INAKA Lifestyle Experience - 田舎ライフスタイル体験

冬の田舎体験 – 渚水産でのバーベキュー 穏やかな能登の里海前で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
渚水産 渚ガーデン バーベキュー

東京からクルマ旅すること…約6時間。田舎バックパッカー夫婦と、今回の『ざっくばらんな田舎ライフスタイル体験』に参加してくれたみんながまず向かった場所は小牧台温泉。そこで癒されること約1時間。次は温泉から約10分先の渚水産へ。16:30ごろ、ようやく今日の最終目的地に到着!!(前回の話しはこちら

 

渚水産での里海バーベキュー

ようやくお楽しみの食材での里海バーベーキュー!

穴水町 渚水産 渚ガーデン バーベキュー小屋

穴水町の渚水産 裏にあるバーベキュー小屋前に広がる穏やかな七尾北湾。最高のロケーションだ!炭火だけでなく、地酒も準備いただき、地元の新鮮な魚を焼くだけ!

この日、早朝都内を出発して、朝はパンを、クルマの中では“ちょびちょび”とお菓子を食べてきたので…昼抜きで能登まで来てしまった。いやぁ…でも昼を抜いて正解だったなぁ~。

能登 穴水町 渚水産 タラの子つけ

地元・七尾北湾で捕れた河豚(ふぐ)、鱈の子つけ、鰊(にしん)、鰈(カレイ)、ナマコの佃煮など、薪で炙った里海の魚…最高のコンビネーションを体に取り込み、今日一日中の運転の疲れから解放された気分に。

バーベキューで体や服についた薪や魚の香りも自然からのご馳走。

渚水産 フグ 干物 バーベキュー

フグを炭火で炙って…口の中へ。口の中でどうなることやら。これが最高に美味しい。写真では美味し“そう”にしか見えないけど…食べると“本当に美味しい!

穴水町 渚水産 刺身

そして、七尾北湾で捕れた魚の刺身まで!

田舎体験 能登 穴水町 渚ガーデン

穴水町 萩さ水産 渚ガーデン ハチメ  干物 美味しい

鰯(イワシ)、鱈の切り身、鰈(カレイ)なども!この干物はハチメ!ノドグロのように美味しい!

これほど新鮮なものが身近で捕れる環境って本当にいいなぁ…と思う初日の“里海の幸”バーベキューだった。

穴水町 渚ガーデン スルメイカ

 

