INAKA Lifestyle Experience - 田舎ライフスタイル体験

<写真で見る>田舎体験 3日目 番外編 龍昌寺での藍&柿渋ファッションショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
輪島 龍昌寺 柿渋染め Wajima Ryushoji temple self-sufficiency lifestyle experience

能登・輪島市(石川県) – 田舎バックパッカーの『“ざっくらんな”田舎ライフスタイル体験』の最終日の番外編。

この日の昼過ぎ、ぼくらは穴水町中居の「Coast table(コースト・テーブル)」の牡蠣で、田舎体験を〆て、能登空港へ行く予定だったが、もろもろの事情でプランが変更となり、龍昌寺でのんびり一日リラックスした一時を過ごし、能登空港へ行くことになった。

能登牡蠣 穴水町 牡蠣 ishikawa noto anamizu oyster

牡蠣の町に移住した漁師夫婦、“能登/穴水町ならでは!”を活かした食堂『コースト・テーブル』オープン ~ 食堂前の穏やかな里海から水揚げ直後の牡蠣を… ~

龍昌寺の村田啓子さんは、料亭などで料理をする他、藍や柿渋で染め物をし、衣類やバッグなどの小物を作っている。

啓子さんがつくった染め物に興味津々な鍼灸師・コバテツさんが身に纏い、龍昌寺で、ちょっとしたファッションショーが開催されたので、その様子を載せておこう。

龍昌寺 柿渋 染め物 服

龍昌寺の村田恵子さんがつくった柿渋のちゃんちゃんこ。

龍昌寺 柿渋 染め物 服 Ryushoji temple in Wajima experience

コバテツさんの出番。シンプルな柿渋染めのちゃんちゃんこ。これいいね。

輪島 龍昌寺 柿渋染め Wajima Ryushoji temple self-sufficiency lifestyle experience

「柿」デザインの柿渋染め。

輪島 龍昌寺 藍染め Wajima Ryushoji temple self-sufficiency lifestyle experience ai clothing

どうやら、コバテツさんは柿渋染めのほうがお似合いのようだ。

龍昌寺 柿渋 染め物 服 Ryushoji temple in Wajima experience

龍昌寺 柿渋 染め物 服 Ryushoji temple in Wajima experience kakishibu some cloth

この柿渋染めの下地もいい味だ。

龍昌寺 藍染のバッグ パソコン Ryushoji temple in Wajima experience ai bag

藍染バッグにスマホ、パソコンなどを入れるのもおしゃれかもしれないね。

龍昌寺 柿渋 染め物 服 Ryushoji temple in Wajima experience kakishibu some cloth

穴水町岩車の湾 ishikawa noto anamizu iwaguruma gulf

ではでは、みんな、また能登か…どこかの田舎で会いましょう。

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking

こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 信濃大町 室堂 バス停 “キリコ祭り”の『田舎体験』3話目: 信濃大町経由 千里浜なぎさ…
  2. 能登 穴水町 田舎体験 洋上パーティー 【メディア掲載】中日新聞『能登でつくる夏の思い出 神奈川の4人家…
  3. 穴水町岩車 散策 <写真で振り返る>冬の“楽暖”で“ざっくばらん”な田舎体験 2日…
  4. 2016年最大の強風 塩の駅 輪島塩 間垣 崩壊 4月過去最大の暴風の中、田舎体験で奥能登一周 ~ 『塩の駅 輪島…
  5. stars ishikawa 星空 天の川 石川県 穴水町 岩車 田舎体験 1日目夜 星空撮影 能登・岩車から観える『天の川』
  6. 牡蠣の養殖 水揚げ体験 <写真で振り返る>『ヤスヨとヤスコ』の田舎体験、牡蠣の水揚げ体験…
  7. 穴水町 牡蠣 Oyster in Anamizu 田舎体験:岩車で牡蠣小屋“薪火”BBQ
  8. day 11 舳倉島のカタツムリが進化しているって?!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

高級珍味 山菜『タラの芽』を植えた ~ 田舎暮らしの半自給自足生活 ~ Nagasaki Atomic Bomb Museum 長崎原爆資料館への旅 長崎へのバックパッカー旅 ~ 73,884人が亡くなった日 ~ cbcテレビ チャント バンライフ ミチトライフ 矢井田夫婦 【田舎で仕事 – 広報】東海エリア「CBCテレビ」が「バンライフ」に密着 「生活費は?食事は?仕事は?」<動画あり> 穴水町 岩車 集会所 給水車 【能登での田舎暮らし】断水に強い『井戸水』暮らし?! MRO 絶好調W 【メディア掲載】MROテレビ 2時間スペシャルのバラエティ番組『絶好調W』に登場!

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. 高津マコト, 車中泊漫画, 渡り鳥とカタツムリ
  2. 高津マコト, 車中泊漫画, 渡り鳥とカタツムリ
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, 稲刈り, 田舎時間, 田舎体験 穴水町, 向洋小学校, 通学 バス, countryside life in japan
  4. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, 稲刈り, 田舎時間, 田舎体験 穴水町, 向洋小学校, 通学 バス, countryside life in japan

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
速報:穴水町川尻の橋で老人ホームのクルマ転落事故
能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
<写真で見る>能登・穴水町の とある一軒の田舎/地方の空き家
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
【カーステイ車中泊スポットレビュー】500円で車中泊 都会の24時間オープンお風呂カフェ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。