Noto Anamizu Town - 能登 穴水町

【田舎旅 車中泊と仕事スポット】石川県穴水町『あすなろ広場』 “巨大”屋根付き 奥能登最高の車中泊スポット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Anamizu backpacker tent spot 穴水町 車中泊スポット

今日はぼくが移住した能登半島・石川県穴水町の屋根付きで快適な車中泊と、車で仕事ができるスポットを紹介しよう。

暖かくなってきた春、ハイエースがベース車両となっている“動く拠点”で“私事(しごと)”=仕事を始めている。暖かいときは、この“動く拠点”で“私事”をすることが多い。

“動く拠点”は、アネックス社がハイエースをカスタマイズした「ファミリーワゴンC」で、ぼくの“動く拠点”には、大きな着脱テーブルを特別なワークスペースをつくりこんでいる。

ルーフキャリアには250ワットのソーラーを積んでいることから、晴れていれば電気に困ることもない。パソコンやパソコン周辺機器での作業も普通のオフィスと変わらない。“動く拠点”で私事をしたほうが、電気代の節約にもつながる。

どこでも“私事”ができ、どこでも寝ることができる、それが“動く拠点”なのだ。

Anamizu backpacker tent spot 穴水町 車中泊スポット

今日の“動く拠点”での“私事(しごと)”スポットは穴水町中にある「あすなろ広場」近くの漁港。

広い芝生スペース、そして周りは海に囲まれていることから、広々していてスペース感あるスポットだ。

漁師、散歩している人、たまにドライブでやってくる人などが通り過ぎる程度なので、静かに落ち着いて私事ができる。

また、ここ「あすなろ広場」には屋根付きの駐車スペースがある。北陸の冬、奥能登では、車中泊スポットとして一押しの場所だ。

もちろん冬だけではない。季節問わず、万が一雨が降った場合を考えても最高の場所だ。ただ、惜しい点はトイレが少し遠いこと。屋根付きの駐車場から約70メートルは歩かないといけない。

「あすなろ広場」には屋根があることから、天候が悪い冬、地元の人たちは、ここを犬の散歩エリアとしても活用している。

ほとんどのクルマ旅人、バックパッカーは、モバイル機器でインターネットにつなげているかと思うが、ここ「あすなろ広場」には、無料Wi-Fiが導入されたので、無料でインターネットにつなぐことができるので、自身のWi-Fiのギガ数を無駄にすることなく、“私事”をすることができる。

無料Wi-Fiが導入されたのは、2017年の夏頃だったかと思う。

さて、次はどこで“私事”をするかなぁ~

Anamizu backpacker tent spot 穴水町 車中泊スポット

Anamizu backpacker tent spot 穴水町 車中泊スポット【山の上に見えるのは穴水町のホテル「キャッスル真名井」、「あすなろ広場」から一番近い温浴/温泉施設でもある】

 

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)で広報責任者として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てられた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 能登・穴水町 能登鹿島「能登さくら駅」(石川県) - 晴れたらこんな感じの駅になる。桜の時期、クルマを“動く拠点”にしたバックパッカー奥能登旅も楽しい。ただ、駐車スペースがほとんどないため、気を付けたいところ。 日本を代表する能登の“桜駅”の満開は近い ~ 駅全体で80~90…
  2. 能登 星空の町 【夜な夜な一人旅】「穴水町 星空のまち」は本当なのか?
  3. Anamizu camper van travel spot 穴水町 車中泊 娘と「中居湾ふれあいパーク」で車中泊 ちょい田舎旅へ
  4. 朝めし太郎 納豆の日 どんたく 能登での田舎暮らし余談編 : なぜ月曜に納豆を買い占めるのか?
  5. ウミネコパーラー 石川県 穴水町 足立秀幸 かき氷 カフェ Anamizu Shaved Ice Kakigori cafe 奥能登・穴水に移住看護師がオープン かき氷カフェ『ウミネコパーラ…
  6. クリスマス & 音楽ライブイベント by なぎさGAR…
  7. 能登半島最大級の「雪中ジャンボかきまつり2015」へ……
  8. day 7 石川県穴水町で岩本さん、倉本さんとの出会い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

裸のムラ 映画,五百旗頭幸男, バンライフ, 中川生馬 【メディア掲載】奥能登に移住した ただの一般人のぼくが映画『裸のムラ』に一主演として登場!?10月から全国で順次公開 〜 『普通を問う』ドキュメンタリー 〜 < 動画あり > 穴水町 星空 天の川 Milky Way in countryside Japan 【星空旅スポット】能登・穴水町で『天の川』 ~ 街灯がない地方の魅力 ~ 旅行 用品 商品 グッズ レンタル 配送 サービス 【田舎で仕事 – 広報】 旅の荷造り不要!旅の荷物減らせる!旅行用品レンタルのウェブサービス「フラリー」 asura shinshitsu 阿修羅 芯漆 漆器 輪島 100% 漆だけで『阿修羅』なんてつくれるの?!構想から13年の時を経て…「芯漆」とは? バンライフの背景にはいろんな理由があるね

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
穴水町 車中泊,石川県 車中泊,石川県 バンライフ,ふれあいパーク
  1. 石川県 子育て,石川県 移住,石川県 移住者,穴水町 子育て,穴水町 小学校,穴水町 川尻,穴水町 移住者,能登 田舎, 能登 移住者, 田舎 学校, 田舎 小学校,向洋小学校
  2. 石川県 子育て,石川県 移住,石川県 移住者,穴水町 子育て,穴水町 小学校,穴水町 川尻,穴水町 移住者,能登 田舎, 能登 移住者, 田舎 学校, 田舎 小学校,向洋小学校
  3. Carstay Koki Miyashita カーステイ 宮下晃樹
  4. 都市構造再編を活用へ/穴水中央地区立地適正化計画/町、採択要望/総事業費61億4000万円
  5. 石川県 新移住者, バンライフ 地方移住, 岩本舜夫
  6. 穴水町 岩車 キリコ祭り 2020年

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<のとかき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
【メディア掲載】NHK BSプレミアムに登場!「旅する★手作りキャンピングカー」 8月18日放送!
【田舎旅】サブバッテリーの走行充電ができないとき、確認したいポイント
day 45.1 徳島県小松島 『ル・サロン』『国連本部』にも飾られたと話す『阿波おどり』の画家 銭谷誠さんとの出会い ~ “画家として売れるまで…”の25分間の会話 ~
【田舎バックパッカーハウス】能登半島・石川県穴水町の田舎暮らし体験シェアハウス、長期間 車中泊滞在“バンライフ移住”可能な<住める駐車場>『バンライフ・ステーション』について
【メディア掲載】note上のCarstay公式マガジンに登場
自動車用電球メーカーが“幻のきのこ”はなびらたけをつくってるって?!なぜ?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。