなで今日もバンで仕事を楽しんでいる。

ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 最高の仕事場所

さて、これから、来週早々からのアメリカ・フロリダ州マイアミへの“私事(しごと)旅”の準備だぁ。

車 仕事 ハイエース バンライフ 仕事

車 仕事 ハイエース バンライフ 仕事

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)で広報責任者として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てられた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 田舎 遊び 【田舎暮らしの夏休み】子どもや大人向けの『自然な公園』と『冒険ス…
  2. suzu noto restaurant view spot 珠洲 能登半島 椿展望台 つばき茶屋 「VANLIFE JAPAN」に奥能登への旅物語 ~ 能登半島の…
  3. 最近の投稿一覧 – その一 能登・穴水町岩車に来た“…
  4. 能登の田舎岩車でコナー・ジェサップ製作映画『Lira’…
  5. 穴水北糧 穴水町 谷内 day 67 石川県穴水町 後継者不足は地方の悩みなのだろうか?…
  6. 能登へ田舎旅…ジャパンテント三日目・最終日 奥能登一周から穴水…
  7. 埼玉県 横瀬町 大手企業 よこらぼ 急きょ!埼玉県横瀬町へバックパッカー“イナ旅”取材へ
  8. 能登 移住 田舎体験 小野貴子 冬の“楽暖”な“ざっくばらん”な田舎体験 2日目・前編 ~ “薪…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

Carstay CMO 田端信太朗 資金調達 【速報】CarstayのCMOに田端信太朗氏が就任 「バンライフ」ワールド市場浸透に加速 「バンライフこそ未来のライフスタイル」 【田舎で仕事 – 広報】ISICOの情報誌にCarstayと芯漆 福井 ユーチューバー 車中泊 スポット 【YouTube】福井のユーチューバー再び『田舎バックパッカーハウス』へ スザーンロス day 70.1 石川県輪島市 3ヶ月滞在予定が20年以上に 田舎の森の中に住み“デザインを冒険する”漆芸作家スザーン・ロスさんとの出会い コロナ バンライフ 車中泊 道の駅 住める車中泊スポット「バンライフ・ステーション」に新たな“入居者” ~ コロナ禍のバンライフの課題 ~ < 3話目 >

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
穴水町 車中泊,石川県 車中泊,石川県 バンライフ,ふれあいパーク
  1. 石川県 子育て,石川県 移住,石川県 移住者,穴水町 子育て,穴水町 小学校,穴水町 川尻,穴水町 移住者,能登 田舎, 能登 移住者, 田舎 学校, 田舎 小学校,向洋小学校
  2. 石川県 子育て,石川県 移住,石川県 移住者,穴水町 子育て,穴水町 小学校,穴水町 川尻,穴水町 移住者,能登 田舎, 能登 移住者, 田舎 学校, 田舎 小学校,向洋小学校
  3. Carstay Koki Miyashita カーステイ 宮下晃樹
  4. 都市構造再編を活用へ/穴水中央地区立地適正化計画/町、採択要望/総事業費61億4000万円
  5. 石川県 新移住者, バンライフ 地方移住, 岩本舜夫
  6. 穴水町 岩車 キリコ祭り 2020年

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<のとかき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
【メディア掲載】NHK BSプレミアムに登場!「旅する★手作りキャンピングカー」 8月18日放送!
day 45.1 徳島県小松島 『ル・サロン』『国連本部』にも飾られたと話す『阿波おどり』の画家 銭谷誠さんとの出会い ~ “画家として売れるまで…”の25分間の会話 ~
【田舎バックパッカーハウス】能登半島・石川県穴水町の田舎暮らし体験シェアハウス、長期間 車中泊滞在“バンライフ移住”可能な<住める駐車場>『バンライフ・ステーション』について
【メディア掲載】note上のCarstay公式マガジンに登場
自動車用電球メーカーが“幻のきのこ”はなびらたけをつくってるって?!なぜ?
【娘の田舎暮らしと旅日記】ひとみちゃんとまどかちゃんが自分のお家に帰っちゃうから悲しかったし、まだいっしょに、遊びたかったなと思ったこと
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。