Whisper - つぶやき

【能登の田舎からのつぶやき】地方移住に「興味ある」調査って意味あるの?!ってお話し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事下にあるとおり、地方/田舎移住に対する意識調査の結果、「興味はある」が半数以上を占めたわけだが、「まぁ、そうだろうね」ってお話しでね…

これまでも同様の調査をみてきた気がしてならない。実際のところ、検索すると、同様の調査が多くひっかかる。

別に調査を悲観的にとるわけではない。「興味ある」ことは良いことで、「興味」からなにかがスタートする。

だが、もはやこの手の調査は時代遅れ、古い気がしてならない。

今や「興味」があっても、その回答者が、その後、「どうしたのか?」「どのような行動をとったのか」が重要。

そろそろ、その回答後の行動について、フォローアップ的な調査もしたほうが良いと思ってしまうわけだ。

興味程度であれば、今や誰でも地方移住に「興味はある」のではないだろうか。そんな背景から、この手の調査程度で、報道すべき内容なのだろうか?!と。

あと、ここでの「地方」とは、どのぐらいの人口規模の地方を指しているのかも気になるところ。

石川県でいうと、金沢や金沢近辺の市町などは、暮らしやすいだろうし、そこそこの都会なわけで、「地方」にカウントすべきなのだろうか?とついつい疑問に感じてしまう。

ぼくのように、これまで鎌倉や東京エリアを拠点にし、奥能登の限界集落に移住した者としては、そこも「地方移住」にカウントしちゃうの?!という印象を受けるわけだ。

「これまで」とは言っても、2013年までだが。

ぼくから言えば、どうしても、「わざわざ、都会(鎌倉や東京)から都会(金沢などの地方都市)に移住してもなぁ~」「移住と言うぐらいなら、相当なド田舎へと移住しないと、田舎へ移住した意味なくない?!」と言いたくなってしまうわけだ。

まぁ、ちょい極端かもしれないが、ザ・田舎的な地域に移住した人の本音は、そんな感じじゃないかな?

地方移住 調査, 2023年,興味ある 地方移住「興味あり」60% 30代関心高く、民間調査

まぁ、そこはあくまでもぼくの個人的な見解で、地方のどこを移住先とするのかは、人それぞれで自由だけどね。

とにかく、この手の調査の回答、結果が「興味ある」だけでは、ありがちすぎで、あまり意味が感じられずで、より深堀りする必要があると感じてしまった。

 

Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 【お知らせ】牡蠣<かき>販売のサポート開始!
水揚げ直後の牡蠣<かき>があなたの手元に最速翌日届く!能登半島の“奥” 石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>を購入!鮮度抜群なので、牡蠣ならではの臭みなし!ぜひぜひ、ご注文くださいね!^^
シェアハウス, バンライフ, 住める駐車場, 能登, 石川県穴水町, 車中泊 【お知らせ】『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、そして、住める駐車場・長期間滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!
車中泊,バンライフ,キャンピングカー,carstay,カーステイ キャンピングカーレンタル、車中泊スポットの検索や予約ならバンライフのプラットフォーム「Carstay(カーステイ)」が便利!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)で広報責任者として関わりつつも、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てられた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 穴水町 小学校 統合, 向洋小学校, 小学校 説明会 【田舎からのつぶやき】石川県穴水町役場の『独断と偏見』、向洋小学…
  2. テスト投稿: 車中泊ユーチューバーともさん 田舎バックパッカーハ…
  3. トヨタ クラウン 走り 走りスムーズなクラウンに乗り換え?!クラウン似合うの?!
  4. Surface Book 2 修理 【田舎でIT】Surface Book 2 修理で戻ってきたもの…
  5. 早朝6:30 鹿児島からの電話
  6. マラソン すべらない話し 【田舎暮らし夫婦: 大げさ結花子の大悲劇 2話目】マラソンを走り…
  7. winter snow tire in Hokuriku Ishikawa Noto Japan 北陸 石川県 能登半島 スタッドレス タイヤ コロナ禍、今朝、静岡へ向けて出発予定だったんだけど…
  8. 【能登の田舎からのつぶやき】石川県 能登地方はまだ冷えるなぁ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

能登 穴水町 田舎体験 洋上パーティー 【メディア掲載】中日新聞『能登でつくる夏の思い出 神奈川の4人家族、田舎体験』 creative coffee shop countryside in Japan 能登での田舎暮らし: 穴水町岩車にカフェ?! 東奥日報 2020年7月29日 車中泊 バンライフ 中川生馬 田舎バックパッカーハウス 【メディア掲載】青森県の地方紙「東奥日報」でも「バンライフ 車で寝泊まり、旅しながら仕事 『新しい生活様式に』奥能登に拠点 高まる需要」 田舎体験 能登 【田舎体験】石川県穴水町の田舎で映画のような夏休み!“ちょい”酪農体験と里海を活かした“洋上パーティー” 【令和6年能登半島地震】石川県穴水町 川尻の車中泊スポットでシェアハウス「田舎バックパッカーハウス」の壊滅的な現状<現場からの動画>

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
北海道新聞 キャンピングカー, 石川県, カーステイ, 中川生馬
  1. 石川県 穴水町 罹災証明書
  2. 北海道新聞 キャンピングカー, 北海道新聞 カーステイ
  3. 石川県穴水町, 能登半島地震,田舎バックパッカーハウス
  4. NHK 中川生馬, NHK Carstay, NHK キャンピングカー, 能登半島地震 キャンピングカー, 能登半島地震 カーステイ
  5. のと鉄道 和倉駅, 能登半島地震 電車, 能登半島地震 穴水駅

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
day 70.2 漆芸作家Suzanne(スザーン)さんとClive Ross(クライブ・ロス)さんとの出会い ~ 別れるか、日本へ行くかの選択 ~
day 70.1 石川県輪島市 3ヶ月滞在予定が20年以上に 田舎の森の中に住み“デザインを冒険する”漆芸作家スザーン・ロスさんとの出会い
day 70.3 予想外の日本滞在約20年 「ペンキ塗りは得意、3ヶ月で輪島塗をマスターできると思った」と漆芸作家スザーン・ロスさん
漁師直送!水揚げ直後の能登牡蠣<のとかき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣 注文・販売!ペイペイにも対応!
【令和6年能登半島地震】石川県穴水町岩車の牡蠣 先行予約販売 開始!
day 70.4 輪島塗の現状 ~ 輪島に残れない輪島塗に熱心な次世代 ~
【令和6年能登半島地震】石川県穴水町 岩車から椿崎、鹿波へと抜ける道が復旧
日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で 2話目
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
PAGE TOP