Mt. Fuji Japan's World Heritage Site - 世界遺産 富士山

ニッポンの大いなる“巨人”が迎えてくれるスポット道の駅「朝霧高原」で朝晩を過ごし… ~“サクッと”“ざっくばらん”に行く日本の世界遺産への田舎バックパッカー×クルマ旅~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
道の駅「朝霧高原(あさぎりこうげん)」から富士山を眺める田舎バックパッカー
道の駅「朝霧高原(あさぎりこうげん)」から富士山を眺める田舎バックパッカー

道の駅「朝霧高原(あさぎりこうげん)」から富士山を眺める田舎バックパッカー

2013年、富士山が世界文化遺産に登録され、神奈川、東京などのエリアから、“サクッと”富士山へ行きたいと考えている人たちが多いのではないだろうか。

富士山へ行く=登山=山登り」しかない!っと考える人も多いだろう。

富士山には、登山以外にできることは沢山ある。富士山周辺には富士山を眺めたり、その眺めを写真に記録することができる多くの“祭り”的スポットがあるのだ。

それに加えて、忙しい平日の合間に、宿泊先を見つける余裕がない人も多いのではないだろうか?

ネットで簡単に宿泊先を検索しても、値段が高い…安い…綺麗…汚いなどで迷ってしまい、結局時間がかかってしまう。

だからといって、宿泊先を諦めて、日帰りで富士山周辺へ行くのもさすがに大変だろう…
そんな“旅人”にはクルマを拠点にした、バックパッカー旅をお薦めしたい。

まずはどんなところで、サクッと一泊できそうなのか…一つの拠点を紹介する。

クルマはぼくらのような“動く拠点”であるキャンピングカーが快適だが、“自分のスペース”であり、ある程度フラットで寝られるようであれば、自家用車でもいいのではないだろうか。

今は田舎に住むぼくらだが、都会に住んでいた時は、電車で立寝をしていたぐらいで、寝ようと思えばどこでも寝られるわけだ。同じようにそんな感じで、“なんとか!”「どこでも寝られる人」も多いはずだ。

車中泊(しゃちゅうはく)も一度、チャレンジしてみるといいだろう。

 
●朝晩“巨人”に迎えられ一泊できそうなスポットとは…?!

そんな忙しい人たちでも“サクッと”一泊で行ける富士山周辺がある。まず、お薦めしたい場所は、朝霧高原(あさぎりこうげん)周辺だ。

高速を使えば、鎌倉からは約150キロ、東京からは約130キロ、約2時間30分で行ける。

有料道路を使わず下道で行った場合、距離はそう変わらず約3時間強で行けるのではないだろうか。

しかし、どれも道路の交通状況による。夜中や早朝に出発すれば、スイスイと進めるだろうが、途中、鹿などの動物には注意したい。


鎌倉から道の駅「朝霧高原」まで

まずぼくらが、5日ほど拠点となったのは、国道139号線にある道の駅「朝霧高原」だ。駐車場の収容数は72台(無料)。

道の駅にあるお店の営業時間は、8:00 ~ 18:30。

晩になると、“巨人”のようにそびえ立つのが富士山だ。早朝になると頭がカメラになったかのように、富士山が脳みそに焼き付けられるのだ。

道の駅「朝霧高原」 – 夜は“巨人”…早朝起きると富士山が朝日とともに“きれい~に”現れる。こんなところで、コーヒー片手に朝を迎えるのもいいね。

道の駅「朝霧高原」 – 夜は“巨人”…早朝起きると富士山が朝日とともに“きれい~に”現れる。こんなところで、コーヒー片手に朝を迎えるのもいいね。

トイレも綺麗で、飲食もこの道の駅「朝霧高原」でとることができる。朝霧ヨーグル豚の「肉丼」はうまい!

そして、おまけにソフトクリームまである。お薦めは富士山で採れる高山植物「こけもも」の実を使った「こけもも」とバニラのミックスソフトクリーム。甘く酸味ある味がしておいしい。

道の駅 朝霧高原 「こけもも」とバニラのミックスソフトクリーム

道の駅 朝霧高原 「こけもも」とバニラのミックスソフトクリーム

道の駅 朝霧高原 ミルクもおいしい

道の駅 朝霧高原 ミルクもおいしい

富士山ドーナツも。ただのドーナツではなく“はちみつ”入り…

富士山ドーナツも。ただのドーナツではなく“はちみつ”入り…

道の駅 朝霧高原 絵描きさんもあつまる

道の駅 朝霧高原 絵描きさんもあつまる

 
●クルマ泊…最低限なにを持っていけば楽なのか…

ぼくらバックパッカー夫婦は、クルマと原付で、富士山周辺の田舎を1週間以上、あらゆる道の駅を拠点にして散策した。

平然と「原付で」と言っているが…実は原付バックパッカー旅もお薦めだ。気になる脇道や小道へササッと入っていくことができるし、富士山近辺の渋滞に巻き込まれることもない。

誰もが「原付で遠出?!?大変じゃん!」っと考えてしまうが、「大変!」は一般論とイメージだけであり、なに事も一個人に合う合わないは、やってみないとわからないのだ。

最近の原付だと1リッターあたり、30~50キロぐらい走るので、燃費も最高に良いのだ。ただ、大変なのが“雨”のときだけだ。テントを持っていて、テント泊スポットを知っていれば…いや、テント泊スポットを開拓していければ、実はそう大変でもない。

