2010-10 Backpacking Nagano & Noto - 長野と能登へのバックパッカー旅

day 11.1 輪島に戻り「とりあえず能登半島先端を歩くか…」と結花の一言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2010年10月18日(月) – 15:00の船で舳倉島(へぐらじま)を出発し、16:30過ぎに、輪島に到着した。(舳倉島へのバックパッカー旅のストーリーはこちらから)

時間が遅かったので、またまた輪島でテント泊することにした。

寝る前に、この旅で初めて、洗濯をすることにした。輪島でコインランドリーを探す。

<< 輪島の安いコンランドリー >>

コンランドリーは、ファミィというスーパーの近く。

スーパー内にもあったと思うが、ぼくらが行ったのは、ドラッグストアの隣にあった場所。コインランドリーで服を洗濯中に、スーパーで食事ができるので、ちょうど良い。

日本で、コインランドリーへ行くのは今回が初めて。最近のコインランドリーは最先端だ。洗濯機の中に洗剤が既に入っている。そう、洗剤を別途購入する必要がない

オレゴン大学に行っていたとき、アパート敷地内にあった共有コインランドリーで洗濯をしていたが、洗剤を別途スーパーなどで購入して持参しなければいけなかった。コインランドリーも進化したもんだなぁ…と素直に関心する。

<< 輪島のフードコート付きスーパー >>

洗濯中、近くのスーパーで魚やお総菜などを買って、スーパー「ワイプラザ」内のフードコートで食事を済ませる。

「サークルK」にも行き、新しいボディーソープ、シャンプーを調達。(その当時(2010年10月))ちなみに、能登にはサークルKが多い。

 

<< 輪島の銭湯「白山湯」 >>

その後、いつもの輪島の銭湯「白山湯」へ行った。頭が痒かった。 しかし、なんと!残念ながら今日は定休日。


ワイプラザから銭湯への道のり

ここに島があるから、行ってみるか」という冒険心で行った舳倉島。ぼくらは結局、舳倉島で一体なにを見つけたのだろうか。とりあえず、何人かの野鳥カメラマン、カタツムリ研究家、地元のおばさんに出会って話を聞いた。

<< なんのための島旅だったのか… >>

ぼくは、淡々と舳倉島へのバックパッカー旅の記録を書いたが、これは今後なにかをするための一歩になっているのだろうか。

「なにかありそうだから、とりあえず『ここへ』行ってみるか」のシンプルな好奇心と冒険心は、ぼくらを遠くの新しい場所へと導く。

舳倉島は、渡り鳥、“進化した”カタツムリ、子どもがいないと島の活気がなくなる、家庭農園で野菜を育て半自給自足的な生活をしている人がいるなど、新たな発見があった。

大した発見ではないかもしれないが、実際、行って体感してみないと、わからないことが多く、体から感じられる驚きがない。

これまで仕事をしていた都会では見つけられない、小さくても大きな発見である。それがわかっただけでも、行った価値があったのではないだろうか。

「とりあえずやってみる」の好奇心と冒険心は、おそらく、新たな「なにか」をやるために重要な「心」。

好奇心と冒険心を「子どもっぽい」と解釈している「大人」もいるかと思うが、これら「心」がなくなると、「なにか」をやるための「一歩」が踏み出せなくなる、とぼくは思う。

そんなことを考えつつも、もちろんのこと「今やっていることって、本当にどこかにつながっているのだろうか」と、少し悲観的に考えている自分もいる。そんなネガティブなことを考える自分に対して、「きっと、いずれどこかに辿り着く」とポジティブに考え、ネガティブな自分をかぶせる。

 

<< 明日からの旅先は?! >>

さて、この夜、ぼくらは、明日からの目的地を決めた。

舳倉島への定期船が2日間欠航したとき、ぼくらは真浦に行った。そんな背景から、翌日、バスで真浦まで戻り、そこからさらに先まで歩くことにした。

結花は、「あそこまで行ったら、能登半島を歩いて一周するぞ!これで能登半島を出たら負けた気がする」と張り切っている。結花の体力とやる気次第で、ぼくは能登半島を一周したかったので、ちょうど良かった。

さて、明日に備えて寝るとするか…(続きはこちら

<前のストーリー 『day 11 舳倉島でどんな発見が ~ カタツムリが進化している?! ~

<次のストーリー 『day 12 奥能登 徒歩一周 職務質問されるぼくら ~ 真浦海岸から大谷へ ~』>

石川県輪島のスーパー「ワイプラザ」のフードコートで食事。そして、7Dで撮影した写真データを、パソコン「VAIO P」にコピー。

石川県輪島のスーパー「ワイプラザ」のフードコートで食事。そして、7Dで撮影した写真データを、パソコン「VAIO P」にコピー。

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 

シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフ・ステーション, 住める駐車場, 能登, 穴水町, 車中泊 お知らせ:『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、そして、住める駐車場・長期間滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!
Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 【お知らせ】牡蠣<かき>販売のサポート開始!
水揚げ直後の牡蠣<かき>があなたの手元に最速翌日届く!能登半島の“奥” 石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>を購入!鮮度抜群なので、牡蠣ならではの臭みなし!

関連記事

  1. day 10.2 石川県舳倉島(へぐらじま)に到着
  2. 白米千枚田イルミネーション『あぜのきらめき』終わりまであと1カ月…
  3. 輪島塗 漆器 スザーンロス day 70.4 輪島塗の現状 ~ 輪島に残れない輪島塗に熱心な…
  4. day 14.2 奥能登一周中 再び穴水町へ ~ 今度は町役場へ…
  5. day 14.1 奥能登一周中 道の駅「すずなり」で背後から話し…
  6. asura shinshitsu 阿修羅 芯漆 漆器 輪島 100% 漆だけで『阿修羅』なんてつくれるの?!構想から13年の…
  7. day 7 石川県穴水町で岩本さん、倉本さんとの出会い
  8. day 7.1 田舎へのバックパッカー旅、石川県穴水町 NOTO…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

【メディア掲載】「Lancers マガジン」に『広報の経験豊富なランサー』として登場 一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか? day 7.2 石川県穴水町 次世代の板前寿司屋『幸寿し』 Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 待合室 day 52 高知県 沖の島の『赤い有名人』1 ~ 自己ブランドを構築する荒木健吉さん ~ 鯉のぼり 富士山 Fish on Mt Fuji 約80匹の鯉のぼりが朝霧高原から富士山へ 『子どもの日』に家族で楽しめるバックパッカー×田舎車旅スポット

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

  1. 日本海 10月 海 石川県 穴水町 岩車 空いてる ビーチ 田舎暮らし 子育て
  2. 秋葉博之 秋葉洋子 手紙
  3. 田舎暮らし 子育て 娘 小学校 日記
  4. 新宿ビズタウンニュース 2020年9月 中川生馬 Carstay
  5. 車中泊 バン キャンピングカー 別居 DV campingcar rv

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~
day 54 愛媛県 日振島へ  なにがあるかわからないけど、とにかく行ってみっか
田舎でITレビュー: ストレージをHDDからSSDに交換 PCを倍以上に高速化
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
【ざっくり特集 - VANLIFE 2】豊かな車上生活『バンライフ』は実現可能

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。