“クルマ”に対する固定概念をぶち壊す“旅”雑誌にバックパッカー登場!

唐突だが、「自動車/クルマなんて、“ただの乗り物”や“ただの足”だ!」なんて思っていないだろうか?

クルマ含め…あらゆることは考え方とひと工夫で“楽しい”現実へと生まれ変わる。

自身、クルマで旅をするなら…「キャンピングカー以外ない」と思い込んでいた。

しかし、その考え方は、旅人として視野が狭いと、数年前に気づき、その後、“変わった”クルマを拠点に、バックパッカー旅を開始したのだ。

外観はベース/基盤となっている車両のハイエース。中はどうなっているのだろうか...

ベース/基盤となっている車両はハイエース。その中は一体どうなっているのだろうか…

 

クルマ旅雑誌にバックパッカーが登場!?

さて、クルマを『ただの乗り物』と思っている人の固定概念をぶち壊す…そんな“旅”雑誌『CarNeru(カーネル)特選!車中泊の達人 スゴ技大全』に、ぼくら田舎バックパッカーならびに“動く拠点”が登場した。その表紙の隅っこにはぼくらの写真が載っている。
出版社は「天然生活」が看板雑誌の地球丸だ。

以前、同社の車中泊/クルマ旅雑誌「カーネル」の「私の車中泊スタイル」コーナーで取り上げた“クルマを活用して旅を全力で楽しんでいる人”たちを『車中泊の達人』として総集/まとめた内容となっている。

「CarNeru(カーネル)特選!車中泊の達人 スゴ技大全」の表紙にもぼくらの“動く拠点”が登場

「CarNeru(カーネル)特選!車中泊の達人 スゴ技大全」の表紙にもぼくらの“動く拠点”が登場

クルマを自分の秘密基地にしたい…
クルマを自作キャンピングカー仕様にしたい…
クルマで旅して、夜は車内で快適に寝たい…
クルマに電源を積んで仕事もしたい…

けど、どうしたらいいのだろうか?…という悩みを解消する、具体的な方法/ノウハウが詰まった内容の雑誌だ。

ぼくのベース/基盤となっている車両は大型のハイエースだが、あらゆるクルマを旅仕様に変革することができる。

この雑誌では軽トラック、軽ワンボックス/ワゴンなどの軽自動車プリウスなどの普通自動車をベースに快適に旅をしている人も事例として取り上げている。

もちろん専門の業者から購入することもできる。(法律上どこまでのカスタマイズが大丈夫なのかは分からないが)ホームセンターで木材や収納グッズなどを購入して、DYIで仕上げるところにも楽しみがあると思っている人の参考にもなる。

田舎バックパッカーであるぼくの1つ目の拠点として、ブログにもたびたび登場するトヨタ・ハイエースワゴンGLをカスタマイズしたクルマ“ファミリーワゴンC”の“動く拠点”。

●“動く拠点”と名付けているこのクルマについてさらっと…

基本、ぼくが日々快適に過ごす上で必要な設備とアイテムが揃っている。運転席と助手席の後ろには、大きなデスクを搭載したワークスペース/仕事場、その後ろにはリビングを搭載している。アネックス社のファミリーワゴンCを少しカスタマイズしている。通常のファミリーワゴンCは大きなデスクを搭載していない。(アネックス社「ファミリーワゴンC」についてはこちら

運転席と助手席を除いたワークスペースとリビングを全てフルフラットにし、キングサイズのベットになることから、快適に寝ることも可能だ。ベットの快適さは自宅のベットや布団を超えるか同等だ。

ぼくの“動く拠点”のコンセプトは、“私事(しごと)”と“寝る”を完全自分の環境にして、快適に過ごすことだ。“私事(しごと)”では電気と大きなデスクが、睡眠環境ではベットが基礎として必要不可欠だ。

この拠点をベースに『移動型定住』という人生の過ごし方も夢ではない。独り身、家族が“旅”好きであれ、そんなライフスタイルはかなり楽しいだろう。

 