神奈川から富士山への原付でのバックパッカー田舎旅ってのも楽しいもんだよ。ちなみに、2012年、鎌倉から徳島へ、原付で行ったこともあった。

神奈川から富士山への原付でのバックパッカー田舎旅ってのも楽しいもんだよ。ちなみに、2012年、鎌倉から徳島へ、原付で行ったこともあった。

 
話しはそれたが…

一泊であれば、最低限のグッズを持っていけばよい…

寝袋(シュラフ)、寝袋用マット、歯ブラシ、タオル、水だけをバックパックに詰めて、出発すればよいだろう。

早朝、缶コーヒーよりも贅沢な気分を迎えたい人は、クルマ泊用の湯沸かし器、インスタントもしくはドリップコーヒー、コーヒーカップを持っていくことをお薦めしたい。

富士山を眺めながら、コーヒー片手に“うろうろ”しながら、早朝を楽しむことができる。

ちなみに寝袋用マットとは、クルマ内の凹凸を可能なかぎり、フラットにするものだ。あくまでも“可能なかぎり”なので、完全なフルフラットは難しい。

4月下旬や5月上旬は、富士山周辺はまだまだ冷え込むので、コートや気温零下にも耐えられる寝袋を持っていきたいところ。

ちなみにぼくらが使っている寝袋はこれ。高値だが、今後も旅で活用するようであればお薦め。収納サイズは17センチ×34センチなので、コンパクトに収納できる。

一応追加だが、道の駅「朝霧高原」のトイレは言うまでもなく綺麗だ。基本、道の駅のトイレは綺麗なので、相当の潔癖症でない限り、女性も心配ないだろう。

翌日、早起きして、運が良ければダブルダイヤモンド富士を見に行きたいところだ…(続きは こちら

■次のエピソード
“ダイヤモンド”になった山 ~ 「おれは山の“こじき”だ!」と名乗りたくなる気持ちがわかる…早朝5時54分 ~

朝霧高原から“一日一歩”約80匹の鯉のぼりが世界遺産・富士山に登っているスポット ~子どもの日にサクッと家族で楽しめるバックパッカー×クルマ田舎旅~

ニッポンの田舎へのバックパッカー×クルマ旅: 一泊で旅する富士山麓・朝霧高原周辺4つ目のスポット「富士芝桜まつり」

 
 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking

こちらクリックを!


IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 鯉のぼり 富士山 Fish on Mt Fuji 約80匹の鯉のぼりが朝霧高原から富士山へ 『子どもの日』に家族で…
  2. ダブル ダイヤモンド富士 田貫湖 たぬきこ キャンプ タイミング 「おれは山のこじき!」と名乗りたくなる気持ちがわかる早朝5時54…
  3. 【最高の車中泊旅が楽しめる】富士山麓「朝霧高原」スポット総集編 …
  4. 朝霧高原 富士山 バックパッカー 車中泊 車旅 バンライフ 一泊で旅する富士山麓・朝霧高原周辺4つ目のスポット「富士芝桜まつ…
  5. 奥能登に新たな旅人スポット道の駅「あなみず」 オープン ~ 冬 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

ロカフレ 移住者 穴水町 能登 【メディア掲載】『ロカフレ』に登場!来年4月 穴水町移住予定の“ぼり”さんが取材 マイクロソフト ユニバーサル・モバイル・キーボード 出張 パソコン 不要 スマホで十分 仕事 【田舎でITレビュー】短期間の出張「旅」 モバイル周辺機器で仕事を快適に その1 – キーボードとスマホ 【田舎で仕事 ‐ 広報】徳島県上勝町の“葉っぱ”ビジネス『いろどり』の広報サポート 安倍大資, バンライフ, 暮らし 移動型 定住 移動しながら暮らす, 田舎バックパッカーハウス, vanlife 【メディア掲載】バンライファーに“転職”した元日経記者・安倍大資さんのフルエール『バンライフ第一人者・中川生馬さん 〜「泊まれる駐車場」の理念とは』 上勝町 紅葉 “葉っぱ”の町へ再び…バックパッカー✖クルマ“私事”旅

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
フジテレビ めざまし8 AU,AU電波障害
  1. 穴水町 小学校 統合, 向洋小学校, 小学校 説明会
  2. inaka backpacker japan
  3. 穴水 車中泊, 石川県 バンライフ,北陸 バンライフ, 中川生馬
  4. 穴水町 車中泊,石川県 車中泊,石川県 バンライフ,ふれあいパーク
  5. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, child in the countryside japan

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
【能登での田舎暮らし】石川県穴水町の小学校の統合に関する説明会 7月14日開催 そもそもなぜ統合ありきで話しが進んでいるのか?
day 70.1 石川県輪島市 3ヶ月滞在予定が20年以上に 田舎の森の中に住み“デザインを冒険する”漆芸作家スザーン・ロスさんとの出会い
脚本執筆のために「田舎バックパッカーハウス」シェアハウスに滞在したConnor Jessup(コナー・ジェサップ)の新作ドラマ
【星空旅スポット】能登・穴水町で『天の川』 ~ 街灯がない地方の魅力 ~
石川県穴水町のシェアハウス兼“住める駐車場”車中泊スポット「田舎バックパッカーハウス」< 公式概要と利用料金について>
day 52 高知県 沖の島の『赤い有名人』1 ~ 自己ブランドを構築する荒木健吉さん ~
【田舎バックパッカーハウス】能登半島・石川県穴水町の田舎暮らし体験シェアハウス、長期間 車中泊滞在“バンライフ移住”可能な<住める駐車場>『バンライフ・ステーション』について
【能登での田舎暮らし】添加物賛成・反対派に関する質問をみて 結局 添加物ありがいいの?なしがいいの?
day 70.4 輪島塗の現状 ~ 輪島に残れない輪島塗に熱心な次世代 ~
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。