Noto Anamizu Iwaguruma - 能登 穴水町 岩車

【能登での田舎暮らし】断水に強い『井戸水』暮らし?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
穴水町 岩車 集会所 給水車

昨日(1月29日)から、穴水町役場が「寒波による冷え込みで、各地で断水が発生しています。みなさまには節水にご協力をお願いします。また、水道管の破損が見つかった場合、直ちにバルブを閉じてください」という内容の放送を防災無線を介して流している。

今日午前中だけで、3回ぐらいだろうか、繰り返し同じ内容を放送した。

町役場のイベント宣伝など、防災無線をとおして、繰り返される内容の放送は穴水町でよくあること。

だが、今回は「え!?何度目の放送?!多すぎない?!」と思ってしまうほど多かった。

町内で、何軒ぐらいが断水状態なのかは分からないが、そう何度も放送しているということは、状況は深刻なのだろう。

町の各地域の集会所にあたる場所では、飲料水の配布が始まっているようだ。それに関する放送も流れていた。

午前中、関東圏の友人からは、「ハロー!昨日輪島で断水ってニュース見たけど、いくの所は大丈夫?」とメッセージが届いた。

(理由はこの記事の下の方に書いているとおり)個人的にはそう深刻だとは思っていないが、おそらく、一部の人は困っているのだろう。メディアも全国的に断水に関するニュースを報道している。

NHK 断水報道 石川県 輪島

そんな状況下、田舎バックパッカー宅の水道は“無敵”な状態である。

うちには、町の水道施設からの水が届いていないので、この報道の「断水」の影響は全く受けていない。

田舎バックパッカー宅は、敷地内にある井戸水がベースとなっているからだ。

井戸水は「現代の基準に満たしているの?!」という心配点は別として… 年がら年中、温度に変化がほぼないため、凍る心配がない感じだ。

“自然”のフィルターを経由しているので、(実際触ってみると冷たいが)通年安定した温度なので、“温かい”のだろう。

輪島市 穴水町 つらら 極寒 Wajima Anamizu Coldness

岩車の地域で、バックパッカー宅のように、水道水が完全井戸水で成り立っている家は、数件程度かと思うが、地区の多くの家では、町からの上下水道と、井戸水を併用していることから、断水になっても、水に困る人は少ないかと思う。飲料水として飲むのであれば、併用している井戸水を沸かせばいい。



ただ、井戸水でも、井戸から家への水道管のパイプが長く、パイプが外気に触れる機会が増えると、パイプが凍ってしまう。

うちのパイプは一応、断熱テープのようなものでテーピング/コーティングされ、家への距離も短いため、比較的悪くないコンディションなのだろう。

田舎 地方 井戸水 暮らし 水道 無料 生活 water bill 0 yen countryside in Japan

田舎/地方へ行くと、山から水を引いている家もある。自然水で美味しいのだが、山の原水から自宅間の距離が長いため、極寒な天候だと、パイプが凍り、膨張して破裂することがあるようだ。

