Noto Noto Town - 能登 能登町

奥能登の“天空”スポット ~ バックパッカーじゃなくても行きたい奥能登 里山の穴場 ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

能登町には“奥能登の天空”を眺めることができ、知る人ぞ知る能登の自然がつくった天空テラスの穴場スポットがある。

能登の地元の人でも知っている人は少ないだろう。

標高約70~90メートルの凝灰岩の山で、能登ならではの開放感を体感することができる“天空テラス”のようなハイキング/トレッキングコース『ヒデッ坂』だ。

“天空テラス”のようなハイキングコース『ヒデッ坂』で海が見えるスポットがある。

“天空テラス”のようなハイキングコース『ヒデッ坂』で海が見えるスポットがある。

その昔…遡ること約2千万年前、日本海側で火山活動が起き、日本海が開いて日本列島の原型が誕生。その火山灰、砂などあらゆるものが蓄積し、凝灰岩の山となったのがこの『ヒデッ坂』。

『ヒデッ坂』は上杉謙信の戦国時代より前から、村から村への尾根道として使われていた。

名前の由来は坂が「ヒデー/ひどく」急だったことから『ヒデッ坂』となった。

“天空テラス”『ヒデッ坂』、実に開放感あるスポットである。

“天空テラス”『ヒデッ坂』、実に開放感あるスポットである。

開放感ある能登の天空テラス“ヒデッ坂”

忙しい日々から開放され、『ヒデッ坂』でのんびり能登の自然テラスを体感するのも心が癒される。

こんな空間ある天空スポットで誰にもじゃまされることなくBBQや、テントを張って星空を眺めながら寝ることができたら心落ち着くだろう。

“天空テラス”のようなハイキングコース『ヒデッ坂』で海が見えるスポットがある。

今年の秋頃、この能登の天空スポットで机をだして、フリーな“私事(しごと)”合宿、日中は紅葉を楽しみ、夜はテントを張って、星空どころか流れ星を眺めて、写真を撮る…

今秋、『ヒデッ坂』の紅葉がどんなものなのかもチェックしたいところだ。

このスポットの活用方法はいくらでもあるだろう。

木郎歴史古道。ヒデッ坂は尾根道のトレッキングコース

木郎歴史古道。ヒデッ坂は尾根道のトレッキングコース

『ヒデッ坂』または珪化木公園からのトレッキングコース

約9キロのトレッキングコースにもなっている。尾根道なので、常に山頂を歩いている感じで気持ちよく、能登ならではの標高の低さとスペース感を味わうことができる。

その途中、全国的にも数少なく、能登唯一と思われる植物の化石珪化木(けいかぼく)がある。

能登町の『ヒデッ坂』または珪化木公園にある珪化木(けいかぼく)

能登町の『ヒデッ坂』または珪化木公園にある珪化木(けいかぼく)

能登町の『ヒデッ坂』または珪化木公園にある珪化木は、火山活動時、火山噴出物に埋もれた木が化石化されたもの。

触ってみると…「これ本当に木なの?」と思ってしまうほど硬く、細長い“石”のようである。

珪化木(けいかぼく)の木目

珪化木(けいかぼく)の木目?

『ヒデッ坂』 初めての人は…

『ヒデッ坂』は“穴場”の絶景天空スポットなので見つけにくい。初めての人はガイドの天野さんに連絡するのがベストだろう。

【能登町木郎歴史古道ウォーキング案内センター問い合わせ先】
●住所: 石川県鳳珠郡能登町秋吉6-70
●電話: 090-3293-0060
●案内人: 天野登さん

『ヒデッ坂』について

『ヒデッ坂』について

最近、能登町の補助金を活用して整備したらしいが、地元の人でさえあまり知らない奥能登…能登町の絶景スポットではないだろうか。

ちなみに、ヒデッ坂では、ソフトバンクの携帯電話やドコモ回線を使ったWiFiルーターを活用することができた。

トイレは、ヒデッ坂側のアマメハギ公園にある。

一番上の珪化木を見るには長い道のりの階段を登ることになる。

珪化木公園の珪化木を見るには何百もの階段を登ることになる。

案内人の天野登さんにお願いすれば、こんなスポットも紹介してくれるだろう。

案内人・天野登さんにガイドをお願いすれば、凝灰岩が地蔵のような形をしたスポットも紹介してくれるだろう。


『ヒデッ坂』の位置はこのあたり。

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking

こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. <写真で振り返る>“牡蠣だらけ”の『“ざっくばらんな”田舎ライフ…
  2. そばきり仁 中谷家 蕎麦 小林仁 能登への旅人たち、“不思議な現象起きる”能登町中谷家の蕎麦屋『そ…
  3. 石川県 能登町 PEACE ライダーズマリンベース イナ旅: 白山から奥能登への半日“ちょい”クルマ旅(寄稿)
  4. 田舎 里山 シンガー チョージ Choji “田舎”シンガーのチョージさん 奥能登 天領庄屋「中谷家」でライ…
  5. soba noodle in Notocho Wajima Ishikawa 中谷家 能登町 輪島 穴水 蕎麦 そばきり 仁 中谷家 『そばきり 仁』 築約400年 能登の“ちょい”世界遺産的な屋敷…
  6. 木村聡 能登町 協力隊 田舎時間 『田舎時間』木村聡さんファミリー 13年の能登との交流を経て、今…
  7. Jack Nicklin Harvey Sears in Japan 田舎体験 石川県 北陸新幹線走る外国人うけ良い寿司屋『もりもり寿し 能登総本店』
  8. soba noodle in Notocho Wajima Ishikawa 中谷家 能登町 輪島 穴水 蕎麦 そばきり 仁 中谷家 【田舎旅】“飽きない”超美味な奥能登の一押し蕎麦屋「そばきり 仁…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

ジャパファンカップ サッカー 福島 国際親善試合 リトグリ 福島でU-18東北選抜 対 東南アジア選抜の国際親善試合「JapaFunCup<ジャパファンカップ>」開催 hiace cruise control ハイエース クルーズコントロール クルコン 長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリーも キャンピングカー 家 秋葉博之 秋葉洋子 “住める駐車場”長期滞在可能な究極車中泊スポット「バンライフ・ステーション」に再び秋葉さん夫婦 朝日放送 田舎セレブ 【メディア掲載】朝日放送 特番『田舎セレブ』にブログが“うっすら”登場 能登・穴水町中居(石川県) - 中居湾ふれあいパークに出没したイルカ 田舎専門誌「田舎暮らしの本」取材中に出現した大きな“背びれ”

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. 能登 田舎暮らし, 木 植える
  2. boar anamizu, 石川県穴水町 イノシシ
  3. 樹ガーデン,鎌倉カフェ

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<のとかき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
能登・石川県穴水町ならでは!を活かした地方移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で 2話目
バックパッカーが旅する北海道 知床半島 かわいいキタキツネとの出会い
『そばきり 仁』 築約400年 能登の“ちょい”世界遺産的な屋敷『中谷家』で再オープン
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
day 76.2 福岡県 山道を歩き小呂島に眠る“要塞”と島の“楽しい”教育について ~地域密着型の教育と生活スタイル~
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。