Noto Suzu - 能登 珠洲市

今日、奥能登国際芸術祭 開催!だが…何トンもの『陶器の破片』が珠洲 見附島に漂流中!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
奥能登芸術祭2017 art festival suzu

今回の『“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験』では能登空港からまずは珠洲方面へ行った。(前回の話しはこちら

民宿 食堂「むろや」でランチを終えたKyahさん夫婦とぼくが向かった先は、奥能登や珠洲の一象徴的ともなっている“格好良くてどでかい島”『見附島(みつけじま)』だ。

形が軍艦のようにも見えるので、通称 軍艦島ともよばれている。

見附島 ドローン suzu drone

この見附島をドローンで撮影。

奥能登芸術祭2017 中国 アーティスト リュウ・ジャンファart festival suzu

見附島の海岸には…なんトンものきれーいに並べられた『陶器の破片?!ガラクタ!?』が…!?

奥能登芸術祭2017 中国 アーティスト リュウ・ジャンファart festival suzu

って、“ガラクタ”らしきものの正体は…実はアート

珠洲では今日(2017年9月3日)から、来月10月22日にかけて、『奥能登国際芸術祭2017』が始まる。

奥能登芸術祭2017 中国 アーティスト リュウ・ジャンファart festival suzu

【中国人アーティストのリュウ・ジャンファさん】

見附島で見つけた何百もの陶器の破片の正体は、中国人アーティストのリュウ・ジャンファさんの作品「Drifting Landscape(ドリフティング・ランドスケープ)」だ。

陶器は全て割れているもの。珠洲焼の破片は地元から、他の割れた陶器は中国から持ってきた。

長靴や容器など日用品のように見える真っ白い陶器はリュウ・ジャンファさんが作ったものだそうだ。

奥能登芸術祭2017 中国 アーティスト リュウ・ジャンファart festival suzu

それらをいかに見附島周辺に流れ着いたかのように砂浜に置いている。タイトルのとおり、“漂流”する“景観”をイメージしたアートとなっている。

中国と言えば「陶器」、珠洲焼は珠洲の代表的な陶器/アート。陶器などの高温土器の技法は中国から伝わったと言われている。

その陶器での“つながり”や、見附島には中国で仏教を学び、弘法大師 空海が見附島へとやってきた歴史があることから、著名な中国人アーティストが見附島でのアートを担当することになったのだろう。(ざっくりこちら

奥能登芸術祭2017 中国 アーティスト リュウ・ジャンファart festival suzu

アートの現場では、ボランティアでチェコや台湾からのスタッフさんたちが作品づくりを手伝っていた。

なにかの“サイン”なのだろうか…今年は芸術との“縁”を感じる。

別途、近々、旅ストーリーを載せる予定だが、娘との田舎バックパッカー旅では『北アルプス国際芸術祭』のアーティスト 川俣正さんの作品をつくっていたスタッフの人たちと長野県大町で出会った。

その一か月後だったか…奥能登国際芸術祭の一アーティスト さわひらきさんと彼のスタッフと、奥能登先端の海女さん食堂の番匠さんの漁船で、輪島から50キロ沖合にある舳倉島(へぐらじま)へ行ってきたばかり。

● 会場: 石川県珠洲市全域(詳しいアートスポットは以下地図を)

● 参加アーティスト: 11カ国から39組

● 会期: 2017年9月3日(日)~10月22日(日)までの50日間
閲覧時間は原則9:30~17:00となっているが、外に展示されているものは自由に見ることができるだろう。

● 総合ディレクター: 北川フラムさん

東京から珠洲へのアクセスの最短は約1時間で、全日空(ANA)の飛行機で羽田空港から能登空港へと飛ぶ。1カ月前か1週間前ぐらいに予約すれば、1泊宿付き往復航空券 約3万円前後で購入可能だろう。詳しくは以下サイトを。

