Noto Anamizu Iwaguruma - 能登 穴水町 岩車

星空旅スポット:能登半島・穴水町 ミルキーウェイ『天の川』の時期始まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
天の川 穴水町 milkyway in Japan

能登・穴水町岩車(石川県) – そろそろ、宇宙の遠くに存在する恒星が帯状に集まっている星々「天の川」が、綺麗に観測できる時期になってきた。

先週末は新月だったが、天気が曇りで星はみえず。(2018年の写真はこちら

天の川 星空 穴水町

天気が回復してきた昨晩、岩車の家の前で、サブカメラα6000で「天の川」を撮影してみた。

LEDの外灯が近くにあるが、自宅の前でこれだけの星空を撮影することができる。

もう少し山中へ行けば、どれだけの星空が撮影することか、想像できるかな。

天の川 穴水町 milkyway in Japan

去年ぐらいまで、「天の川」と言えば、七夕の時期にしか見えないと思っていたけど、「天の川」っていつの時期でも見られるようだね。

それを知ったのは、去年2016年7月前後に、オレゴンへのバックパッカー旅をしたとき。

その後、去年は、9月、10月ごろにも撮影していた。

石川県 穴水町 星空

星空旅スポット: 能登・穴水町で『天の川』 ~ 街灯がない地方の魅力 ~

石川県 穴水町 星空

夜な夜な一人旅: 「穴水町 星空のまち」は本当なのか?

2009年11月ごろからメインで使っているデジタル一眼レフカメラ『キャノン7D』は、知らぬ間に、バッテリーを入れる付近の外装箇所が欠けていて、その欠けた隙間から緑色の基盤が見えてしまう状態になってしまったので、現在、キャノンの修理センターで修復中。

7Dは、7月13日に引き取られたが、未だに戻ってこない(7月28日現在)。ちなみに、修理費用は約17000円になってしまった。

どこかにぶつけた記憶はないが…これまで、あらゆるバックパッカー旅をともにしてきた7D。だんだん“劣化”してきたのかもしれない。

オレゴン クレーターレイク 星空 天の川 milkyway at crater lake in Oregon

【2016年7月、第二の故郷 アメリカ・オレゴン州のクレーターレイクで撮影した『天の川』。これは綺麗すぎる。朝晩は冷え込み具合が半端なく、寒い中での撮影だった。7月になっても、クレーターレイクには雪が残っているほどだ】

キャノン7Dは既に、8年弱も活用しているので、もろもろガタがきているのかもしれない。

前板ユニット、シャッターユニット、グリップ部分など、もろもろ交換しているが、そろそろ「寿命」かな。

物理的にはまだまだ使えるので完全な「寿命」とは言わないが、今後のサポート状況、将来的への投資などを考えると、7Dは売りに出して、カメラを買い替える時期かなぁと思っている。

バックパッカー旅の軽量・高品質“撮影”アイテム


さて、どのカメラにするかなぁ。新しいガジェット…カメラは楽しみだけど高額なんだよなぁ。

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking

こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 穴水町 岩車 U字工事 ゆうじこうじ 牡蠣 Anamizu Oyster “栃木”お笑い芸人コンビ『U字工事』 MRO番組『絶好調W』で穴…
  2. 能登 移住 田舎体験 小野貴子 冬の“楽暖”な“ざっくばらん”な田舎体験 2日目・前編 ~ “薪…
  3. 牡蠣 穴水町 day 66.1 石川県穴水町 この時期..食べたくなる能登のカ…
  4. 能登 穴水町 岩車 田舎暮らし ナマコ noto anamizu iwaguruma countryside lifestyle sea cucumber 能登での田舎暮らし:冬の朝 寒い中 ナマコ漁 始まる ̵…
  5. 能登半島 冬 厳しい day 71 石川県 穴水町 雪で寒い中、家から締め出された! …
  6. water well noto anamizu iwaguruma 穴水町 能登 井戸 田舎暮らし 能登・穴水町岩車での田舎暮らし 里山から“湧く”恵みを活用した“…
  7. 能登岩車で数十メートル浅瀬続くプライベートビーチ (動画あり)
  8. 外付けキーボード スマホ 仕事 work with smartphone 能登から東京へ 広報などの仕事で ~ シンギュラリティ大学CEO…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

田舎体験 countryside experience 【メディア掲載】能登・穴水町岩車『田舎体験』で盛り上がる『洋上パーティー』 バンライフ 車中泊 アイテム パソコン 運転席 タブレット Surface Go 【動くオフィスでITレビュー】車中ワーケーション、ハンドルにハマるSurface GOが最強“車内”タブレットPC ハイエース ソーラーパネル Car Solar Panel 【田舎旅】サブバッテリーの走行充電ができないとき、確認したいポイント Quora QAサイト CEO 取材 アダム・ディアンジェロ Adam D’Angelo Facebook CTO 【田舎で仕事 – ライター】信頼性高いQAサイト『Quora』記者会見へ – 初代フェイスブックCTOを個別取材 mobile lifestyle vanlife family 移動型定住 東京モーターショー 家族 バンライフ 家族 子持ち 【田舎で仕事 – 広報】日テレ「ZIP」のバンライフ特集にちょろっと登場

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. 能登 田舎暮らし, 木 植える
  2. boar anamizu, 石川県穴水町 イノシシ
  3. 樹ガーデン,鎌倉カフェ

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<のとかき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
【カーステイ車中泊スポットレビュー】500円で車中泊 都会の24時間オープンお風呂カフェ
日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で 2話目
【田舎旅】サブバッテリーの走行充電ができないとき、確認したいポイント
能登・石川県穴水町ならでは!を活かした地方移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
羽田空港から能登空港へ ~ 冬 空撮で見る都会と田舎の違い ~
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。