2011.01: <北陸>石川県穴水町での田舎暮らし

day 70.6 輪島塗の展示方法やプレゼントにも工夫を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

能登・輪島市(石川県) – (6話目) 「ただ、漆器を棚に置いておくだけではつまらない」。単純に完成したものを並べるだけでは、飾り物で終わってしまう。日常の生活で漆器の活用をイメージさせるような、展示方法が大切だ。

石川県輪島市 - 朝市にあるお店に並んだ輪島塗の漆器。漆器を活用できるイメージの提案が重要になってくるだろう。「これを使うと、どんな体感がえられるのか...」

石川県輪島市 – 朝市にあるお店に並んだ輪島塗の漆器。漆器を活用できるイメージの提案が重要になってくるだろう。「これを使うと、どんな体感がえられるのか…」

夫婦向けや家族向けのセット売りなど、売り方や展示の仕方も考えなければいけない。

例えば、現代社会は、子持ちの家族が少ないので、夫婦セットにして、結婚記念日のプレゼントとしても使える。まず「漆器を使ってもらい、身近に漆器と触れ合ってもらう」ことから始めなければいけない。輪島塗を普段の生活に溶け込ませること、生活にあるべき器をイメージさせることが重要だ。

スザーンさん家庭では18年も使っているお椀もあるそうだ。「漆器は長持ちする。毎回、同じ漆器を使うと、作ってくれた人を思いだす。もらってよかったと嬉しい気持ちにもなる。

スザーンさんの子どもも彼女が作った漆器を使っている。将来、別々に暮らす日が来たとしてもきっと漆器を見るたび、お母さんのことをきっと思いだすだろう。
プレゼントされると、毎回自分のことを思い出してくれる。

展示の場で、そんな嬉しさを提案する説明があっても良いかもしれない。

石川県輪島市 - 輪島塗の器でコーヒーを飲めたら...雰囲気感じるだろうし、上質感あっていいね。「塗太郎」でコーヒー(こちらhttps://goo.gl/maps/VhL9jQaJRZ82)

石川県輪島市 – 輪島塗の器でコーヒーを飲めたら…雰囲気感じるだろうし、上質感あっていいね。「塗太郎」でコーヒー(住所はこちら

また、輪島が一体となって連携し、お互いのよさを組み合わせて、メッセージを発信することも重要。例えば、輪島内のレストランで輪島塗の食器セットを使用する。活用をイメージさせる展示だ。

訪問者に輪島塗の食器セットの良さをわかってもらうためだ。石川県全体で展開しても良いかもしれない。(続きはこちら

<前回のエピソード『輪島塗にオリジナルの技法を…独自の付加価値を』>

<次回のエピソード『輪島塗を活性化させたいスザーン・ロスさんの取り組み』>

 

ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. ishikawa wajima ryushoji temple self-sufficiency 輪島 龍昌寺 半自給自足 暮らし 村田和樹さん <写真で見る>田舎体験 3日目 最終日 輪島・与呂見 半自給自足…
  2. day 8 石川県輪島から舳倉島に行けるのか
  3. day 9 石川県輪島 舳倉島への船、今日も欠航…とりあえず能登…
  4. day 10.2 石川県舳倉島(へぐらじま)に到着
  5. モリ+クモ食堂 「毎日ここで“ゆった~り”過ごしたくなる…」空間ある…
  6. day 7.3 石川県輪島市袖ヶ浜海水浴場で雷雨の中 テント泊 …
  7. day 10.4 <写真で見る>石川県舳倉島の渡り鳥 / Pho…
  8. スザーンロス day 70.5 輪島塗と独自の技法でデザイン“Power of…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

能登・穴水町岩車(石川県) - バックパッカー中川生馬の娘 【メディア掲載】ラジオ 文化放送<AM1134>に登場!田舎でホントやっていけんの?! 長崎 桜町公園 where to set up a tent in Nagasaki day 80 長崎県 桜町公園で早朝から雪で零下テント!?どうする?! Connor Jessup in Noto Anamizu Japan コナージェサップ 石川県 能登 穴水町 珠洲 日本 【田舎で仕事】カナダ出身の映画監督 コナー・ジェサップが写真で語る能登『仕事の合間』 スザーンロス day 70.3 予想外の日本滞在約20年 「ペンキ塗りは得意、3ヶ月で輪島塗をマスターできると思った」と漆芸作家スザーン・ロスさん 穴水町 どんたく スーパー 鮮魚 ぶり あじ イカ 【能登での田舎暮らし】1~2人前ブリ「のと寒ぶり」500円!?娘と2人で手巻き寿司

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
バンライフ 暮らし 移動型 定住 移動しながら暮らす vanlife
  1. asahi national daily newspaper vanlife 朝日新聞 バンライフ
  2. 海 プール 田舎暮らし 遊び場 穴水町 岩車 石川県 能登

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
グルメ旅人お薦め 豪徳寺のイタリアン『テアトロアッカ』 新宿駅からわずか15分
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
穴水の牡蠣食堂『コースト・テーブル』や珠洲の海女食堂『つばき茶屋』、テレ東『出川哲郎の充電させてもらえませんか?』に登場
『田舎バックパッカーハウス』のシェアハウス&オフィスと、長期間 住める駐車場<車中泊スポット>『バンライフ・ステーション』について<まとめ情報>
【星空旅スポット】能登・穴水町で『天の川』 ~ 街灯がない地方の魅力 ~
【田舎旅】サブバッテリーの走行充電ができないとき、確認したいポイント
奥能登・穴水に移住看護師がオープン かき氷カフェ『ウミネコパーラー』
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。