Ishikawa Kanazawa - 石川県金沢市

家と書斎機能ある“動く拠点”、8年使用した冬欠かせない装備『FFヒーター』の清掃・修理・部品交換!症状は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
FFヒーター オーバーホール 煤 すす 故障 不具合 不調

石川県野々市市、2021年1月16日 – 今日、コロナ禍、緊急事態宣言発出の中、控えるべきなのだろうが、重要な仕事の案件で、能登・石川県岩車から千葉県金谷に向けて出発した。公共交通機関ではコロナが心配なので、今回は“足”と“宿”機能を備えたハイエース“動く拠点”での移動だ。

今はその途中、数時間、野々市で「待ち」の状態。

現在、金沢で、ハイエース“動く拠点”に冬季欠かせない装備 ベバスト製のFFヒーターの清掃・部品交換・修復中。

修復に持ち込んだのは、以前、この“動く拠点”のソーラー発電導入の際、施工をお願いした移動販売車、移動式店舗などの施工を手掛けるゼック(こちら)。

出発前からゼック代表の永井さんとメッセンジャーを介して、症状や修理日について、相談させてもらっていた。

ゼックではキャンピングカーの修理、設備の施工、周辺機器の修理も手掛けている。今後、荷台トラックに載せる箱型の“家”の製作や販売も手掛けるそうだ。田舎には荷台トラックを持っている人たちが多い。軽トラを利活用した楽しみを提案することができれば、需要が高いと思われる。

ちなみに、“動く拠点”と呼ぶ車は、キャンピングカービルダーのアネックス社から9年前に購入した「ファミリーワゴンC」だ。2012年からぼくの重要な“動く拠点”となっている。

FFヒーター ハイエース【エンジンをかけなくても起動することができるFFヒーター。小型だが強力だ】

その当時、ファミリーワゴンCに、オプションで導入したベバストのFFヒーター。

キャンピングカーや車中泊の業界では有名なメーカーだ。ファミリーワゴンCを購入したのは2012年5月、使い続けて、あと少しで、もはや約10年が経つため、もしかすると、そろそろ寿命なのかもしれないが…

その“動く拠点”のFFヒーターだが、年末年始の鎌倉への実家への帰省クルマ旅の途中、不調となり、使えなくなってしまった。

ちなみに、FFヒーターとは、車のエンジンをかけなくても、超少量の車の燃料とバッテリーで動かせるヒーター。

寒い冬場の車中泊、暖かい羽毛布団や寝袋がなくても、FFヒーターさえあれば、超快適な車旅や車中生活<バンライフ>を送ることができる。冬の車中泊グッズ・アイテムでは欠かせない装備で、マイナス温度さえ乗り越えられる。

FFヒーター 設置場所【FFヒーターはこのワークスペースの椅子の下奥の隅に設置されている】

FFヒーターの構造をざっくり

FFヒーターの基本的な構造は、冷たい車内の空気をヒーター内に取り込み、完全に仕切られた燃焼室の周囲で、その車内の冷たい空気が暖められる。暖められ温風となった空気は、再び車内へと流れるという仕組み。

一般的な燃焼式暖房の場合、室内の空気を燃やして、それを室内へと排出する。一方、(繰り返しとはなるが)FFヒーターの場合、燃焼室と室内用の空気は、完全に仕切られている。

燃焼室で空気は燃やされるが、その燃やされた空気は、車内ではなく、外へと排出される。車内へと流れる空気は、燃焼室の周りで温められるだけ。そのため、車内に流れる温風は“綺麗”で、一酸化中毒の心配はないのだ。

車のエンジンをかけっぱなしのアイドリングでの車中泊は、排気ガスと騒音による、“近所迷惑”や環境問題にもつながる。また、ガソリンなどの燃料をかなり食ってしまう。

長時間のアイドリングは、オーバーヒートなどエンジン不調にもつながる。実際、別の車両でその経験をしたことがある。

そういった背景から、FFヒーターは、冬場のバンライファー必須アイテムと言っても過言ではない。

さて、修理が必要になってしまったFFヒーターの症状を書き留めておこう。

<< FFヒーター不調、主な症状は? >>

〇 FFヒーターをオンにすると、しばらくは起動、空気は出るが、暖かくない常温の空気が出てくる。その後、しばらくすると、その空気も出なくなり、電源ダイヤルのランプが長く1度、短く5回ほど点滅し続ける。