クルマ旅雑誌『車中泊の達人』で登場しているページのタイトルは…

「CarNeru(カーネル)特選!車中泊の達人 スゴ技大全」 - タイトルは『移動式オフィスも兼ねたアウトドアライフの移動基地』

「CarNeru(カーネル)特選!車中泊の達人 スゴ技大全」 – タイトルは『移動式オフィスも兼ねたアウトドアライフの移動基地』。一見どういうこと?っと首をかしげてしまう内容だ。

ざっくり言うと、クルマが“宿泊施設”になるだけでなく、自分の職場/仕事場/ワークスペース、ベースキャンプ地/住処にもなるということ。

全て必要なものをクルマに積んでいるので、家へと戻る必要がなくなってしまうほど…

先日ブログで紹介した「“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験」でも、“動く拠点”は 大活躍・好評だった。

そのときは、ワークスペースのデスクを取り外し、座席を後転させて、大きなリビングをつくった。

つくった大きなリビングに、一本の脚で装着できるコーヒーテーブルを設置し、大きな寝袋二枚をかけて、掘り炬燵仕様に変身。炬燵の中には温風が出てくるようになっているので、快適すぎて、みんなすぐに“ぐっすり”モード。

普通『クルマに堀炬燵?!』なんて発想はしないだろう。外観は通常のクルマだが、工夫とカスタマイズ次第で内装は、そんな“楽しい”クルマに大変身する。

「CarNeru(カーネル)特選!車中泊の達人 スゴ技大全」に登場!

「CarNeru(カーネル)特選!車中泊の達人 スゴ技大全」に登場!

 

『車中泊の達人』を読み込むと…

●多人数が座って会議ができるクルマ。

●サブバッテリーで蓄電し、電源も完備。車内で仕事ができる。

●1.8メートル近くの車内幅で横向きに寝られるワイドなベッド搭載。

●2段ベッドはマット三枚で構成。大人2名が乗っても大丈夫。

と…ここまでくれば、いったい何の話をしているのだろうか?っと…実際のクルマを見たくなるはずだ。

これからクルマを買おうと思っている人や、旅に一工夫取り込みたい人はぜひ一度この雑誌を手にとっていただきたい

クルマの楽しさを10倍。いや100倍に広げてくれる。クルマに対する新たな価値観やアイディアを見出すことができるだろう。そんな一冊だ。

「CarNeru(カーネル)特選!車中泊の達人 スゴ技大全」の目次にも登場していた!この目次を見ているだけでもワクワクする。

「CarNeru(カーネル)特選!車中泊の達人 スゴ技大全」の目次にも登場していた!このページを見ているだけでもワクワクする。

「車中泊の達人 スゴ技大全」。旅が楽しくなりそうな雑誌じゃない?

「車中泊の達人 スゴ技大全」。旅が楽しくなりそうな雑誌じゃない?

●この雑誌で「車中泊の達人」から学ぶのも一つだが…

今週末、キャンピングカー日本最大の見本市『ジャパンキャンピングカーショー 2016』が開催中だ。

実際、旅仕様のクルマがどうなっているのか…体感したい人は、このイベントへ行くことをお薦めしたい。

今後の“旅”の参考になるはずだ。

ジャパンキャンピングカーショー 2016

●開催日時:
 ・2月11日(木・祝)10:00~18:00
 ・2月12日(金)10:00~17:00
 ・2月13日(土)10:00~18:00
 ・2月14日(日)10:00~17:00

●会場: 幕張メッセ 国際展示場ホール1~3

以前、ジャパンキャンピングカーショーについて書いた記事はこちら

家族でクルマ旅

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

inaka-backpacker

日本の田舎/地方をバックパッカー旅する中川 生馬(なかがわ いくま)。バックパッカー✖ハイエースがベースの“動く拠点”(ファミリーワゴンC)で、聞いたことがない田舎を旅して、そこでのライフスタイルを探求する。ときには、飛行機、電車、夜行バス、スクーターなどの乗り物のテクノジーも活用。   旅先は基本、これまで聞いたことがない田舎/地方のマイナースポット。 小学校・中学校のころ、社会科で使用していた帝国書院の地図をパッと開き、「ここは聞いたことがない!」と思た場所。途中、『ここもいいねぇ~』と“気になるスポット”を見つけたら、寄り道して、“気になるスポット”も探求する。トラベルスタイルは自由奔放。   基本、旅先の事前調査などはせず...現地の人に話しかけながら、一歩づつ進む。   約10年間の東京や鎌倉での会社中心の生活を経て、2010年10月から、会社中心以外の新たなライフスタイルを探求したく、都会での生活を離れ、“聞いたことがない”日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅へ。   「自分が過ごしたいライフスタイルは、これまで過ごしてきた場所以外にあるかもしれない、自身で体感したい」「ライフスタイルやワークスタイルにもっと選択肢はないのか?」という疑問を抱き始め、旅歩くことを始めた。旅先の田舎で出会う人々とコミュニケーションをとり、より自身に合いそうな田舎でのライフスタイル(暮らし方)を探す...   仕事面に対しては『約10年、企業で培ったスキルをフル活用、今後も仕事して学んでいくから、仕事はなんとかなるだろう!』という楽観的な考え方。バックパッカー旅への初めの一歩を踏み出す。   気になる...知らない...スポット...日本の“マイナー”スポットだからこそ発掘しがいがあるのだ。「日本のマイナーな田舎/地方を発掘、そこでのライフスタイルも実感する、そして人生/ライフスタイルの選択肢は幅広いことを多くの人に届ける」ことを、ぼく自身を軸に発信する。   ITベンチャー、国内独立系最大手の広報代理店 共同ピーアール株式会社や、電機とエンタテインメント世界大手企業 ソニー株式会社などで広報職を経て、フリーランスで独立。   2013年5月、能登の岩車(石川県鳳珠郡穴水町)に移住。大抵、ぼくと同年代であれば、“仕事ありき”で移住することが多いが、『自身のスキルと現在のテクノロジーをフル活用すればなんとかなる!』という、漠然とした根拠と楽観的な考え方から二歩目を踏み出す。   移住後、自身のスキルをフル活用し、東京のベンチャー起業・地方/田舎の小規模企業などの広報、ライター、執筆・撮影・基盤構築含めたウェブ制作、海外の著名人への取材依頼・現場取材・ラフ原稿執筆含めた取材コーディネート、ブロガーとして活動を開始。 能登では、地元の人たちと連携して「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」、「田舎旅するショッピング」として地元の海産物の販売サポートなども行っている。   フリーランスや田舎バックパッカーとしての主な持ち物は...テント、寝袋、自炊道具、衣類など生きるために必要な道具。そして、メモ帳、スマートフォン『Huawei Mate9』、タブレット『Surface Pro 3』、ミラーレス一眼レフカメラ『ソニーα6000』、一眼レフカメラ『キャノン7D』、ICレコーダーなどのIT/ガジェットグッズ。   鎌倉の深沢中学校卒業後、1994年、15歳のときに1人、アメリカ・オレゴン州のValley Catholic High School(バレー・カトリック高校)へ。半自給自足生活をする家族と3年間暮らす。2001年に同州・オレゴン大学を卒業。約8年弱のアメリカでの田舎暮らしを経て、帰国。   現在の拠点は能登の岩車(石川県鳳珠郡穴水町)の古民家(家賃1万円)と、ハイエースがベースの“動く拠点”『ファミリーワゴンC』。家族3人で暮らしている。1979年生まれ。   働き方/ワークスタイルは基本『とにかく自由奔放』で、いずれ、常に移動して暮らすことが定住のような『遊動民』的なライフスタイル『移動型定住』を目指している。  

1件の返信

  1. 2016-10-28

    […] ●“クルマ”に対する固定概念をぶち壊す“旅”雑誌にバックパッカー登場!ひと工夫&発想でクルマが“旅”仕様に… […]

コメントを残す