Noto Anamizu Iwaguruma - 能登 穴水町 岩車

能登での田舎暮らし: “平和な日曜日”は岩車漁港で… “おっちゃん”と“若造”たちの集まり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
地方 田舎 バーベキュー BBQ in a countryside Noto Anamizu iwaguruma Ishikawa

能登・穴水町岩車(石川県) – 毎週日曜日、15:00ごろ、田舎バックパッカーの拠点 岩車の漁港側の“錆びれた”小屋では、飲んだくれた楽しいおっちゃんたちが集まり、バーベキューが開かれる。

地方 田舎 バーベキュー BBQ in a countryside Noto Anamizu iwaguruma Ishikawa

ぼくがこの“ざっくばらん”なバーベキューの会を知り、参加したのは、つい2年半前ぐらいのこと。

漁港周辺を散歩中、「賑やかな声が聞こえるなぁ~」と思い、「こんにちは~!」と小屋を覗いたら、「来い来い!一杯どうや!」っと…そんな感じで、ぼくの参加が始まった。毎週日曜日、参加できるときは参加している。

「また、いらっしゃい」と言われるが、フリーランスという仕事の都合上、週末も楽しく“私事(しごと)”をしているので、必ず参加しているわけではない。ときには、30分ほど参加して、失礼することもある。

地方 田舎 移住者 牡蠣 交流 バーベキュー oyster BBQ in a countryside Noto Anamizu iwaguruma Ishikawa

“おっちゃん”たちの年代は60代後半から70代。この岩車地域育ち。

ここでの食材は多岐にわたる。地元で釣れたハチメ(メバル)、タイ、アオリイカ、牡蠣、狩られた猪、北海道の蝦夷鹿(えぞしか)など、お酒は必ずキリンの瓶ビールだ。

先週は、生の蝦夷鹿肉の足を電動ノコギリで切り、それをさらに包丁で薄く切った肉をニンニク醤油でいただいた。

地方 田舎 鹿肉 バーベキュー deer meat BBQ in a countryside Noto Anamizu iwaguruma Ishikawa

冷凍されていたので、“ワイルド”な電動のこぎりも登場。



ときには、缶詰のときもあるが、ほとんどが、こんな感じで、自然で採れた“ワイルド”な食材ばかりである。

これがまた楽しい会なのだ。「岩車の“超”現地人と触れ合うならばここで!」って感じのスポットである。

既に15年も続いている会。小屋自体は、志賀原発 建設時の余りものをいただいたそうだ。以前、ぼくの家主の亡き旦那さんも参加していたそうだ。血縁ではないが、少し“縁”を感じる。

地方 田舎 移住者 交流 バーベキュー oyster BBQ in a countryside Noto Anamizu iwaguruma Ishikawa

そこに、ぼくらの若造が入ると、この場がまた“訳わからない感じ”で、賑やかになる。

離れた世代の交じりあいだ。話すトピックは自由。村の“裏”話しも飛び交う。会話は、わかりやすく話し、お互い質問しあわなければ、成り立たない会とも言える。

話す内容の登場人物は、はるか昔のときだったり、名前を屋号で呼んだりするので、「誰」だかわからないときもある。そんなときは、「それ誰のこと?」と聞けば、教えてくれる。

地方 田舎 移住者 アオリイカ 交流 バーベキュー oyster BBQ in a countryside Noto Anamizu iwaguruma Ishikawa

「わかりやすく話して、わからなければ質問すれば良い」とは言うものの、方言も飛び交う。たまに、“はっきり”とわからなかったりもするが、そんなときは、分かったふりをして、笑って、その場を楽しむこともある。

だが、物事ははっきり言う。しっかりと理由を説明すれば、移住者だろうと、地元だろうと、お互い分かり合える。まぁ、それは田舎であろうと、都会であろうと場所を問うことではないだろう。

地方 田舎 移住者 牡蠣 交流 バーベキュー oyster BBQ in a countryside Noto Anamizu iwaguruma Ishikawa

岩車は限界集落。ここ5年、10年でなにが残るかわからない。

こんな“ざっくばらん”なバーベキュー、飲んだくれのおっさんたちと、若造たちの集まりではあるが(笑)、こういった田舎の土くさくワイルドな会も残していきたいもんである。

地方 田舎 移住者 アオリイカ 交流 バーベキュー oyster BBQ in a countryside Noto Anamizu iwaguruma Ishikawa

地方 田舎 移住者 牡蠣 交流 バーベキュー oyster BBQ in a countryside Noto Anamizu iwaguruma Ishikawa

地方 田舎 移住者 牡蠣 交流 バーベキュー oyster BBQ in a countryside Noto Anamizu iwaguruma Ishikawa

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 能登 移住検討中?! 理想の“田舎暮らし”掲げるドイツ出身 19…
  2. 能登と羽田空港間の眺めは最高…今月も東京へ飛んだ“わ…
  3. 能登・鹿波、岩車、曽良に浮く富山の立山連峰 ~ 絵に描いたような…
  4. テレ朝「モーニングバード」に のと鉄道観光列車「のと里山里海号」…
  5. 能登 移住 田舎体験 小野貴子 冬の“楽暖”な“ざっくばらん”な田舎体験 2日目・前編 ~ “薪…
  6. 能登での田舎暮らし:仕事の空き時間に… 耕運機と鍬で…
  7. 能登空港 羽田空港 へ 旅 noto airport haneda airport travel 今月もまたまた東京へ…広報“私事”で
  8. 石川県 能登 穴水町 岩車 タコ Octopus in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto Countryside fisherman 能登での田舎暮らし:タコから始まる朝

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

穴水町 LTE 4G 5G 携帯電波 【田舎でITレビュー】穴水町岩車の田舎で突然LTEが入り始めた ~ 田舎移住で欠かせないモバイル通信 ~ onsen campervan rv spots 埼玉県 おふろcafé utatane 車中泊スポット レビュー 【Carstay車中泊スポットレビュー】500円で車中泊 都会の24時間オープンお風呂カフェ 中日新聞 大堀悟 Obori Satoshi on Chunichi Newspaper 【メディア掲載】中日新聞「先輩移住者に共鳴、穴水へ」 移住者が新たな移住者を“呼ぶ” Nagasaki Atomic Bomb Museum 長崎原爆資料館への旅 長崎へのバックパッカー旅 ~ 73,884人が亡くなった日 ~ 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan 田舎へのバックパッカー旅の背景『ぼくの人生 これでいいのか』の自問自答

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
バンライフ・ステーション 能登 穴水町
  1. 田舎暮らし 子育て 日記 娘 穴水 石川県
  2. 能登 石川県 穴水町 大雪
  3. 石川県 能登 穴水 能登 大雪
  4. Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 能登 かき 石川県 販売
  5. 石川県 能登 穴水 能登 大雪

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売! ~ 2021年出荷・販売開始! ~
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
【ざっくり特集 - VANLIFE 2】豊かな車上生活『バンライフ』は実現可能
輪島に移住して20年以上 イギリス人漆芸作家Suzanne Ross(スザーン・ロス)さんとの出会いに関する旅記録1話目
『田舎バックパッカーハウス』のシェアハウス&オフィスと、長期間 住める駐車場<車中泊スポット>『バンライフ・ステーション』について<まとめ情報>
day 70.1 石川県輪島市 3ヶ月滞在予定が20年以上に 田舎の森の中に住み“デザインを冒険する”漆芸作家スザーン・ロスさんとの出会い
長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリーも
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。