Mt. Fuji Japan's World Heritage Site - 世界遺産 富士山

「おれは山のこじき!」と名乗りたくなる気持ちがわかる早朝5時54分 ~ ダブルダイヤモンド富士はいつ頃見られるの? ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ダブル ダイヤモンド富士 田貫湖 たぬきこ キャンプ タイミング

さて、前回のストーリーに続き、道の駅「朝霧高原(あさぎりこうげん)」を起点にして、ぼくらバックパッカーが早朝向かったのは、田貫湖(たぬきこ)だ。

ぼくらはここで初めて、「おれは山の“こじき”だ!」と自らを名乗った人とも出会い、彼とは富士五湖の一つ本栖湖(もとすこ)の撮影スポットでも遭遇した。

ダブル ダイヤモンド富士 田貫湖 たぬきこ【田貫湖(たぬきこ)からのダブルダイヤモンド富士(2013年4月27日撮影)】

っが…「おれは山の“こじき”だ!」と名乗りたい気持ちがなんとなくわかる早朝5時54分だった。

道の駅「朝霧高原」から11キロ離れている田貫湖(たぬきこ)。ランニングが好きであれば、田貫湖で心地よい朝を走ることができる。

ダブル ダイヤモンド富士 田貫湖 たぬきこ【田貫湖(たぬきこ)からのダイヤモンド富士に多くのカメラマンが集まる。ぼくらの隣には、「自分は山の“こじき”だ!」と名乗り、車中泊(しゃちゅうはく)しながら、十年以上、富士山麓で富士山の撮影だけをしている人もいた。ダイヤモンド富士を見ると…理由なく富士山に魅了される気持ちもわかる。その人とは富士山撮影で、3回ほど、その他の富士山撮影スポットで出会った】

今の時期、4月20日から4月27日にかけて、運が良ければ田貫湖でダイヤモンド富士が見られる場かもしれない。

ダブル ダイヤモンド富士 田貫湖 たぬきこ キャンプ

道の駅「朝霧高原」で、「こんにちは!」と声をかけた人の中に、「1週間いたけどダイヤモンド富士が撮れなかった…」とクルマで東京へと帰っていった人がいた。人は天候をコントロールできない…それほどダイヤモンド富士を撮影するタイミングというのは難しいのだ。

ぼくらは朝霧高原の芝桜を見に行き、先へと進む予定だったが、「そうか…田貫湖でダイヤモンド富士がこの時期見られるのかぁ…」っと考え始め、プラン変更、翌日早朝、田貫湖へ行ってみた。

すると!タイミングがばっちり“ダイヤモンド富士”の瞬間だったのだ。


道の駅「朝霧高原」から田貫湖まで。田貫湖のキャンプ場で一泊するのも良いが結構寒い

ぼくらは、田貫湖に4:30AMに到着し、田貫湖の南キャンプサイトから歩いて、ダイヤモンド富士の撮影スポットへ。富士山がダイヤモンド富士になりかけたのは、5:54AMごろだった。

夜は「おっ!?今夜も見られてる!?」っと思ってしまう、どでかくそびえ立つ“巨人”な富士山だが、朝焼けは「うぉ~!!」の一言。

ここ田貫湖には、「おれは山の“こじき”だ!」と自らを名乗り、車中泊(しゃちゅうはく)しながら、長年、富士山麓で富士山の撮影だけをしている人もいた。(続きはこちら

ダブル ダイヤモンド富士 田貫湖 たぬきこ【田貫湖(たぬきこ)キャンプ場に4:30AMに到着。まだキャンプ場でテントを張っている人たちは寝ている】

ダブル ダイヤモンド富士 田貫湖 たぬきこ 【田貫湖(たぬきこ) – ダイヤモンド富士になる…】

ダブル ダイヤモンド富士 田貫湖 たぬきこ 火口【田貫湖(たぬきこ) – ダイヤモンド富士の火口】

ダブル ダイヤモンド富士 田貫湖 たぬきこ【田貫湖(たぬきこ) – ダブルダイヤモンド富士】

ダブル ダイヤモンド富士 田貫湖 たぬきこ【田貫湖(たぬきこ)でダイヤモンド富士を撮影し、ひと“私事”終わらせて次の目的地へ。キャンプ場にテントを張って寝ていた人たちも起き始めた】

ダブル ダイヤモンド富士 田貫湖 たぬきこ キャンプ

ダブル ダイヤモンド富士 田貫湖 たぬきこ【田貫湖(たぬきこ) – タイミングが合致すれば、南テントサイトから抜群のダイヤモンド富士を見ることができる】

ダブル ダイヤモンド富士 田貫湖 たぬきこ キャンプ

■ 前回のエピソード
日本を代表する“巨人”が迎えてくれるスポット道の駅「朝霧高原」での朝晩 ~ サクッとに行く日本の世界遺産への田舎バックパッカー×車旅 ~

■ 次のストーリー
朝霧高原から“一日一歩”約80匹の鯉のぼりが世界遺産・富士山に登っている!? ~子どもの日にサックっと楽しめるバックパッカー×クルマ田舎旅~

ニッポンの田舎へのバックパッカー×クルマ旅: 一泊で旅する富士山麓・朝霧高原周辺4つ目のスポット「富士芝桜まつり」

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 

シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフ・ステーション, 住める駐車場, 能登, 穴水町, 車中泊 お知らせ:『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、住める駐車場/車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!
Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 【お知らせ】牡蠣<かき>販売のサポート開始!
水揚げ直後の牡蠣<かき>があなたの手元に最速翌日届く!能登半島の“奥” 石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>を購入!鮮度抜群なので、牡蠣ならではの臭みなし!

関連記事

  1. 道の駅「朝霧高原(あさぎりこうげん)」から富士山を眺める田舎バックパッカー ニッポンの大いなる“巨人”が迎えてくれるスポット道の駅「朝霧高原…
  2. 鯉のぼり 富士山 Fish on Mt Fuji 約80匹の鯉のぼりが朝霧高原から富士山へ 『子どもの日』に家族で…
  3. 朝霧高原 富士山 バックパッカー 車中泊 車旅 バンライフ 一泊で旅する富士山麓・朝霧高原周辺4つ目のスポット「富士芝桜まつ…
  4. クルマ一泊マイペースで楽しめるバックパッカー田舎旅: 富士山麓「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

【メディア掲載】“超変化球”で静岡や室蘭などの地方紙に奥能登の「田舎バックパッカーハウス」の「バンライフ・ステーション」が!? Hiace solar panel ハイエース ソーラー 田舎旅: 冬の“ソーラー”重視のクルマ旅 どこへ? ~ 一式と一石二鳥的メリットとは ~ 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan 田舎へのバックパッカー旅の背景『ぼくの人生 これでいいのか』の自問自答 中日新聞 車中泊で白山麓の旅を 企業、大学、住民連携 密のない交流 発信 【メディア掲載】中日新聞1面トップ『車中泊で白山麓の旅を 企業、大学、住民連携 密のない交流 発信』 中日新聞 大堀悟 Obori Satoshi on Chunichi Newspaper 【メディア掲載】中日新聞「先輩移住者に共鳴、穴水へ」 移住者が新たな移住者を“呼ぶ”

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

石川テレビ バンライフ ishikawa tv vanlife media
  1. Carstay CMO 田端信太朗 資金調達
  2. ドキュメント ユーチューブ 能登 石川県 穴水町 中川生馬 取材
  3. kinto carstay キャンピングカー プレゼント
  4. 福岡県 小呂島

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP