INAKA Lifestyle Experience - 田舎ライフスタイル体験

“キリコ祭り”の『田舎ライフスタイル体験』4話目: 能登の“穴場”絶景スポットへ寄り道

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
世界一長いベンチ longest bench in Ishikawa Noto

“キリコ祭り”の『田舎ライフスタイル体験』1~4話目と題しながらも、中々本題の「キリコ祭り」の内容にたどりつかないが、そんな頻繁に見ない能登の景観を載せていくので、我慢してほしい。(前回のお話しはこちら

ぼくらは今回、穴水町(あなみずまち)周辺だけでなく、能登半島(石川県)のあらゆる穴場スポットへ行くことにした。昨日、参加者のみんなといきなり、信濃大町駅(長野県)で別れ、富山県を経由して、能登半島の千里浜なぎさドライブウェイ(羽咋市)に到着した。

千里浜なぎさドライブウェイ  ハイエース

【奥能登をバックパッカー+“動く拠点”ハイエースで駆け巡る: 千里浜なぎさドライブウェイ(羽咋市)で田舎バックパッカー夫婦のイクとユカ】

今日、千里浜から北上して、棚田100選の白米千枚田(輪島市)まで行く予定だ。

そして、穴水町(あなみずまち)へ向かい、何度行っても名前がユニークなお店「どんたく」で合流。そこから、同町岩車地区の新田信明さん宅へ行き、キリコ祭りに参加する。

さて、日本で唯一砂浜をクルマで走れる千里浜ドライブウェイを宝達志水町方面へと下る…といきなり、北上する予定だったが、ぼくらが到着した入口は羽咋市のドライブウェイ終点地点だったので、宝達志水町へと下った。

羽咋市のドライブウェイ終点には現在、砂のアート作品が展示されている。

千里浜なぎさドライブウェイ  地引網

奥能登をバックパッカー+“動く拠点”ハイエースで駆け巡る: 千里浜なぎさドライブウェイ(羽咋市)。地曳網漁?!をしている様子。

昨晩、ここに到着して、この大きなキングスライム(ゲーム「ドラゴンクエスト」のモンスター)を見たときは…少しびっくり。到着していきなり遭遇したのはこの巨大なモンスターだったのだ。

千里浜なぎさドライブウェイ 砂アート

奥能登をバックパッカー+“動く拠点”ハイエースで駆け巡る。ドラゴンクエストのキングスライムなどのモンスターたち。「千里浜なぎさドライブウェイ」 終点にある砂のアート(2012年9月) 「6つのオブを探せ!~そして千里浜へ…~」 by 導かれし者たち。

そんな能登への短時間の旅で感じることは、人の心の温かさ…“人情味”だった。ただ“旅”をするだけでなく、人と触れ合うことの良さを、ちょっとしたことから改めて感じる。

日本最古の木造建築の灯台「旧福浦灯台」方面への途中、道に迷っているわけではなかったのだが、田舎道で停まって、写真を撮るなどして、次の行き先を考えていると、クルマに乗っている人が、走らせているクルマをわざわざ停めて「道迷ったの?連れてってあげようか?私のクルマの後をついてきな」と問いかけ、先導してくれた。

そんな出来事が半日で2回ほどあった。「改めて親切な人たちがいるなぁ…」と感じるし、今回もこれまでのバックパッカー旅とは違い、限られた時間の旅だったので多くの人たちと深く触れ合えなかったが「もっと時間があればなぁ…もう少しお話ししてみたいなぁ」と思ってしまう。

奥能登 人情味

奥能登をバックパッカー+“動く拠点”ハイエースで駆け巡る: 道に迷ったわけではなかったが、わざわざ走らせているクルマを停めて「道迷ったか?大丈夫か?」と問いかけてくれる能登の人たち。

荒い波が舞う日本海に面した能登…サスペンス系のテレビドラマなどから、「日本海=寒くて冷たい海」などから連想される暗いイメージを持つ人たちが多いかもしれないが、あくまでもそれはイメージだけで、実際は全くそんなことはない。

旧福浦灯台 バックパッカー 旅

奥能登をバックパッカー+“動く拠点”ハイエースで駆け巡る: 旧福浦灯台周辺を歩く。足元にはカニが…

千里浜なぎさドライブウェイ  ハイエース キャンピングカー

奥能登をバックパッカー+“動く拠点”ハイエースで駆け巡る: 千里浜なぎさドライブウェイ(羽咋市)でキャンピングカーとすれ違う。

気多大社 椨の木(たぶのき)

奥能登をバックパッカー+“動く拠点”ハイエースで駆け巡る: 樹齢約1000年の椨の木(たぶのき)。縁結びの神社として知られる気多大社で拝殿や神門は国指定重要文化財。

気多大社 バックパッカー 旅

奥能登をバックパッカー+“動く拠点”ハイエースで駆け巡る: 気多大社(けたたいしゃ)でお祈り。

旧福浦灯台 バックパッカー テント 旅人

奥能登をバックパッカー+“動く拠点”ハイエースで駆け巡る:旧福浦灯台。1608年に地元の住民・日野長兵衛さんにより建てられた日本最古の木造建築の灯台「旧福浦灯台」。1876年に建てられた現在の灯台はその子孫の日野吉三郎さんが建造した。

ぼくら田舎バックパッカー夫婦はこのまま能登半島を北上。次に向かった“絶景”スポットは…(続きはこちら

<前回のストーリー: “キリコ祭り”の『田舎体験』3話目: 信濃大町経由 千里浜なぎさドライブウェイへ

<次回のストーリー: “キリコ祭り”の『田舎ライフスタイル体験』5話目: 能登の“崖っぷち”絶景スポットへ

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking

こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年l間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設で“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタル事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆”の山崖松花堂などの広報を担当する。また、移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. 穴水町岩車 散策 <写真で振り返る>冬の“楽暖”で“ざっくばらん”な田舎体験 2日…
  2. Noto Wine lunch 能登ワイン ブランチ 食事 田舎体験:ぶどう酵母パンと魚の“豪快唐揚げ”で『能登ワイン』ピク…
  3. 能登の見附島 珪藻土島 『ヤスヨとヤスコ』の田舎体験、見附島を眺めながら温泉、そしてバッ…
  4. 輪島 龍昌寺 田舎体験 精進料理 村田 Ryushoji Zen Temlple Yoromi Wajima Japan 田舎体験:体にスーッと入る龍昌寺“産”ランチ
  5. 田舎体験 能登 田舎体験 in 能登・穴水町 Day 2:映画のような田舎での夏…
  6. 田舎体験3日目:奥能登ドローン“イナ旅”へ ~ 能登半島を空撮 …
  7. 能登 移住 田舎体験 小野貴子 冬の“楽暖”な“ざっくばらん”な田舎体験 2日目・前編 ~ “薪…
  8. 牡蠣の養殖 水揚げ体験 <写真で振り返る>『ヤスヨとヤスコ』の田舎体験、牡蠣の水揚げ体験…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

中川結生 田舎バックパッカー 【娘の田舎暮らしと田舎旅日記】またね!あきばさん、おくさん、ぶうすけ 旅行 用品 商品 グッズ レンタル 配送 サービス 【田舎で仕事 – 広報】 旅の荷造り不要!旅の荷物減らせる!旅行用品レンタルのウェブサービス「フラリー」 バンライフの背景にはいろんな理由があるね 朝霧高原 富士山 バックパッカー 車中泊 車旅 バンライフ 一泊で旅する富士山麓・朝霧高原周辺4つ目のスポット「富士芝桜まつり」 新宿ビズタウンニュース 2020年9月 中川生馬 Carstay 【メディア掲載】石川県 奥能登に地方移住しつつも「新宿ビズタウンニュース」に登場

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
Vanlife Japan ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 最高の仕事場所
  1. GAZOO 田舎バックパッカーハウス バンライフ ステーション vanlife station livable parking space
  2. 動くオフィス 書斎 ハイエース 自動車 車中泊
  3. 冬 車中 仕事 モバイルオフィス 動くオフィス 動く拠点
  4. 穴水町 大雪 石川県

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!<2021年注文受付・出荷・販売開始!>
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
【メディア掲載】トヨタ運営「GAZOO」に奥能登の「バンライフ・ステーション」登場
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。