〇 車外FFヒーターの外の排気口からは、濃い白い煙が排出する。

〇 この症状が出始めた日、夜FFヒーターをオンにして車中泊。夜中、暑くなったのでオフにし、その数時間後、寒くなったので、再びオンにすると、上に書いた症状が起きたわけだ。

〇 ネット検索すると、一度の長い点滅は燃料や電気不足が原因。だが、燃料と電気は満タンだったので、どうやら、燃料不足ではない。サブバッテリーは最近新品のリチウムイオン式に交換したばかり。しかし、燃焼室が煤でいっぱいになると、十分な燃料が燃焼室に行き届かないため、「燃料不足が原因」となるのだろう。

〇 使用して長年経っていることから、オーバーホール、いわゆるFFヒーター内部に煤(すす)がたまっている可能性が強いとの見方が濃厚。

〇 フレームセンサーの断線かショートの可能性も在りうるとのこと。

〇 ちなみに、長時間 点滅後、スイッチをオフにしなければ、FFヒーターは停止した状態に。ランプは点滅した状態だが、FFヒーターは動作しない状態となる。再起動するには、スイッチを全開にまわし、FFヒーターの元となるヒューズを取り外し、再起動することで、電源がつく。

FFヒーター オーバーホール 煤 すす 故障 不具合 不調【FFヒーターにたまった大量の煤。これが原因で燃焼ができない状態となっていた】

FFヒーター オーバーホール 煤 すす 故障 不具合 不調 分解

結果、オーバーホールで、大量の煤がたまっていた。繰り返しだが、FFヒーターを使ってもはや約10年近いので、長年の使用が原因となったようだ。

金沢 アルビス

その修理の間、近辺で旅の買い物をしようとアルビスへと行ったが、アルビスはコロナ関係なく、賑わっていた。

それにしても、車中泊仕様のクルマを使った出張旅というのは、自宅のワークスペースをそのまま動かしている感覚なので、準備がほぼ不要で楽である。

何泊分かの衣類、タオル、文房具、電気、外部モニター、マウス、食器類、コーヒー、米や車載炊飯器、暖房(FFヒーター)、寝袋などをハイエース内に常設常備しているので、いつでも・どこへにで、すぐに出発可能だ。ほぼ準備不要。

今回、ゼックの代表・永井さんには丁重かつ迅速な対応をしていただいた。

ぼくの個人的な都合で申し訳なかったが、今週末出発の出張旅で、寒い山間部を抜けて、千葉へと車旅をすること、穴水から千葉への途中、金沢エリアを通過するので、急ぎ対応をお願いした。

すると、今日土曜朝の時間帯で修理時間を確保してくれた。

FFヒーター オーバーホール 煤 すす 故障 不具合 不調 分解

FFヒーター オーバーホール 煤 すす 故障 不具合 不調 分解

症状はオーバーホール、写真のとおり、かなりの量の固体化した煤が出てきた。それに加えて、ガスケットセット/燃料ポンプの部品交換も行ってもらった。

清掃の所要時間は約3時間。9:20ごろハイエース“動く拠点”を引き渡し、昼の12:40頃には作業が完了していた。

工賃費用は部品込みで(少し割引をいただき)36000円。

さて、FFヒーターの修理が終わり千葉へと向かう。今回はどんなルートで関東・千葉方面へと向かうか…(続きはこちら

< FFヒーター内の写真 >

今回、FFヒーターの分解・清掃・部品交換時、せっかくなので写真を撮っていただいた。約10年、FFヒーターを使用するとどうなるのか?

