Noto Wajima - 能登 輪島市

『世界ふしぎ発見!』に能登へのバックパッカー旅で出会ったスザーン・ロスさん登場 – ストーリー8話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

能登・輪島市(石川県) – 昨晩、1986年からTBS系列で放送されている『世界ふしぎ発見!』の「冬のサムライ・ルート!外国人を魅了する湯けむり日本の秘密」に、石川県輪島市で田舎暮らしをするSuzanne Ross(スザーン・ロス)さんが登場した。

イギリスから日本へ…スザーン・ロスさんが2015年に最近出版した本。

日本への移住した当時のストーリー、漆や日本のアートに対する想いがこの本に綴られている。

詳細ストーリーとして、この本を読むのもおもしろい。

Suzanne Ross(スザーン・ロス)さんと言えば、ぼくら田舎バックパッカーが2011年1月、能登・穴水町岩車に“ちょい”田舎暮らし体験中に出会った漆芸作家スザーンさんだ。岩車移住後も、何度も訪問させてもらっている。

以下は、能登へのバックパッカー旅のときに綴った一連のストーリーだ。

Tabi_04_Anamizu_2011_01_0467_s

day 70.1 石川県輪島市 3ヶ月滞在予定が20年以上に ~田舎の森の中に住み“デザインを冒険する”漆芸作家Suzanne Ross(スザーン・ロス)さんとの出会い~

Tabi_04_Anamizu_2011_01_0462_h_s

day 70.2 漆芸作家Suzanne(スザーン)さんとClive Ross(クライブ・ロス)さんとの出会い ~「別れるか、日本へ行くかの選択」~

Tabi_04_Anamizu_2011_01_0441_s

day 70.3 予想外の日本滞在“約20年” 「ペンキ塗りは得意。輪島塗を3ヶ月でマスターできると思った」と漆芸作家Suzanne Ross(スザーン・ロス)さん

Tabi_12_Anamizu_2012_01_0251_s

day 70.4 輪島塗の現状 ~輪島に残れない輪島塗に熱心な次世代~

Tabi_04_Anamizu_2011_01_0442_s

day 70.5 輪島塗と独自の技法でデザイン “Power of Wood(木の力)”を感じられる作品をつくるSuzanne Ross(スザーン・ロス)さん

IMG_3530_s

day 70.6 輪島塗の展示方法やプレゼントにも工夫を

Tabi_04_Anamizu_2011_01_0454_s

day 70.7 輪島塗を活性化させたい漆芸作家 スザーン・ロスさんの取り組みは?

Tabi_04_Anamizu_2011_01_0463_s

day 70.8 “神”の領域にあるPure Beauty – 純粋な美しさ – をつくりたいSuzanne Ross(スザーン・ロス)さん

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 輪島 フランス料理 ラトリエ・ドゥ・ノト 池端隼也 土門 ロブション french wajima latelier de noto “イナ旅”初のフランス料理 能登・輪島の『ラトリエ・ドゥ・ノト』…
  2. 輪島 金蔵 万燈会 写真 輪島“金蔵万燈会”とお寺音楽 ライブへ ~ 田舎の村がロウソクの…
  3. 能登を代表する棚田「白米千枚田」 日本の棚田百選でもある <写真で振り返る>田舎体験 2日目 奥能登一周 輪島の「白米千枚…
  4. 能登・穴水町 - のと鉄道のNHK朝ドラ「まれ」ラッピング列車 一話目: 能登がロケ地 NHK朝ドラ「まれ」開始同日に̷…
  5. 輪島 龍昌寺 田舎体験 精進料理 村田 Ryushoji Zen Temlple Yoromi Wajima Japan 田舎体験:体にスーッと入る龍昌寺“産”ランチ
  6. 石川県 能登 輪島市 まるごと里山ホテル 茅葺庵 三井の里 山本亮 晶子 田舎旅:輪島市三井町に『茅葺庵 三井の里』リニューアルオープン …
  7. day 11 舳倉島でどんな発見が ~ カタツムリが進化している…
  8. day 12 奥能登一周旅 職務質問されるバックパッカー ~ 真…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

能登の農家民宿 ゆうか庵 輪島塗 夕飯 昼食 ishikawa noto town hostel experience wajima nuri lunch dinner <写真で振り返る>田舎体験 2日目 奥能登一周 能登町の豪華“料亭”農家民宿 van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影 「車中生活」「バンライフ」の“影”に必要なこと | NHKスペシャル記事「車中の人々 駐車場の片隅で」から考える 高級珍味 山菜『タラの芽』を植えた ~ 田舎暮らしの半自給自足生活 ~ 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 メディア掲載: “住める”駐車場「バンライフ・ステーション」に滞在した夫婦2組が中日新聞に Vanlife Japan ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 最高の仕事場所 “ざっくり”特集:「豊かな車上生活」ができる時代 < VANLIFE 2 >

今季の牡蠣出荷・販売開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

能登・石川県穴水町のシェアハウス・バンライフステーション『田舎バックパッカーハウス』

石川県 知事 谷本正憲
  1. 動く家 モバイルハウス 軽トラハウス モバイルハウスビレッジ
  2. Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人 石造り 島 サントリーニ島 キャンプ テント
  3. バックパッカー 石川県 日本
  4. 能登 石川県 穴水町 川尻 シェアハウス 田舎バックパッカーハウス
  5. オレゴンコースト 歩く
  6. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP