2011-01 Experiencing Life in Noto - 能登での田舎暮らし体験

day 65.3 石川県穴水町 “味噌作り”中の休憩 ~ 海にはナマコや真珠貝も!? ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
自家製 味噌 能登 穴水町

2011年1月10日(月) − ぼくら田舎バックパッカーは石川県穴水町で約2週間の田舎暮らしを体験しているところ。

2010年10月に出会った穴水町役場の新田信明さん(2011年12月現在、穴水町議会議員)宅で、8家族分の味噌作り中だ。

残念ながら、昨日の夕方ごろから、結花は風邪を引いてしまい、家で寝込んでいる。(2010年10月のストーリーはこちら

能登半島 穴水町 岩車

【石川県 穴水町 味噌作り中、たまに降る雪。能登の天気は変わりやすいと感じた】

 

まずは豆を茹でる

8家族分の味噌を作っているため、一回の味噌作りプロセスだけでは終わらない。

一番最初に行うことは白豆を茹でることなのだが、白豆をお湯から出すタイミング/白豆の茹で時間は、重要なのである。

豆が柔らかすぎると、ミンチにする機材の中に豆が詰まり、ハンドルが空回りして、抽出することが難しくなる。

白豆の茹で加減や柔らかさの確認も必要になる。

自家製 味噌 能登 穴水町

【石川県 穴水町 味噌作り中。白豆の茹で加減を確認】

しばらくすると、ぼくはだんだん味噌作りに慣れてきたのか、白豆の茹で加減がわかってきた。

白豆の柔らかさを、食べて実際感じる。

「そうですね。んー、そろそろいいんじゃないですかね」や「あと10分ぐらい、茹でたほうがいいと思いますよ」と、一人前に言う。

みんなも、「おっ!言えるようになってきたねぇ」と笑い、「ちょっとつまんでみて、柔らかいか見て」とぼくに確認させてくれる。

自家製 味噌 昔ながらのやり方

【石川県 穴水町 味噌作り中。白豆を茹ですぎると、柔らかくなりすぎてしまい、詰まってしまう】

 

味噌作りの昼はカップラーメン

豆を茹でている間、里芋炊き込みご飯をご馳走になった。

お昼はカップラーメン。みんな、味噌も自家製で、食べる野菜なども育てていて、健康そうなものばかり食べてそうだけど、意外にも、「カップラーメンのような即席麺も食べるんだなー」と思いつつも、カップラーメンを食べる。

この時、なぜか印象に残った言葉は、「みんなで食べればカップラーメンも美味しいね」と言う発言だった。

カップラーメンから香ばしい醤油味の匂いがする中、こんな風に、みんなと触れ合えることは素晴らしいと思った。

カップラーメンや里芋炊き込みご飯のほかには、大根の酢漬けをいただいた。

酢漬けも簡単で、砂糖と酢を混ぜた物に漬けるだけで完成する。

自家製 味噌作り 昔ながらの方法

【石川県 穴水町 味噌作りの休憩中のお昼に、みんなで楽しくカップラーメンを食べる】

新田さんのお茶の入れ方もユニークなのだ。

以前、新田さん宅に初めて泊まらせてもらったときにも書いたが、お茶の葉っぱを胡麻擂りで、こなごなにして、それにお湯を入れるだけ。

今は「味噌は買う物」だが、昔は、各地都会でも、このように外で薪を使って、自家製の味噌を作っていたのだろうか。

別に買うことに問題はないのだが、味噌作りのような田舎体験も経験できる環境が身近にあっても楽しいのではないだろうか。

たまに休憩を取って、小屋の裏に行き、海を見に行く。

そこらに、海鼠(なまこ)が沢山いる。味噌作りをしていた、“おねえさん”たちによると、長くて焦げ茶色の海鼠は、“フジ海鼠”と呼ばれ、美味しくないので、食べないらしい。

フジ海鼠 美味しくない

【美味しくないフジ海鼠発見】

アコヤ貝 真珠貝

【石川県 穴水町 阿古屋貝(アコヤガイ)と呼ばれる貝。別名、真珠貝と呼ばれ、この貝で真珠を養殖するとのことだ】

阿古屋貝(アコヤガイ)と呼ばれる貝も見つけた。

別名真珠貝と呼ばれ、この貝で真珠を養殖するとのことだった。(続きはこちら

<前回のストーリー 『day 65.2 石川県穴水町 『そうだ!“微生物”を食べ物に入れてしまおう!』または『あ!微生物が入った物を食べてたね!』の発想からの創造 』>

<次回のストーリー 『day 65.4 石川県穴水町 昔の“生活の知恵”を引き継ぐ ~ 味噌作りで余った茹で汁も再利用、玄関に現れた夜の鴞(フクロウ) ~ 』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. 穴水町 牡蠣 Oyster in Anamizu 田舎体験:岩車で牡蠣小屋“薪火”BBQ
  2. お盆 羽田 能登空港 能登半島先端 立山連峰 『盆休み』や初の『山の日』…今月も仕事で能登から東京…
  3. テレ朝「モーニングバード」に のと鉄道観光列車「のと里山里海号」…
  4. 石川県 能登 穴水町岩車 漁港 釣り 石川県穴水町岩車の漁港でタケノコバチメ/タケノコメバル
  5. yui after connor jessup left なぜ映画監督・俳優のコナー・ジェサップは1日早く能登を旅立ったの…
  6. 古民家 屋根 改修 田舎で空き家を借りるとき大抵 改修する箇所は?
  7. 石川県 能登 穴水町 岩車 田舎体験 “牡蠣の穴場”で体験をベースにした旅「ざっくばらんな田舎ライフス…
  8. 【写真】奥能登一周 最果てでヨガ!?マクロビとヨガインストラクタ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

day 12 奥能登一周旅 職務質問されるバックパッカー ~ 真浦海岸から大谷へ ~ 地方移住 小学校 子育て 穴水町 石川県 【娘の田舎暮らしと旅日記 – 奥能登・石川県穴水町】かなしかったこと。たのしかったこと mobile lifestyle vanlife family 移動型定住 東京モーターショー 家族 バンライフ 家族 子持ち 【メディア掲載】プロモ映像に登場!世界5大の自動車祭典「東京モーターショー2019」の歴史に残る!? 能登町 蕎麦屋 最高 そばきり仁 【田舎料理店】最高の蕎麦屋「そばきり仁」へ nikko rv park 日光 東照宮 車中泊スポット 日光の紅葉絶頂期、“老舗”通信大手NTT東日本が日光にCarstay車中泊スポット 2カ所オープン

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. Vanlife Japan ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 最高の仕事場所
  2. GAZOO 田舎バックパッカーハウス バンライフ ステーション vanlife station livable parking space
  3. 動くオフィス 書斎 ハイエース 自動車 車中泊
  4. 冬 車中 仕事 モバイルオフィス 動くオフィス 動く拠点
  5. 穴水町 大雪 石川県

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!<2021年注文受付・出荷・販売開始!>
【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!
能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
現実は“夢”から「日本の若者は現実を見すぎ」3年間の能登・穴水での田舎暮らしを経て…アメリカ人先生 ベッツィ
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
『田舎バックパッカーハウス』のシェアハウス&オフィスと、長期間 住める駐車場<車中泊スポット>『バンライフ・ステーション』について<まとめ情報>
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。