INAKA Gourmet - 田舎でグルメ

能登への旅人たち、“不思議な現象起きる”能登町中谷家の蕎麦屋『そばきり 仁』へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
そばきり仁 中谷家 蕎麦 小林仁

能登・能登町黒川 – 田舎バックパッカーの拠点が新たな場所に移動しても、相変わらず、海外在住の友人や、旅人たちが能登へとやってきてくれる。

2017年3月から、海外からのお客さんも多い。

能登への旅人たちには以前、このブログでも登場した能登町黒川地区の中谷家「そばきり 仁」を紹介することが多い。

ちょい“辺鄙(へんぴ)”な場所にあるので、中々、たどり着くことができず、「知る人ぞ知る」スポットになっている。

日本的な器に盛られたとにかく!素晴らしい味の蕎麦、昭和な雰囲気のオーナー・小林仁さん、400年以上の歴史がある天領庄屋「中谷家」や、そこにある骨董の品々など、あらゆる『古風』感がマッチしている。「知る人ぞ知る」スポットのロケーションにある蕎麦屋ってのがまた良いんだよね。

能登町 蕎麦屋 東京からわずか約1時間30分!美味な約10割蕎麦『そばきり 仁』今年も築400年の能登天領庄屋でオープン – 展示会も5月から

「そばきり 仁」で「盛り蕎麦」や、新たに始まった「冷おろし蕎麦」を食べると、「美味しすぎて、逆にお腹が減る」という不思議な現象が起きることがわかった。

能登町 中谷家 蕎麦

おかん 日本一周 旅人

北海道出身の自転車旅人「おかん」とあーやんが、田舎バックパッカー宅へ来たときも「そばきり 仁」へ。(画像をクリックすると「日本一周~おかんとチャリと時々フトン」に飛びます)

 

2017年5月、金沢で一パネリストとして、中小企業向けのセミナーで講演させてもらった。

そこで、田舎バックパッカーに興味を持ち、講演に参加してくれた横浜から金沢に移住したシングルマザーの「みなこさん」もぼくのブログで「『そばきり 仁』へ行きたい!」と感じてくれ「そばきり 仁」へ。

(画像をクリックすると「金沢大好き!みなこのブログ」に飛びます)

能登町 中谷家 蕎麦

そして、つい先日は、遥々、元・職場ソニーのグループ会社 ソニー・ピクチャーズ・エンタテイメント(SPE)で、アメリカ・ロスアンゼルス在住の中山雅貴(なかやま まさき)さんと、中山さんの大学のサークル仲間で東京在住の高橋奈々ちゃんが「絶対、ここ行く!」と「そばきり 仁」へ。

美味しすぎて、この蕎麦を食べると、逆にお腹が減る」という不思議な現象に気づいたのは、中山さんと「そばきり 仁」へ行ったときのこと。

ついつい… 2人で2杯も食べてしまった。

 

 


IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. Best Soba noodle in Ishikawa 能登町 そばきり 仁 小林 能登半島のゴールデンウィーク一押しスポット 「そばきり 仁」 4…
  2. 中谷家 蕎麦 そばきり仁 東京からわずか約1時間30分!美味な約10割蕎麦『そばきり 仁』…
  3. 能登町 テニスコート 能登での田舎暮らし:穴水でテニス ~ 能登町での奥能登大会 ~
  4. soba noodle in Notocho Wajima Ishikawa 中谷家 能登町 輪島 穴水 蕎麦 そばきり 仁 中谷家 『そばきり 仁』 築約400年 能登の“ちょい”世界遺産的な屋敷…
  5. 能登の農家民宿 ゆうか庵 輪島塗 夕飯 昼食 ishikawa noto town hostel experience wajima nuri lunch dinner <写真で振り返る>田舎体験 2日目 奥能登一周 能登町の豪華“料…
  6. 能登 イカの駅 つくモール 日本の補助金のあり方をうま~く利活用する能登町「イカの駅 つくモ…
  7. 田舎 里山 シンガー チョージ Choji “田舎”シンガーのチョージさん 奥能登 天領庄屋「中谷家」でライ…
  8. 能登ものづくり展 能登町 中谷家 能登ものづくり展 天領庄屋『中谷家』で開催! 『縁側カフェ』もオ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

秋葉博之 秋葉洋子 バンライフ 住める駐車場 穴水町 輪島 珠洲 能登町 石川県 車中泊 石川県の住める駐車場「田舎バックパッカーハウス」に帰ってきた本格バンライファー夫婦 北陸中日新聞 『のと群像』 新しい行き方提案 中川生馬 【メディア掲載】北陸最大のブロック紙『北陸中日新聞』に“どでかく”登場 『新しい生き方 提案』 穴水町 田舎体験 移住者 鎌倉 村尾茂雄 キリコ祭り 【メディア掲載】キリコ祭りの『田舎体験』で縁結ばれた村尾さん夫婦 能登・穴水町岩車へ 大阪 吹田 料理とお酒 晴ル 都会の居心地良い空間食堂『料理とお酒 晴ル』が能登・穴水町岩車産の牡蠣を採用 マイクロソフト Surface Duo 製品群 【田舎でITレビュー】驚きのSurface新製品発表に新型Surface Bookがない理由

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
vanlife asahi バンライフ 朝日新聞
  1. 高津マコト, 車中泊漫画, 渡り鳥とカタツムリ
  2. 高津マコト, 車中泊漫画, 渡り鳥とカタツムリ
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, 稲刈り, 田舎時間, 田舎体験 穴水町, 向洋小学校, 通学 バス, countryside life in japan

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
【バンライフ動向】朝日新聞の“選挙”コーナーにバンライフに関するコメント 女子大生バンライファー宮本芽依さん
田舎バックパッカーハウス < 公式概要と利用料金について>
デルのノートパソコン 購入半年で三度目の修理、デルの最悪なサポート対応を暴露
day 76.6 福岡県 小呂島 EXILEのミュージックスクール特待生 島田乾生くん家族とバックパッカー夫婦の夕べ
【田舎で仕事】カナダ出身の映画俳優兼監督コナー・ジェサップ 『クリエイティブ“田舎”ワークスペース』で脚本執筆中
【田舎で仕事 ‐ 田舎バックパッカーハウス】「さよなら、ぼくのモンスター」のコナー・ジェサップが写真で語る『結生の能登暮らし』続編
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
田舎バックパッカーハウスの初代ユーザー、Netflixオリジナル映画「Locke & Key」に登場!
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。