東京からわずか約1時間30分!美味な約10割蕎麦『そばきり 仁』今年も築400年の能登天領庄屋でオープン – 展示会も5月から

能登・能登町(石川県) – 2017年も、能登町の築400年以上の歴史ある天領庄屋「中谷家(なかたにけ)」で、“あの”昔ながらの美味い蕎麦屋『そばきり 仁』が再オープンしている。

中谷家 蕎麦 そばきり仁

歴史ある天領庄屋の囲炉裏 空間で、輪島塗の御膳にのった「そばきり 仁」の蕎麦を食べていると、『江戸時代に戻ったのか?!』と、江戸時代を経験したことがないのにも関わらず、ついつい空想の世界にまで入ってしまう。

ここ中谷家で、そんな“美味”な食体験ができる。

中谷家 蕎麦 そばきり仁 小林仁

田舎/地方暮らしや“イナ旅”で間違いない自然食材を食べている田舎バックパッカーがお薦めする蕎麦だ。

蕎麦の味は…絶品で間違いない。またそばの実から挽いた蕎麦だけでなく、蕎麦の汁も最高だ。

新年、鎌倉に帰り、美味しいと言われている蕎麦を食べたが、「ん〜美味しい?!やっぱ『そばきり 仁』じゃない?!」と思ってしまった。

「そばきり 仁」は今年3月18日(土)から、既に“ちょい”寒い中、オープンしている。

能登もようやく“春”を迎え、段々と暖かくなってきた。

冬は奥能登の中でも、格別に寒いここ黒川地区だが、夏は本当に心地良く涼しい空間となるここ「中谷家」。

中谷家 蕎麦 そばきり仁 田中秀宗 kyah Japanese Historical House noodle soba in Noto Peninsula Noto Town

能登の里山の幸 山菜も芽を出し始め、旬の山菜天ぷらも味わうことができる。

天ぷらは時期によって中身が異なるが、今の時期なら、高級山菜タラの芽など、能登の里山の幸の天ぷらも食べられる。

江戸時代の歴史を体感できる日本的雰囲気だけでなく、能登の里山を思う存分に感じられる場所でもある。

中谷家 蕎麦 そばきり仁 小林仁

「そばきり 仁」の蕎麦“シェフ”小林仁さんは神奈川県横浜市から能登に移り住んで25年以上経つ“ベテラン”移住者。蕎麦の修行は10年以上。今年は奥さんの恵さんもサポートに入っている。

 

そばきり 仁の概要

※2017年4月現在

営業期間: 2017年は3月18日(土)から11月下旬ごろまで
※冬、黒川地区は雪深くなるため、毎年、寒くなり始める前に閉めて、春の始まりに再開する。
営業時間: 10:00~16:00(コーヒーは10:00~、蕎麦は11:00から)予約可。リクエストに応じて、夜の予約も可能。
定休日: 水曜日(5月から火曜日と水曜日。イベント開催期間中は無休)
場所能登天領庄屋中谷家 (石川県鳳珠郡能登町字黒川28−130)
電話: 080-5876-0020
メールjin-k1113(あっと)ezweb.ne.jp
席数: 約20人。中谷家の風情ある囲炉裏の部屋や土間などを活用。
駐車場: 約20台(バスも駐車可能)
アクセス
・羽田空港から飛行機で約1時間30分(こちら
・能登空港からクルマで約20分前後(こちら
・奥能登の終着駅・穴水駅からクルマで約30分(こちら
・金沢駅からクルマで約2時間(こちら

中谷家 蕎麦 そばきり仁 蕎麦 Japanese Historical House noodle soba in Noto Peninsula Noto Town

中谷家 蕎麦 そばきり仁

中谷家 そばきり仁 メニュー

そばきり 仁のメニュー(税込)(2017年4月現在)

● もりそば・かけそば – 800円、大盛 1,100円
● 鴨汁そば – 1,300円、大盛 1,600円
● 鴨南蛮 – 1,300円、大盛 1,600円
● もりそばセット(デザート“ム”付き) – 1,100円
● 天ぷら – 500円(旬の里山幸“山菜”)
● デザート“ム” – 300円
● コーヒー – 400円
● チーズケーキ – 400円
● 日本酒 – 600円/一合
● ビール – 中瓶 500円
● ジュース – 300円