最安のアクセス方法は夜行バス(こちら)で金沢駅へ。金沢駅東口からは特急バス(時刻表はこちら)で、のと里山空港(能登空港)へ。

能登空港から奥能登/珠洲方面へは自由が利くレンタカーがベスト。タクシーは高額だし、バスは本数が少ないので、のんびりできないだろう。

過ごしやすい秋の季節、時間に余裕がある人は、奥能登のアートや旅スポットをゆっくりクルマ旅しながら巡るのも楽しい。

格安 航空券 サイト

● 奥能登/珠洲への航空券、夜行バスなどを予約するために参考になるサイト一覧はこちら

旅のIT活用: 海外・国内 旅、便利な旅券情報サイトまとめ – トラベルコちゃんが最近の一押しサイト



【『奥能登国際芸術祭2017』のアート作品が設置されているスポット】

っと…話しは『奥能登国際芸術祭2017』にそれた。

ぼくらは、珠洲から穴水町岩車の田舎バックパッカーハウスへ。その後、能登の食材を活かした輪島のフランス料理店へと向かう(続きはこちら

奥能登芸術祭2017 中国 アーティスト リュウ・ジャンファart festival suzu

奥能登芸術祭2017 中国 アーティスト リュウ・ジャンファart festival suzu

奥能登芸術祭2017 中国 アーティスト リュウ・ジャンファart festival suzu

見附島 ドローン suzu drone

見附島 ドローン suzu drone

見附島 ドローン suzu drone

見附島 ドローン suzu drone

続きはこちら

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking

こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. day 13.4 奥能登一周旅 歩き12時間 ~ 暗闇でボーイス…
  2. day 12 奥能登一周旅 職務質問されるバックパッカー ~ 真…
  3. 天然岩がき丼 牡蠣 珠洲 昼食 田舎体験1日目:珠洲の“田舎感”満載の民宿 食堂『むろや』
  4. 冬 珠洲 禄剛崎 能登半島 日本 列島 中心 冬の「日本列島の中心」 能登半島の最北端 禄剛崎
  5. day 14 能登半島一周中 トビの死骸
  6. 里海ある田舎の良さ:奥能登一周“旅”で大漁!珠洲「つばき茶屋」漁…
  7. day 13.3 奥能登一周旅 『ランプの宿』駐車場でのテント泊…
  8. 珠洲 ノーザンペニンシュラ グランピング 田舎体験1日目:珠洲の高波海岸とグランピングサイト 周辺散策とド…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

上勝町 紅葉 “葉っぱ”の町へ再び…バックパッカー✖クルマ“私事”旅 day 51 高知県沖の島を散策 ~ 市原知佳さん勤務の「あったかふれあいセンター」 ~ ドキュメント ユーチューブ 能登 石川県 穴水町 中川生馬 取材 【メディア掲載】ユーチューブ「DOCUMENT」の「暮らし方ファイル」に登場 – 大型モバイルハウス改装中の長總さん夫婦 day 14.3 奥能登一周中 穴水町の『田舎暮らし体験』とは?岩車の新田信明さん宅で急遽?! mobile lifestyle vanlife family 移動型定住 東京モーターショー 家族 バンライフ 家族 子持ち 【ざっくり特集 – VANLIFE 1】車で“移動暮らし”『バンライフ』できる時代到来 『移動型定住』『動くX』とは?

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
能登空港 レンタカー 軽ワゴン
  1. 大井川電機 はなびらたけ ホホホタケ 牡蠣 かき
  2. 牡蠣 はなびらたけ アヒージョ
  3. 牡蠣, かき, はなびらたけ, アヒージョ
  4. 能登 イカの駅 つくモール
  5. 中川生馬 娘

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

5月が旬!漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!<2021年販売開始!>
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
田舎のライフスタイル in 徳島県神山町 1話 - 風力発電の建設と 自然と共に暮らす人々
【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
自動車用電球メーカーが“幻のきのこ”はなびらたけをつくってるって?!なぜ?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
【Carstay車中泊スポットレビュー】500円で車中泊 都会の24時間オープンお風呂カフェ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。