2011-01 Experiencing Life in Noto - 能登での田舎暮らし体験

day 70.3 予想外の日本滞在約20年 「ペンキ塗りは得意。輪島塗を3ヶ月でマスターできると思った」と漆芸作家スザーン・ロスさん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スザーンロス

能登・輪島市(石川県) – Suzanne Ross(スザーン・ロス)さんは、石川県漆芸技術研修所で輪島塗を学び卒業したら、イギリスに帰国する予定だったが、漆塗りを極めることはそう簡単ではなかった。

3ヶ月しか滞在しないつもりが、20年以上になってしまったのよ!」と、スザーンさんは幸せそうに笑う。(前回の話しはこちら

スザーンロス 漆塗り作家【石川県輪島市 牛舎(ぎゅうしゃ)を改造して作ったアトリエ】

 

使えば使うほど味がでる漆塗

「漆器はもったいないから特別な時にしか使いたくない」というのがぼくのイメージだ。

スザーンさんは、「漆塗で出来ているモノは、使えば使うほど、“味”が出るのよ。お寺の庭園に苔(コケ)が生えると“味”がでるようにね」と話す。

例えが日本的でわかりやすい。プラスチック製品のモノは傷がつけば、「ただの傷」で終わってしまう。

「高いものこそ、使い道を豊富にすべき。漆器は“生活の質”を向上させる

品質にかかわらず、自分の好きなモノを使うことで、満足感が得られ気分が良くなれば、それがベストよ。それに、人は壊れたり傷つきやすいものよりも、高品質で長持ちする1枚を選ぶ」と続ける。

「人間より長持ちするよ」と笑いながら説明を補足する夫のクライブさん。

 

でも、なぜ日本へ?

スザーンさんのアートはまず塗り物から始まった。「塗り物は全て自分でできる」

ロンドン(イギリス)で開催された江戸時代の工芸展示会で、漆塗の素晴らしさを見て感動した。

これがきっかけで、日本で本格的に勉強したいと思い、スザーンさんは1990年に来日した。

「勉強するならベストから学びたい」と知人に相談し、漆塗りで有名な輪島を勧められたことがきっかけで、輪島塗の勉強が始まった。

来日後、3ヶ月で輪島塗をマスターできると思ったが、輪島塗は3ヵ月以上に深かった。

そして続けること20年以上…。想定以上の年月だった。“想定”どころではない…

当時、20年もかかるって聞いていたら、辞めていたわよ!ペンキ塗りは得意だし、半年でマスターできると思ったわ」と、スザーンさんは大笑いしながら話す。

 

手間がかかっている輪島塗の工程

輪島塗は、漆を塗って、金箔などでデザインするだけでは終わらない。

輪島塗の大まかな工程数は16ほどあり、半端なく手間がかかる作業が沢山あるそうだ。

輪島塗 朝市【石川県輪島朝市の通りにあった輪島塗】

輪島塗は分業で、工程ごとに職人がいる。塗師屋が、商売人や各工程の分業をまとめる“プロデューサー役”を担当する。

作品の元となる木を形として削り取り乾燥させる「荒型(あらがた)」

漆を塗る前に荒型を削る「木地」づくりや「研ぎ」

漆を塗る「中塗り(なかぬり)」や「上塗り(うわぬり)」の作業

作品にデザインを描く「蒔絵(まきえ)」など多くの工程がある。これら各工程は、更に細分化されている。

そして、工程の一環には、蒔絵として上塗りされた木地に絵を描く前の下書きデザインをスケッチしたり、付加価値について考えるなどして“工夫”を追加する作業があるのだ。

スザーンロス【石川県輪島市 Suzanne Ross(スザーン・ロス)さんは、丁寧に輪島塗について説明してくれたり、自身についても語ってくれた】

 