「そばきり 仁」は、2年前まで、穴水駅前で営業していたが、去年から、能登半島の先っぽ「奥能登」の真ん中にある能登町黒川地区の「中谷家」に拠点を移し、「中谷家」の台所エリアを飲食用途に改修して、新たにオープンした「そばきり 仁」。

去年、5年振りに再オープンしたばかりの「中谷家」、そして同時に「そばきり 仁」や「縁側カフェ」の営業も開始した。

「能登ものづくり展」など、能登の作家の展示会も開催している。

中谷家 蕎麦 そばきり仁  Japanese Historical House

2年目となる2017年、「中谷家」全体ではどのような展開を図るのか、楽しみだし、蕎麦の仁さんには頑張って欲しいなぁ。引き続き、田舎体験で来る人たちを連れていこうと思う。

能登天領庄屋 中谷家 展示会 Nakatani House Exhibition

ちなみに現在、「中谷家」で予定しているイベントは、5月1日から5月7日までの黒川地区で合鹿椀をつくっている大宮静時(おおみや せいじ)さんと、能登に自生するクロモジのエッセンシャルオイルなど里山資源を有効活用した製品づくりを行っている佐野禎宣(さの よしのぶ)さんの展示会『能登の里山から生まれたもの展』。

能登天領庄屋 中谷家 展示会 Nakatani House Exhibition

その後、6月11日~18日の間は、珠洲の油絵作家 加藤茂さんの『能登を描く』を開催する予定だ。

実際の油絵は見たことがないが、この写真からわかるとおり、一見「写真かな?!」と思っってしまうほど、かなりリアルな表情を描いている。

能登ものづくり展 大宮静時 seiji omiya exhibition in Ishikawa

能登ものづくり展 大宮静時 seiji omiya exhibition in Ishikawa

大宮静時さんの作品は、ぼくが今一番惚れ込んでいる迫力ある力強い漆器作品。力強く見えても器は軽い。

能登町 中谷家 そばきり 仁

『そばきり 仁』、 能登の“ちょい”世界遺産的な屋敷…築約400年の天領庄屋『中谷家』で再オープン ~ “深味あるIターンとUターンおじちゃん”の奥能登コラボ ~

能登町 中谷家 そばきり 仁

「そばきり 仁」“最高の蕎麦”を“最高の一枚板”で 能登の新たな場所で来春再オープン 穴水町から移転

能登町 中谷家 ものづくり展

能登ものづくり展 天領庄屋『中谷家』で開催! 『縁側カフェ』もオープン!

東京・羽田空港から能登空港までの“空旅”は約1時間、能登空港から中谷家「そばきり 仁」まではクルマで約30分。

能登旅では欠かせない 江戸時代の雰囲気と“食”が同時に味わえるスポットの一つだ。

“ただの”蕎麦好き、蕎麦“マニア”、“超”蕎麦好きは、「そばきり 仁」の蕎麦はマストで味わうべき。

とにかく!あらゆる“蕎麦な人たち”!?にお薦めしたい!

中谷家 蕎麦 そばきり仁  チーズケーキ Japanese Historical House

中谷家 蕎麦 そばきり仁 デザート ム Japanese Historical House noodle soba

能登へ旅するなら…まずは

中谷家 蕎麦 そばきり仁  ものづくり展 Japanese Historical House

中谷家 蕎麦 そばきり仁  蕎麦の実 Japanese Historical House noodle soba

中谷家 蕎麦 そばきり仁  小林仁 Japanese Historical House noodle soba in Noto Peninsula Noto Town

中谷家 蕎麦 そばきり仁 田中秀宗 kyah Japanese Historical House noodle soba in Noto Peninsula Noto Town

中谷家 蕎麦 そばきり仁 昔ながらの電源 Japanese Historical House noodle soba in Noto Peninsula Noto Town

能登ものづくり展 中山昌果 masaka nakayama exhibition in Ishikawa

能登ものづくり展 大宮静時 seiji omiya exhibition in Ishikawa

毎年10月に開催している『天領庄屋 中谷家 能登ものづくり展』を開催している。上の作品は珠洲の中山昌果さん、下の写真は大宮静時さんの作品。

中谷家 蕎麦 そばきり仁 Japanese Historical House noodle soba in Noto Peninsula Noto Town

「中谷家」の中谷直之さん(右)と龍昌寺(りゅうしょうじ)住職の村田和樹さん。

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

inaka-backpacker

日本の田舎/地方をバックパッカー旅する中川 生馬(なかがわ いくま)。バックパッカー✖ハイエースがベースの“動く拠点”(ファミリーワゴンC)で、聞いたことがない田舎を旅して、そこでのライフスタイルを探求する。ときには、飛行機、電車、夜行バス、スクーターなどの乗り物のテクノジーも活用。    旅先は基本、これまで聞いたことがない田舎/地方のマイナースポット。 小学校・中学校のころ、社会科で使用していた帝国書院の地図をパッと開き、「ここは聞いたことがない!」と思た場所。途中、『ここもいいねぇ~』と“気になるスポット”を見つけたら、寄り道して、“気になるスポット”も探求する。トラベルスタイルは自由奔放。     基本、旅先の事前調査などはせず...現地の人に話しかけながら、一歩づつ進む。     約10年間の東京や鎌倉での会社中心の生活を経て、2010年10月から、会社中心以外の新たなライフスタイルを探求したく、都会での生活を離れ、“聞いたことがない”日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅へ。     「自分が過ごしたいライフスタイルは、これまで過ごしてきた場所以外にあるかもしれない、自身で体感したい」「ライフスタイルやワークスタイルにもっと選択肢はないのか?」という疑問を抱き始め、旅歩くことを始めた。旅先の田舎で出会う人々とコミュニケーションをとり、より自身に合いそうな田舎でのライフスタイル(暮らし方)を探す...     仕事面に対しては『約10年、企業で培ったスキルをフル活用、今後も仕事して学んでいくから、仕事はなんとかなるだろう!』という楽観的な考え方。バックパッカー旅への初めの一歩を踏み出す。     気になる...知らない...スポット...日本の“マイナー”スポットだからこそ発掘しがいがあるのだ。「日本のマイナーな田舎/地方を発掘、そこでのライフスタイルも実感する、そして人生/ライフスタイルの選択肢は幅広いことを多くの人に届ける」ことを、ぼく自身を軸に発信する。     ITベンチャー、国内独立系最大手の広報代理店 共同ピーアール株式会社や、電機とエンタテインメント世界大手企業 ソニー株式会社などで広報職を経て、フリーランスで独立。     2013年5月、能登の岩車(石川県鳳珠郡穴水町)に移住。大抵、ぼくと同年代であれば、“仕事ありき”で移住することが多いが、『自身のスキルと現在のテクノロジーをフル活用すればなんとかなる!』という、漠然とした根拠と楽観的な考え方から二歩目を踏み出す。     移住後、自身のスキルをフル活用し、東京のベンチャー起業・地方/田舎の小規模企業などの広報、ライター、執筆・撮影・基盤構築含めたウェブ制作、海外の著名人への取材依頼・現場取材・ラフ原稿執筆含めた取材コーディネート、ブロガーとして活動を開始。   能登では、地元の人たちと連携して「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」、「田舎旅するショッピング」として地元の海産物の販売サポートなども行っている。     フリーランスや田舎バックパッカーとしての主な持ち物は...テント、寝袋、自炊道具、衣類など生きるために必要な道具。そして、メモ帳、スマートフォン『Huawei Mate9』、タブレット『Surface Pro 3』、ミラーレス一眼レフカメラ『ソニーα6000』、一眼レフカメラ『キャノン7D』、ICレコーダーなどのIT/ガジェットグッズ。     鎌倉の深沢中学校卒業後、1994年、15歳のときに1人、アメリカ・オレゴン州のValley Catholic High School(バレー・カトリック高校)へ。半自給自足生活をする家族と3年間暮らす。2001年に同州・オレゴン大学を卒業。約8年弱のアメリカでの田舎暮らしを経て、帰国。     現在の拠点は能登の岩車(石川県鳳珠郡穴水町)の古民家(家賃1万円)と、ハイエースがベースの“動く拠点”『ファミリーワゴンC』。家族3人で暮らしている。1979年生まれ。     働き方/ワークスタイルは基本『とにかく自由奔放』で、いずれ、常に移動して暮らすことが定住のような『遊動民』的なライフスタイル『移動型定住』を目指している。

コメントを残す