井戸水の場合、家の水道管までの管の長さが短いため、凍る心配が少ないのだろう。

田舎 地方 井戸水 暮らし 水道 無料 生活 water bill 0 yen countryside in Japan

これが井戸。無限の水が入っている。

追加して言うと…

岩車へ移住した当初の家が「縄文」時代だとすると、今の家は「平成」まで進化した。

その“時代”の転換も大きい。

寒さ対策の点で、その“進化”例を挙げると、今の自宅の給湯ボイラーは、驚くことに、凍結予防ヒーターと自動ポンプ運転を搭載しているのだ。

移住当初の「縄文」時代の家は、家中に「ゴォー」という音が鳴り響くほど、古い給湯ボイラーが装備されていた。旧型の給湯ボイラーにそんな予備機能はない。

まぁ、しかしながら、前の「縄文」な家でも、水道は完全井戸水だったため、水道管が凍結したことはなかった。

田舎 地方 井戸水 工事 パイプ 暮らし 水道 無料 生活 water bill 0 yen countryside in Japan

移住先で最初に行ったことは井戸からのパイプ工事。

この「平成」への進化、現代のテクノロジーには、笑ってしまうほど、驚かされる。

そんな背景からも、うちは「断水」の心配は全くないのだ。昔ながらの井戸からの水道、現代のテクノロジーを活かした給湯ボイラー、この組み合わせ、最強である。

田舎 地方 井戸水 工事 パイプ 暮らし 水道 無料 生活 water bill 0 yen countryside in Japan

ここから全ての水道蛇口につながっている。通常、ここに上下水道のメーターが入るのだが、井戸水のパイプをつなげた。

穴水町 給水車 Anamizu Water

穴水町 岩車 石川県 極寒 寒波

穴水町 岩車 集会所 給水車

【表紙の写真】能登・穴水町岩車 – 断水が続いているので、岩車に給水車がやってきた。14:00時点で、水を給水したのは2組ほど。遥々、高岡市からやってきてくれた給水車。

 

 

Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 【お知らせ】牡蠣<かき>販売のサポート開始!
水揚げ直後の牡蠣<かき>があなたの手元に最速翌日届く!能登半島の“奥” 石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>を購入!鮮度抜群なので、牡蠣ならではの臭みなし!ぜひぜひ、ご注文くださいね!^^
シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフ・ステーション, 住める駐車場, 能登, 穴水町, 車中泊 【お知らせ】『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、そして、住める駐車場・長期間滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 田舎へのバックパッカー旅の合間に…有楽町の外国人記者…
  2. 穴水町 岩車 移住者 能登・穴水町岩車に18歳の女性移住者!
  3. 輪島 冬 雪がすごい day 70 石川県穴水町から輪島へ ~ 田舎に高速道路は必要な…
  4. 穴水町 岩車 田舎バックパッカーファミリー、近日中に再び“移住”か?! ~ 次…
  5. 穴水町 岩車 おばあちゃん 娘の“とある”友だちは80代
  6. 東京から能登へ 糸魚川 経由 『ざっくばらんな田舎ライフスタイル体験』冬の“能登の里山里海” …
  7. 移住定住 引っ越し 地方 【能登での田舎暮らし】「移住」はただのお引越し?いつまで移住先に…
  8. 穴水町 岩車 キリコ祭り 2020年 2020年9月末、奥能登 穴水町岩車の「キリコ祭り」は開催するの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

中日新聞 車中泊で白山麓の旅を 企業、大学、住民連携 密のない交流 発信 【メディア掲載】中日新聞1面トップ『車中泊で白山麓の旅を 企業、大学、住民連携 密のない交流 発信』 巨大 日本 生物 day 78 佐賀県を通り過ぎ、長崎県の“居酒屋駅”近くでのテント泊 ~ 今日は移動日 ~ テレビ金沢 石川県 バンライフ 【メディア掲載】テレビ金沢の30分特番「気ままにバンライフ」に登場! glocal mission times 中川生馬 田舎バックパッカー 【メディア掲載】「地方/田舎で働く」を考える人たち向けメディア「Glocal Mission Times」に登場 石川県 穴水町 スーパー お店 どんたく ishikawa anamizu supermarket dontaku 【能登での田舎暮らし】“ほどよい”田舎・能登穴水町のスーパー『どんたく』の“魚”事情 ~ “あさとれ”アジ10尾以上で200円?! ~

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. かき, 石川県 牡蠣, 穴水町 牡蠣, 穴水町 かき, 七尾 牡蠣, 七尾 かき, 能登かき, 能登牡蠣, 輪島 牡蠣, 輪島 かき, 能登半島 牡蠣, 能登半島 かき, oyster in Anamizu, oyster in ishikawa
  2. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  4. トヨタ ハイエース, hiace toyota
  5. 穴水町 鮭, salmon in anamizu Ishikawa, 石川県 鮭
  6. 能登 うさぎ, 穴水, 石川県 野生動物, rabbit anamizu

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
東京の駅だったら批判殺到?!能登牡蠣“破格”食堂『あつあつ亭』2018年1月7日から
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
【田舎で仕事 ‐ 田舎バックパッカーハウス】「さよなら、ぼくのモンスター」のコナー・ジェサップが写真で語る『結生の能登暮らし』続編
day 76.6 福岡県 小呂島 EXILEのミュージックスクール特待生 島田乾生くん家族とバックパッカー夫婦の夕べ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。