冬の“楽暖”な“ざっくばらん”な田舎体験 2日目・前編 ~ “薪“味噌作り ~

昨日の夕方、ぼくら田舎バックパッカー夫婦と仲間たちは能登・穴水町(あなみずまち)に到着。

ぼくら田舎バックパッカー夫婦は自身の“動く拠点”ハイエース/ファミリーワゴンC内で休み、田舎体験参加者のたかちゃん、のりちゃん、まりちゃん、アルピンさん、新田信明さんは渚水産のバーベキュー小屋で一晩を過ごした。(田舎体験1日目の話しはこちら

渚水産 海 目の前

朝は寒いが田舎の旅先で目覚めると、「あ~気持ちのいい朝だ~」っと感じる。目の前には湖のように穏やかな海…

穴水町 ナマコ where to catch sea cucumber in Japan

【能登・穴水町岩車の漁港: コラーゲンたっぷりのナマコを持って…世界農業遺産の能登を堪能する準備万端】

普段、都会に住んでいるぼくらは、爽快感をそう頻繁に感じられないと思うと不思議な気持ちになり…「なんでこうも田舎と都会は違うんだろう」という気分になる。

これが自然の力なのだろうか。

今日は夕方頃からスタートする小さな「牡蠣祭り」がメインの日。

牡蠣の夕べの前には、牡蠣がどのように育てられているかなどを含めた、牡蠣の水揚げ作業体験へ行く。

作業体験だけではなく、「これだけの最高の牡蠣を一晩で…」「一年分の牡蠣を食べた…」ってぐらい、沢山の牡蠣を食べる“牡蠣づくし”の一日になるだろう。

まずは、これから味噌作りだ!

 

昔ながらの“薪”味噌作り

“食材”がどのようにして作られるのか…どれだけのエネルギーを使って食材をつくるのか…を実体感できる一日にもなる。

昨日から新鮮な“海の幸”づくしの体になっている。

食べ物は体を形成するもの。可能な限り、新鮮で自然な食材を取り入れて、自分の体をつくっていきたい。

この二日間で、みんなの体は少しでもリフレッシュするだろうか。

さて、昨晩からお世話になった渚水産の北川さんのバーベーキュー小屋の片づけをして、20~30分先にある岩車(いわぐるま)の新田さん宅へ。

田舎 薪味噌 anamizu iwaguruma making miso experience

午前中は“味噌作り”の時間。 新田さんのお母さんと、叔母さんの“監督”のもと、薪を使った味噌作りから一日が始まった。

いつもスーパーで何気なく買っている味噌。『そもそも味噌ってどのようにして作られているのか…』を“自分たちで作って“体感することで、その『大変さ』と『作業の楽しみ』を味わうことができる。

味噌の完成は、発酵後の今年夏か秋頃。その頃、再び能登へと戻り、夏や秋ならではの楽しみを体感、そして、自分で作った味噌を持ち帰る。

今年後半からは、自分で作った味噌を活用した料理を楽しむことができる。

 

味噌作りの工程

1.能登・穴水町での薪を使った味噌作り。まずは薪で沸かした水で2~3時間ほど大豆を茹でる。(その前に大豆は1~2日、水につけて柔らかくする)薪で水を焚いて、柔らかくなるまで大豆を煮続ける。 次の工程でミンチにする。

薪味噌作り 茹でる anamizu iwaguruma making miso experience

茹ですぎると、ミンチにしにくくなるので、茹で時間に注意しよう

2.大豆の茹で汁をきって、豆をミンチにする。

田舎 薪味噌 anamizu iwaguruma making miso experience

【能登・穴水町での“薪”味噌作り: 大豆をミンチ機の中へ入れ、ミンチ機のハンドルを回して大豆をぐちゃぐちゃのミンチ状に。みんなで交代して、ミンチ機のハンドルを回す】

3.大豆5升に対し、大豆、塩、麹の調合割合は、大豆1:麹1:塩0.8。麹は少し多めがおすすめ。

味噌作り 麹 塩 豆 混ぜる

【能登・穴水町での“薪”味噌作り: 大豆5升分の味噌を今回作った。大豆、塩、麹の調合割合は、大豆1:麹1:塩0.8。塩は自身の拘りの美味しい“自然”の塩がお薦め。また、塩の分量は好みで調整する】

田舎 薪味噌 味噌ガールズ anamizu iwaguruma making miso experience girls

【“薪”味噌作りガールズ本日結成】

4.最後に唐辛子と少々の塩をまぶして終了。

田舎 薪味噌 anamizu iwaguruma making miso experience

【能登・穴水町での“薪”味噌作り: 味噌は発酵後 完成だ。今年の夏・秋頃に味噌を取りに行きたい。そのころには別の楽しみが能登で待っているよ】

一から自身の食材をつくるって、忙しくて大変な作業だけど、仲間でつくると、忙しさは楽しさに変わる。(続きはこちら

味噌作り 麹 塩 豆 混ぜる making miso

<前回のストーリー: 冬の田舎体験 – 渚水産でのバーベキュー 穏やかな能登の里海前で

<次回のストーリー: 冬の“楽暖”な“ざっくばらん”な田舎体験 2日目・前編 ~ 牡蠣の水揚げ作業と能登ワイン~

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

1件の返信

  1. 小野貴子 より:

    楽しみにしてた味噌造り!お味噌があんな風に造られてるとは知らなかったなぁ。寒い寒い言いながら、かき混ぜる大豆はあっっつい!っていうのがなんか面白かったね(笑)<br />新田家のおばあちゃんが本当にかわいくて優しくてすごく癒されました☆<br />そして、一大イベントの牡蠣の水揚げ作業!川端さんも、雪の中大変だったよね。。でも!数秒前まで海の中にいた牡蠣が、そのままみんなのお口の中へ。。こんな贅沢な事なーい(*≧∀≦*)<br />ほんと感動したよ。あの美味しさは一生忘れないよ。。。あの寒さとともに(笑)<br />新田邸のパワースポットでパワーチャージできて嬉しかったなぁ★ご利益ありそう♪

コメントを残す