輪島塗の難しさとは

「輪島塗の全てを学びたい」と思い来日したが、そう簡単に漆塗を教えてはもらえなかった。

ようやく石川県の輪島塗の養成機関「漆芸術研修所」にも通い始めることができた。

9年間だ。しかし、9年間続けて研修所で勉強したわけではない。

その間、自身で作品をつくり個展を開催したり、自分にとって足りない技術を磨くために、もう一度養成機関に通った。

石川県出身の人間国宝/重要無形文化財保持者の大場松魚(おおば しょうぎょ)さん、小森邦衛(こもり くにえ)さんの指導も受けた。

「人間国宝」の人たちは、国宝をつくるための技法を保持する人たちだそうだ。

就労ビザでの日本滞在から永住権を取得。帰国する必要がなくなり、長期滞在して、輪島塗をマスターすることの計画を考え始めたと言う。

当初、3ヵ月でマスターして、イギリスで漆塗を継続する予定だったが、輪島塗の工程数が多すぎた。さすがに20年かかるとは思っていなかった。

スザーンロス【石川県輪島市 輪島塗と日本に来た時のことについて語るスザーン・ロス】

一つの工程を学ぶのに、3年弱かかるとも言われているそうだ。

計16工程ある輪島塗、一工程を終わらせるのに、1年かかることもあるそうだ。

スザーンさんは、輪島塗の全行程をマスターしたかなりの勉強家/努力家である。

ぼくらは、去年(2010年10月)、輪島へ行ったときに感じたことを正直に伝えた。(そのときの話しはこちら

「輪島って元気がないですよね… 輪島の朝市を通ったときに感じました」と(続きはこちら

<前回のストーリー 『day 70.2 漆芸作家スザーンさんと、クライブ・ロスさんとの出会い ~ 別れるか、日本へ行くかの選択 ~』>

<次回のストーリー 『day 70.4 輪島塗の現状 ~ 輪島に残れない輪島塗に熱心な次世代 ~』>

 

 

Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 【お知らせ】牡蠣<かき>販売のサポート開始!
水揚げ直後の牡蠣<かき>があなたの手元に最速翌日届く!能登半島の“奥” 石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>を購入!鮮度抜群なので、牡蠣ならではの臭みなし!
シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフ・ステーション, 住める駐車場, 能登, 穴水町, 車中泊 お知らせ:『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、そして、住める駐車場・長期間滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. day 12 奥能登一周旅 職務質問されるバックパッカー ~ 真…
  2. Lacquer art in Wajima Japan 漆 輪島塗 芯漆 木地などの下地未使用 100%日本産漆のみで作った『芯漆』美術品…
  3. 能登半島 冬 厳しい day 71 石川県 穴水町 雪で寒い中、家から締め出された! …
  4. キツネ 発見 野生 day 66 石川県穴水町 “オレンジ色の動物”との遭遇
  5. 能登 巌門 旅人 バックパッカー “キリコ祭り”の『田舎ライフスタイル体験』5話目: 能登の“崖っ…
  6. 中川結花子 バックパッカー day 72・73 石川県穴水町 田舎暮らし“ちょい住み”最終日…
  7. living trial in Anamizu Ishikawa 穴水町 移住体験 体験住居 day 58 能登半島 穴水町に向けて再び出発 ~ 町の移住体験…
  8. 牡蠣 穴水町 day 66.1 石川県穴水町 この時期..食べたくなる能登のカ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

田舎旅 クルマ旅 カーステイ Carstay ハイエース ファミリーワゴンC 動く家 車中泊 5歳の娘、今夜も“家の前”で車中泊?!将来は大物バンライファ―?! コロナ バンライフ 車中泊 道の駅 住める車中泊スポット「バンライフ・ステーション」に新たな“入居者” ~ コロナ禍のバンライフの課題 ~ < 3話目 > 【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?! FFヒーター オーバーホール 煤 すす 故障 不具合 不調 家と書斎機能ある“動く拠点”、8年使用した冬欠かせない装備『FFヒーター』の清掃・修理・部品交換!症状は? Carstay Koki Miyashita カーステイ 宮下晃樹 【田舎で仕事】今週末は東京と鎌倉で“私事”の打ち合わせ

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. Vanlife Japan ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 最高の仕事場所
  2. GAZOO 田舎バックパッカーハウス バンライフ ステーション vanlife station livable parking space
  3. 動くオフィス 書斎 ハイエース 自動車 車中泊
  4. 冬 車中 仕事 モバイルオフィス 動くオフィス 動く拠点
  5. 穴水町 大雪 石川県

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!<2021年注文受付・出荷・販売開始!>
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。