里海ある田舎の良さ:奥能登一周“旅”で大漁!珠洲「つばき茶屋」漁師夫婦からの“大”ギフト

能登・珠洲市高屋町 – 今日は大漁だった!

って、漁へ行ったわけではないが…珠洲・高屋町の海女さん/漁師さん夫婦から大物の魚をいただいた。

ガンドブリ、カナガシラ、そして鯛だ!ガンドブリは血抜きをしているので、生臭さなく、とにかく美味しい!

田舎暮らし 魚介類

能登半島の最先端にある海鮮食堂「つばき茶屋」を営む番匠(ばんしょう)さんからのギフトだ。

「つばき茶屋」では、漁師夫婦が獲ってきた新鮮な魚介類を食べられる。定食は言うまでもなく最高だが、ここからの眺めも絶景。

この食堂やその隣にある椿の展望台からの眺めは、「おぉ〜能登半島に来たぞぉー」と実感できる超絶景で、奥能登への旅では、絶対に欠かせないスポットだ。

展望台の駐車場にはトイレもあり、ここは絶景の車中泊/クルマ泊スポットでもある。

今の時期、夕日と朝日が見られる、なんとも言えない最高の旅スポット。

珠洲 つばき茶屋

こんな感じで船の上で、さくっと二枚におろしてくれた。錆びた包丁だったが…さすが番匠さん…プロだ。あっという間に、「ほら!イクマ持ってきな!」だ。

 

『つばき茶屋』との出会いは…

海人の…いや“海女ん婆(あまんば)”の番匠さつきさんとの出会いは2010年10月に奥能登をバックパッカー旅していたときだった。

田舎バックパッカーのぼくの最初の目的地だった舳倉島(へぐらじま)を経由して、奥能登を歩いて一周したとき、「やっと食堂みつけた…」と入ったのが、「つばき茶屋」だった。

珠洲 つばき茶屋

石川県 奥能登一周中 – 「つばき茶屋」で出会った(手前左から)“みっちゃん”、海女の番匠さつきさん。

岩のりうどんを食べて…「野菜を欲っしてるんです…」と伝えると、サービスで野菜をくれたのだった。その後、番匠さんは、ぼくらに手紙まで送ってくれた。

番匠さんとの”つながり”があり、能登移住するとき、珠洲もいいよねぇと思ったほど。

そんなこんなで、番匠さつきさん、旦那の栄作さん、娘のさとみちゃんとの付き合いが始まったのだった。(その時のストーリーはこちら

こういう新鮮な魚の差し入れは本当に嬉しい!

 

海女さん食堂『つばき茶屋』の営業概要

奥能登の絶景に囲まれた食堂がこの「つばき茶屋」だ。メニューと名刺は石ころ。

石の表には品名、裏には価格が書かれている。

お薦めは「でまかせ定食」だ。

番匠さん夫婦が獲ってきた刺し身も最高。日によって獲れた魚が異なるので、「刺し身」の内容も異なるが、特にブリはうま~い!!

営業時間: 10:00~16:00 (不定休、冬季休業)
オープン期間: 毎年3月下旬頃から12月中旬
住所: 珠洲市折戸町1-3-1
電話: 0768-86-2059
 ※混雑することもあるので、事前に電話での予約をお薦めする。

 

里海里山ある田舎

今日夕方頃からは穴水町岩車の田舎バックパッカー体験ハウスでBBQ(バーベキュー)!

田舎暮らし BBQ バーベキュー

ときには、こういった、ありがたく“大漁”ギフトをいただくことがあり、これは『田舎暮らし』…または“里海ある”田舎暮らしの醍醐味の一つでもある。

「ときには」の頻度は…週に平均2回の頻度ってところだろうか。

だが、一応、伝えておくと…

「田舎暮らし」と言えば、毎日、農家や漁師から、なにかと食べ物をもらっているイメージがあるかと思うが、「田舎暮らし」しているからって、近所から、まいに~ち、いただけるわけではない。

近所の農家さん、漁師さんなどとの親しさ、関係性にもよってくる。それは、都会にいても変わらないだろう。

とにかく、今日の“大漁”に感謝だぁ~。これで今夜のBBQが盛り上がる。(続きは後ほど)

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク