INAKA Lifestyle Experience - 田舎ライフスタイル体験

冬の“楽暖”で“ざっくばらん”な田舎体験 2日目・前編 ~ 牡蠣の水揚げ作業と 能登ワイン~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
能登 田舎体験 生牡蠣 noto anamizu raw oyster

薪味噌作りを終えたぼくらが次に向かった場所は、牡蠣の水揚げ作業現場だ…が、なんと雪が降り始め、かなり寒い!(前回の話しはこちら

どうやら牡蠣棚がある海上は気温が数度低いそうだ。

 

味噌作りの後は、牡蠣の養殖現場へ直行!

汚れたり、濡れても良い格好 レインコートなどに着替えて、軽トラックの荷台に乗り、穴水町岩車(あなみずまち いわぐるま)地区内にある別荘地 椿崎(つばきざき)方面へ。

ちなみに、ぼくらバックパッカー夫婦は、“ちょい”田舎暮らし体験をするために、椿崎に2週間ほど滞在したことがある。(そのときの話しはこちら

anamizu oyster experience 穴水町 牡蠣 水揚げ 田舎体験

【能登・穴水町での牡蠣の水揚げ作業: まず海から牡蠣を揚げ、ポンプで吸い上げた海水で、牡蠣の殻に付着した泥などを落とす】

anamizu oyster experience 穴水町 牡蠣 水揚げ 田舎体験

【能登・穴水町での牡蠣の水揚げ作業: ホースで落ちなかった海藻、藤壺(フジツボ)、カラス貝(ムール貝)などを取る作業を行う】

冬の寒い中でも牡蠣の手入れをする河端勝男さん。牡蠣が貴重な食材という意味が、ものすごくわかる実体験だった。

“もともと”の食がどのようにして作られているのか、それを“体で理解”することで、素材をより味わうことができる。

anamizu raw oyster experience 穴水町 牡蠣 水揚げ 生牡蠣 田舎体験

【能登・穴水町での牡蠣の水揚げ作業: 生牡蠣をそのまま口に入れる“味見作業”。海から揚げて数分しか経っていない…海水と牡蠣の香りが充満している牡蠣!もう「美味い!」の言葉しかないでしょ】

こんな“美味しい”作業体験は普通の観光ではできないだろう。みんな2~3つパクリと食べてしまった。これは現場にいないと体験できない“本当に美味しい作業”…

能登 田舎体験 生牡蠣 noto anamizu raw oyster

【能登・穴水町椿崎: 雪が降る中、正直、かな~り寒かったけど、生牡蠣を2~3つほど…パクリで心温まる?!】

能登 田舎体験 生牡蠣 noto anamizu raw oyster

【能登・穴水町椿崎: 寒い中、みんな笑顔でパチリ】

 

牡蠣の水揚げ体験作業の後は能登ワインへ

この能登ワインの原料となるブドウの肥料には、さっき味わった牡蠣の殻が細かく砕かれて再利用されている。

里海と里山がうまくサイクルして、互いの恵みを活用し合っているわけだ。

ただ単になんでも捨てる前に、「これなにかに活用できないだろうか…」と考え、地球の資源を大切にしていきたい。

穴水町 能登ワイン anamizu noto wine

穴水町 能登ワイン 醸造現場 見学

穴水町 能登ワイン 醸造現場

穴水町 能登ワイン anamizu noto wine

【能登・穴水町 能登ワイン: 飲みやすくて美味しかった】

 
牡蠣の水揚げ、味噌作りの作業は、忙しくて大変だけど、生きるために自身で“食”を作るということ、そして、その楽しさを体感することができた半日だった。

今回、牡蠣の水揚げ作業を“少しだけ”体験した。これ牡蠣の水揚げは、ぼくらも初めての体験。

都内のレストランで当たり前のように食べていた牡蠣だったけど、

寒い中、牡蠣が食べごろに育つまでに、どれだけの“エネルギー”を注いで育てて、ぼくらの食卓に並ぶのか…」がわかる現場での作業だった。

さて、今日のクライマックス“牡蠣の穴場”での小さな「炭火牡蠣(かき)祭り」前に、まずは『“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験』の2日目前編を写真で振り返ってみよう。(続きはこちら

穴水町 牡蠣 水揚げ体験 Anamizu oyster fisherman experience

<前回のストーリー: 冬の“ざっくばらん”な田舎体験 2日目・前編 ~ “薪“味噌作り ~

<次回のストーリー: <写真で振り返る>冬の“楽暖”で“ざっくばらん”な田舎体験 2日目・前編

 
◆関連するストーリー

・冬の「ざっくばらんな田舎ライフスタイル体験」 一話目はこちら

・2012年夏の『“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験ロードトリップ in “里山&里海”能登・穴水町』はこちらから

・2010年の初めて能登半島へ行ったときの話しや、能登の先にある舳倉島や能登半島を一周したときの話しはこちらから

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 穴水町 向洋小学校 運動会 今日は地方/田舎移住先 石川県穴水町の向洋小学校運動会
  2. day 7.2 石川県穴水町 次世代の板前寿司屋『幸寿し』
  3. <写真で振り返る>田舎体験1日目 『穴水駅ホームあつあつ亭』へ
  4. 能登町 テニスコート 能登での田舎暮らし:穴水でテニス ~ 能登町での奥能登大会 ~
  5. のと発酵マルシェ 2016 田舎体験 2日目 奥能登一周 『のと発酵マルシェ』へ
  6. 穴水町 光琳寺 花祭り Ishikawa Anamizu Flower Festival temple festival 光琳寺保育所でお釈迦様の誕生祝う『花祭り』
  7. 能登半島最大級の「雪中ジャンボかきまつり2015」へ……
  8. 穴水町 岩車 キリコ祭り 写真 “キリコ祭り”の『田舎ライフスタイル体験』2話目: 世界農業遺産…

コメント

VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

東奥日報 2020年7月29日 車中泊 バンライフ 中川生馬 田舎バックパッカーハウス 【メディア掲載】青森県の地方紙「東奥日報」でも「バンライフ 車で寝泊まり、旅しながら仕事 『新しい生活様式に』奥能登に拠点 高まる需要」 suumoジャーナル 【田舎で仕事 – 執筆】 不動産情報メディア「SUUMOジャーナル」に「可動産」 中日新聞 車中泊で白山麓の旅を 企業、大学、住民連携 密のない交流 発信 【メディア掲載】中日新聞1面トップ『車中泊で白山麓の旅を 企業、大学、住民連携 密のない交流 発信』 神山 ヒッピー 田舎のライフスタイル in 徳島県神山町 1話 – 風力発電の建設と 自然と共に暮らす人々 はなびらだけ 大井川電機 【田舎で仕事 – 広報】自動車電球製造の大井川電機の幻のきのこ「はなびらたけ」がテレビで特集

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

  1. 新宿ビズタウンニュース 2020年9月 中川生馬 Carstay
  2. 車中泊 バン キャンピングカー 別居 DV campingcar rv
  3. 穴水町 向洋小学校 運動会
  4. オレゴン アルメイダファイア

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川
  4. 四国 高知 宿毛 道の駅 沖の島 バックパッカー田舎旅 バンライフ 田舎暮らし
  5. Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人 石造り 島 サントリーニ島 キャンプ テント

ランキング

人気の投稿とページ

【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
【メディア掲載】今日8月3日 石川テレビのバンライフ特集に登場
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリーも
【田舎でITレビュー】トリプルレンズカメラ搭載 縦長6インチ格安スマホ「OUKITEL C17 PRO」ってどう?「田舎」で使える?テザリング?電波感度は?
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。