バーベキュー小屋隣の薪ストーブ囲みくつろぎモード

ぼくは少し飲みすぎてしまったのか…バーベキュー終了前後のことは半覚え。

ちょこちょこみんなの会話に入っていたようだが、どうやらぼくは、どれだけ世の中が資源を無駄にしているのか…などについて繰り返し語っていたようだ。

一つはペットボトル…いつも平然と捨てているペットボトルだが…なにかと応用して活用できるのに、「なぜ平然と捨てるのか…」と繰り返し語っていたとか。

もちろん、新たなペットボトルや繊維製品などに生まれ変わり、再利用されるわけだが、再利用するためには、さらなるエネルギーが付加されるわけだ。

とにかく「なんでもかんでも、まだ使えるものを、安いから…また買えばいいから…」っと無駄に捨てる自分たちが最近、すごく気になるのだ。

椎茸 能登 有名

薪ストーブで焼いた“里山の幸”椎茸(しいたけ)やお餅をご馳走になった。ふかふかのパンのように焼けている。

田舎体験 能登

バーベキューが終わったら、薪ストーブを囲ってくつろぎモード。薪の暖かさっていいよね。

渚水産 なぎさ迎賓館

今夜はバーベキュー小屋で一晩を過ごした。

その夜、ぼくらは自分たちのクルマをフル活用したいがために、クルマを車中泊仕様に転換させてクルマで寝ることにした。

翌朝、起きると、雪が数センチ積もっている。最初、若干の二日酔い気分、寒くて外へは出たくないなぁ…という気分になった。しかし外にでるとそんな気分は一転する。

やっぱり気持ちがいい。寒くても“楽暖”な気持ちになるってこういうことなのかね。

穴水町 渚水産 バーベキュー

昨日は曇っていたが、今朝はこのまま晴れるだろうか。周辺の山や木々、海から朝日が昇る中、「寒っ!」と思いつつも、美味しい空気を沢山すって…本当に「いい朝だぁ」と思える気持ちが“寒さ”を包み込む。そんな爽快な朝が、ぼくらを“楽暖”な気持ちにしてくれる。

さて、これから、穴水町岩車で、薪を使った味噌造り、牡蠣の水揚げ作業の体験だ。

その後、お待ちかねの牡蠣バーベキュー!新鮮な牡蠣でお腹を満腹にするなんて…そうない体験になるだろうね。

それにしても炭火や薪を使える環境に住むっていいよね。 (続きはこちら

渚ガーデン バーベキュー

<前回のストーリー 『『ざっくばらんな田舎ライフスタイル体験』冬の“能登の里山里海” 穴水町への“楽暖”ロードトリップ! 』>

<次回のストーリー 『“薪”を使った“味噌造り”と“牡蠣の水揚げ作業” ~冬の“楽暖”で「ざっくばらんな田舎ライフスタイル体験」二日目・前編~』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 田舎 地方 イタチ itachi japanese mink イタチと遭遇し…東京土産が大量のネギとナマコに“変身”した今朝
  2. 薪味噌 豆茹でる anamizu iwaguruma making miso experience 今年で3年連続 薪を使った味噌造り! – 田舎には“…
  3. オークション 農機具 能登で農機具 オークション ~ “廃材”で2カ月約20万円以上?…
  4. 田舎体験 穴水町 輪島 龍昌寺 countryside lifestyle experience in Ishikawa Japan 田舎体験:東京のリピーター4人とボストン出身の英語の先生
  5. 去年稲刈りした約90キロの籾が約40キロの玄米に
  6. 能登へ田舎旅…ジャパンテント三日目・最終日 奥能登一周から穴水…
  7. NTT ぷらら LTE 終了 通知 手紙 旅のITレビュー:田舎暮らしと旅のネット接続。欲しい格安SIMモ…
  8. 能登 田舎体験 田舎体験1日目最後は…“車庫”で牡蠣だらけの『里海ウ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 メディア掲載: “住める”駐車場「バンライフ・ステーション」に滞在した夫婦2組が中日新聞に 朝霧高原 富士山 バックパッカー 車中泊 車旅 バンライフ 一泊で旅する富士山麓・朝霧高原周辺4つ目のスポット「富士芝桜まつり」 鯉のぼり 富士山 Fish on Mt Fuji 約80匹の鯉のぼりが朝霧高原から富士山へ 『子どもの日』に家族で楽しめるバックパッカー×田舎車旅スポット 【メディア掲載】日経本紙と日経電子版『奥能登に「車中生活」拠点、旅しながらリモートワーク 「ライフスタイル幅広げる」』 wild life sperm whale shiretoko hokkaido japan マッコウクジラ 知床半島 北海道 日本 北海道へのバックパッカー旅: 日本で最も大きい野生動物マッコウクジラと国後島側にいたシャチ

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

2020年7月10日付 北國新聞朝刊「横浜の40代夫婦、3カ月滞在 コロナ禍 穴水で車中泊 自然、人情に触れ『来て良かった』」
  1. 田舎バックパッカー 娘
  2. 田舎バックパッカーハウス 秋葉博之 秋葉洋子 車中泊 ぶうすけ
  3. 中川結生 田舎バックパッカー
  4. Japan's 'campervangelist' extolls the benefits of life on the road
  5. 大井川電機製作所 広報
  6. カーステイ バンシェア carstay van share rv campingcar

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP