Noto Anamizu Iwaguruma - 能登 穴水町 岩車

能登での田舎暮らし: 穴水町岩車にカフェ?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
creative coffee shop countryside in Japan

「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」や「クリエイティブ“田舎”ワークスペース」で、「移住先の家の近くにカフェってあるの?」と聞かれたとき、ぼくは「最高のカフェがあるよ!」「コーヒーもってこっちおいでよ!」と答える。

creative coffee shop countryside in Japan

岩車の漁港は、“自身でつくる”最高の『散歩カフェ』になる。

新たなものをつくらなくても、一つのアイテム コーヒーを持っていくだけで、ときには、ここがカフェになってしまう。

creative coffee shop countryside in Japan

ありのままの田舎の自然そのままの田舎を活用したカフェ。こんなスタイルがあってもいいんじゃないの?

コーヒー屋さんに行きたければ、町へ行けばいい。せっかくだから、“田舎ならでは”を活用したものをつくりたいよね。

岩車の“家”で、準備するものは、焙煎してあるコーヒー、ドリップの容器、フィルター、お湯だけ。紙コップは“自然資源”がもったいないから使わない。

creative coffee shop countryside in Japan

コップはお客さんが持参したらいいし、リユースショップで購入。マイカップは家で保管するのも可能。

これだけ、豊かな現代、多額の資金をかける必要はない。

creative coffee shop countryside in Japan

そんな感じで、テイクアウトで美味しいコーヒーを販売、もしくは、自分でコーヒーをつくる場を用意してあげて、村全体を昔ながらの日本景観“観光スポット”にし、散歩してもらう。

creative coffee shop countryside in Japan

それだけで、岩車へ来たことに満足してもらえるんじゃないかとも思う。リラックス感を求めて田舎の村へ来て...「田舎でのライフスタイルもいいんじゃないかなぁ」「田舎っていいなぁ」と、ふと思ってくれたら、田舎バックパッカーのミッション的には、それでいいと思うなぁ。

こんなコーヒーショップがあってもいいんじゃないかなぁ~と考え、この展開やろうかなぁと思う今日この頃。

creative coffee shop countryside in Japan

creative coffee shop countryside in Japan

creative coffee shop countryside in Japan

 

ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. 海鼠 グロテスクな食べ物 day 69 石川県穴水町 海鼠(ナマコ)の“宝庫”だがR…
  2. 能登・穴水町岩車(石川県) - 今まで気づかなかったけど、まさかこんな身近に...家の庭に蕗の薹(フキノトウ)が咲くとは。来年は料理するだろうなぁ。ここから蕗が咲いて保存食もできるそうだよ 能登の里山には自然な食材が豊富 ~ 庭に咲く蕗の薹(フキノトウ)…
  3. 能登の田舎岩車でコナー・ジェサップ製作映画『Lira’…
  4. 穴水北糧 穴水町 谷内 day 67 石川県穴水町 後継者不足は地方の悩みなのだろうか?…
  5. 田舎体験 能登 穴水町 【田舎ライフスタイル体験 in “里山&里海”能登・穴水町】 D…
  6. 田舎で『感受性』豊かに…
  7. オークション 農機具 能登で農機具 オークション ~ “廃材”で2カ月約20万円以上?…
  8. 外国人 海外 移住者 穴水町 石川県 foreigner in ishikawa どこにでもあるような東京よりもリアルな“日本”を見たい ヨーロッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

Lamp no Yado Blue Cave in Ishikawa Noto Japan 石川県 珠洲市 能登 ランプの宿 青の洞窟 『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ バックパッカー夫婦 写真 day 6 石川県 津幡の焼肉屋「カルビ大将」で約4時間30分、今夜はどこでテント泊?! living trial in Anamizu Ishikawa 穴水町 移住体験 体験住居 day 15 奥能登一周中 穴水町を半日散策後、金沢へ countryside japan costs 田舎暮らしの費用 【能登での田舎暮らし】田舎暮らしって本当に安いの?高いの? Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人 石造り 島 サントリーニ島 キャンプ テント day 50.1 高知県沖の島 風速18メートル弱 転覆しそうな定期船に揺られ

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
asahi national daily newspaper vanlife 朝日新聞 バンライフ
  1. 海 プール 田舎暮らし 遊び場 穴水町 岩車 石川県 能登
  2. 日経 AR 記事

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
【能登での田舎暮らし】主婦の財布に優しすぎる 新鮮&格安スーパー『どんたく』対『江ノ島』
長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリーも
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
day 85.4 長崎県 五島列島・宇久島の隣にある人口14人の寺島へ ~14人…どんな島なのだろうか…ポットホールとは一体なんだ?!~
day 81 長崎県大瀬戸町『岡﨑製パン所』を見学 そして 次の旅先へ
【能登での田舎暮らし】添加物賛成・反対派に関する質問をみて 結局 添加物ありがいいの?なしがいいの?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。