INAKA Lifestyle Experience - 田舎ライフスタイル体験

<写真で振り返る>『ヤスヨとヤスコ』の田舎体験、道坂一美さん宅で能登イベリコ豚と山菜をがっつり!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
能登イベリコ豚を飼育する道坂一美さん宅で昼食

能登・穴水町鹿波(石川県) – 能登牡蠣の水揚げ体験後、ぼくらが向かった次の体験先は、「のと猪部里児(いべりこ)」豚・ヤギ・牛などの酪農家・道坂一美(みちざか かずみ)さん宅だ。(前回の田舎体験ストーリーはこちら

能登 穴水町で山菜を採る セリ、タラの芽、春蘭、ウドなど

道坂一美さん宅で、酪農体験をすることもあるが、今回は、道坂さん宅で、みんなで昼食を採って・作って・食べる。

以前にも道坂一美さんについては何度か書いている。道坂一美さんは動物の頭数を限定して、幅広い敷地で飼育する。そうすることで、動物はストレスなく育つ。

テレビなどでは、多くの動物を“小さな”小屋や狭い敷地で育てる酪農スタイルを見かけることが多い。人間も同じ“動物”、狭い環境に押し込まれ、育てられたら、ストレスで頭も体も壊れてしまう。

酪農家 道坂一美さん宅の農場 ストレスなく育っている動物たち

道坂さんの酪農スタイルは、動物をストレスない環境で育てることだけが自慢ではない、飼料に関しても良いものを扱っている。

傷つきものなどが理由で、農家が農協などに出荷できなかったほぼ農薬フリーの農作物を、自身が育てる動物の飼料として無料で取り入れ、動物を育てている。「傷つきもの」の野菜とは言うが、人間も美味しく十分食べられる野菜なわけで、ぼくら田舎バックパッカーファミリーもときには、道坂一美さんから、この傷つきもの…いわゆる“アウトレット”的な野菜をもらうこともある。そんな新鮮で良い野菜を食べている動物たちなのだ。

また、もろもろ酪農に関わっている“自然”を循環させて、酪農を営む。

堆肥として畑で活用できる動物からの排出物を肥料として、自身の牧場で活用したり、取引先の農家、近所の農家などに提供する。農家は、それで畑をおこし、野菜を育てる。その野菜は人間と動物が食べ、また排出物が出て、それがまた土に戻るというサイクルだ。

そのような自然循環型の仕組みがある背景からも…イベリコ豚含め、牛やヤギが美味しいわけだ。

 

まずは能登・穴水町の里山で山菜採り

今朝、牡蠣の水揚げ体験した里海だけでなく、能登の里山にも食材が豊富だ。

これら全てはこの里山の道に生えていた山菜。山菜に加え、庭で畑、里海で釣りや素潜りをすれば、「スーパーとかで買い物しなくても生きていけるのでは?!」とおもわず考えてしまう人もいるのではないだろうか。

穴水町の山菜 セリ

里山で採れたセリ。

穴水町の春蘭

春蘭の花。

穴水町の里山になるウド

ウドは皮をむいてそのまま食べることもできる。

高級山菜 タラの芽まで...

ウドも高級だが、さらに高級な山菜のタラの芽まであるこの能登の里山。

採ってきた山菜でおにぎりをつくったり、おひたしにしたり。新鮮な食材を山から採ってきます

にんにくも入れて

ニンニクやひともじも入れて、今日の昼食づくりをみんなで手掛ける。全て道坂さんの“庭”で採れたもの。

能登 穴水町 道坂一美さん 熟成牛肉

今回、初めて食べさせてもらった熟成肉。これも美味しい。

能登イベリコ豚を飼育する道坂一美さん宅で昼食

そしてメインのイベリコ豚!山菜と最高のコンビネーションとなる。

能登の里山で採ってきた春蘭、セリ、ひともじ、タラの芽など...

能登の里山で採ってきた春蘭、セリ、ひともじ、タラの芽など、能登の田舎で食べるランチはスーパーナチュラルで、最高ということがお分かりだろう。

奥能登での田舎体験…実に贅沢だ。海と山の両方をこれだけ満喫+体験できるスポットは、そう多くはないだろう。

次に向かった先は、今回初めて活用させてもらう奥能登・輪島の絶景BBQ(バーベキュー)と民泊スポットだ。

<続きはこちら

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. ishikawa wajima ryushoji temple self-sufficiency 輪島 龍昌寺 半自給自足 暮らし 村田和樹さん <写真で見る>田舎体験 3日目 最終日 輪島・与呂見 半自給自足…
  2. 田舎体験2日目:穏やかな里海だからできる『洋上パーティー』&『畑…
  3. 石川県 能登半島 穴水町 牡蠣 炭火焼き Ishikawa Noto Oyster BBQ “牡蠣の穴場”で冬の「ざっくばらんな田舎ライフスタイル体験」2日…
  4. 田舎体験 石川県 穴水町 能登半島 田舎暮らし体験 【田舎体験】 あの『ヤスヨとヤスコ』が能登で田舎体験!
  5. Lunch spot Georgian restaurant in Anamizu Ryu Cru リゥ・クリゥ ジョージア 穴水町 田舎体験 最終日: ジョージア“風”料理「リゥ・クリゥ」へ ワイ…
  6. 写真で振り返る 能登のキリコ祭り✖『“ざっくばらん…
  7. 2016年最大の強風 塩の駅 輪島塩 間垣 崩壊 4月過去最大の暴風の中、田舎体験で奥能登一周 ~ 『塩の駅 輪島…
  8. 能登 キリコ祭り 本祭り 第二回目『田舎体験』- 穴水町岩車の『キリコ祭り』翌日の『本祭り…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ 「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 メディア掲載: “住める”駐車場「バンライフ・ステーション」に滞在した夫婦2組が中日新聞に 東奥日報 2020年7月29日 車中泊 バンライフ 中川生馬 田舎バックパッカーハウス 【メディア掲載】青森県の地方紙「東奥日報」でも「バンライフ 車で寝泊まり、旅しながら仕事 『新しい生活様式に』奥能登に拠点 高まる需要」 【メディア掲載】“超変化球”で静岡や室蘭などの地方紙に奥能登の「田舎バックパッカーハウス」の「バンライフ・ステーション」が!? day 13.2 奥能登一周旅 半島最北端のパワースポット「ランプの宿」へ ~ 朝から歩いて9時間 ~

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
能登空港 レンタカー 軽ワゴン
  1. 大井川電機 はなびらたけ ホホホタケ 牡蠣 かき
  2. 牡蠣 はなびらたけ アヒージョ
  3. 牡蠣, かき, はなびらたけ, アヒージョ
  4. 能登 イカの駅 つくモール
  5. 中川生馬 娘

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

5月が旬!漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!<2021年販売開始!>
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
田舎のライフスタイル in 徳島県神山町 1話 - 風力発電の建設と 自然と共に暮らす人々
【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
自動車用電球メーカーが“幻のきのこ”はなびらたけをつくってるって?!なぜ?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
【Carstay車中泊スポットレビュー】500円で車中泊 都会の24時間オープンお風呂カフェ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。