新品を購入すると、脱着、交換などで合計30万円ほどはかかるだろうから、この額で正常な状態に戻ってよかった、よかった。

FFヒーター オーバーホール 煤 すす 故障 不具合 不調 分解

FFヒーター オーバーホール 煤 すす 故障 不具合 不調 分解

FFヒーター オーバーホール 煤 すす 故障 不具合 不調 分解

FFヒーター オーバーホール 煤 すす 故障 不具合 不調 分解

FFヒーター オーバーホール 煤 すす 故障 不具合 不調 分解

FFヒーター オーバーホール 煤 すす 故障 不具合 不調 分解

FFヒーター オーバーホール 煤 すす 故障 不具合 不調 分解

FFヒーター オーバーホール 煤 すす 故障 不具合 不調 分解

FFヒーター オーバーホール 煤 すす 故障 不具合 不調 分解

FFヒーター オーバーホール 煤 すす 故障 不具合 不調 分解

FFヒーター オーバーホール 煤 すす 故障 不具合 不調 分解

FFヒーター オーバーホール 煤 すす 故障 不具合 不調 分解FFヒーター オーバーホール 煤 すす 故障 不具合 不調 分解 費用

続きはこちら

 

 

Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 【お知らせ】牡蠣<かき>販売のサポート開始!
水揚げ直後の牡蠣<かき>があなたの手元に最速翌日届く!能登半島の“奥” 石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>を購入!鮮度抜群なので、牡蠣ならではの臭みなし!
シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフ・ステーション, 住める駐車場, 能登, 穴水町, 車中泊 【お知らせ】『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、そして、住める駐車場・長期間滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. winter snow tire in Hokuriku Ishikawa Noto Japan 北陸 石川県 能登半島 スタッドレス タイヤ 冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノ…
  2. フ ステーション 田舎バックパッカーハウス 石川県 穴水町 能登半島 秋葉洋子 秋葉博之 穴水町 住める駐車場「バンライフ・ステーション」の入居者・秋葉さん夫婦 …
  3. GAZOO 田舎バックパッカーハウス バンライフ ステーション vanlife station livable parking space 【メディア掲載】トヨタ運営「GAZOO」に奥能登の「バンライフ・…
  4. 田舎バックパッカーハウス 料金 概要 料金 田舎バックパッカーハウス < 公式概要と利用料金について>
  5. vanlife tame noto anamizu バンライフ ためさん 爲さん 能登 古民家 穴水 物語つくる「VANLIFE STORY」 能登へ
  6. Vanlife Japan ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 最高の仕事場所 【ざっくり特集 – VANLIFE 2】豊かな車上生…
  7. 中日新聞 石川県 車中泊 バンライフ コロナ キャピングカー 住める駐車場 中川生馬 【メディア掲載】中日新聞「のと 深掘り コロナ禍 需要手応え 穴…
  8. about-inaka-backpacker-house 『田舎バックパッカーハウス』のシェアハウス&オフィスと、長期間 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

シュードタキライト 大島 愛媛 day 33.2 愛媛県八幡浜『シュードタキライト』で有名だが子供がいない大島 ~ 天ぷらと『えそ』? ~ 能登 穴水町 田舎体験 洋上パーティー 【メディア掲載】中日新聞『能登でつくる夏の思い出 神奈川の4人家族、田舎体験』 福岡県 小呂島 day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~ wild life sperm whale shiretoko hokkaido japan マッコウクジラ 知床半島 北海道 日本 【北海道へのバックパッカー旅】日本で最も大きい野生動物マッコウクジラと国後島側にいたシャチ soba noodle in Notocho Wajima Ishikawa 中谷家 能登町 輪島 穴水 蕎麦 そばきり 仁 中谷家 【田舎旅】“飽きない”超美味な奥能登の一押し蕎麦屋「そばきり 仁」 4月12日から今年度再オープン

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
バンライフ 暮らし 移動型 定住 移動しながら暮らす vanlife
  1. asahi national daily newspaper vanlife 朝日新聞 バンライフ
  2. 海 プール 田舎暮らし 遊び場 穴水町 岩車 石川県 能登

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
【能登での田舎暮らし】主婦の財布に優しすぎる 新鮮&格安スーパー『どんたく』対『江ノ島』
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリーも
day 85.4 長崎県 五島列島・宇久島の隣にある人口14人の寺島へ ~14人…どんな島なのだろうか…ポットホールとは一体なんだ?!~
day 81 長崎県大瀬戸町『岡﨑製パン所』を見学 そして 次の旅先へ
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。