INAKA Backpacker House - 田舎バックパッカーハウス

【田舎で仕事】カナダ出身の映画俳優兼監督コナー・ジェサップ 『クリエイティブ“田舎”ワークスペース』で脚本執筆中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
connor jessup コナー・ジェサップ

能登・穴水町岩車 ‐ カナダの映画俳優・脚本家・監督のコナー・ジェサップ(Connor Jessup)が現在、ぼくの移住先 能登の農山漁村・穴水町岩車(あなみずまち いわぐるま)の、我家 仕事部屋『クリエイティブ“田舎”ワークスペース by 田舎バックパッカー』で脚本の執筆活動中だ。

connor jessup コナー・ジェサップ

7月16日から日本で上映開始した映画『さよなら、ぼくのモンスター』の舞台挨拶を終え、その翌日、東京から能登へ向けて、新幹線とローカル列車で旅だった。

デビュー作は、世界的に有名なスティーヴン・スピルバーグさん製作総指揮の海外ドラマ『フォーリング スカイズ』。なんと!コナーが16歳のときに出演。

最近では、海外ドラマ『アメリカンクライム』にも登場している。(アメリカエンタメ最大級「Variety」誌オンライン記事はこちら

今回、田舎/地方の落ち着いた環境で、脚本の執筆作業に集中したいとのことで、7月17日(月)から奥能登・穴水町岩車へ。



能登に移住する前から、田舎/地方に移住したら自宅/古民家を活用して、フリーランス・個人事業主、ITベンチャー企業向けに家の一角をオフィス的な形で貸し出すことを考えていた。

この自然豊かな環境は、暮らしだけでなく、落ち着いて仕事ができる場所にも適していると考えている。

connor jessup コナー・ジェサップ

今回、試験的に開始した『クリエイティブ“田舎”ワークスペース』活用者の第一号がコナーだ。

田舎での課題の根幹は『仕事』。

そんな課題を少しでも解消できるような一歩につながり、「田舎でも問題なく仕事ができるなぁ」と思ってくれ、今後のライフスタイルの一つの選択肢として、田舎がランクインすればいいなぁと考えている。

connor jessup コナー・ジェサップ 穴水町 シェアオフィス【快適な仕事向けの椅子とデスク、リラックスできるソファ、その隣の部屋には畳に座わって作業をすることができる机がある。もちろんダイニングにあるテーブル、ソファ“だらけ”のリビングで仕事をしてもよし。“アーティスト”には、あらゆる変化あるスペースが必要だと思っている】

フットワークが軽い“フリーランス”的なプロフェッショナル、バックパッカー的なニュアンスで言えば、“旅をしながら”仕事をするフリーな人々向けのスペース。

主に、プロデューサー・脚本家・作家・執筆者・ライター、動画・写真編集者、プログラマー、エンジニアなど、いわゆる社会的に“クリエイター”や“アーティスト”などとして活躍するフリーランス/個人事業主。小規模~大企業内で、①にあたる人たちなどが対象だ。

穴水町 シェアオフィス

その対象の中でも、基本はぼくが知っている人たち、その人たちとつながっている人に、このワークスペースを活用してもらえればと思っている。

田舎バックパッカーのぼくの想いとしては、『今や、仕事のために、東京などの都会を“拠点”にする必要はない。シンプルなテクノロジーを活用すれば、田舎でも仕事ができる』のだから、この田舎の落ち着いたスペースで仕事をしたらどうですか?を提案していきたい。

最終的には、田舎の空き家を改修・活用するなどして、田舎を拠点にすることへとつながればいいなぁと思っている。

connor jessup コナー・ジェサップ

もはや、「田舎だから...都会だから...」という社会全般が抱える固定概念は、捨てるべき時代なんだと思うなぁ。

能登・穴水町には、“理由なく”最高に落ち着いた自然環境が存在する。湖よりも穏やかで広大な海、田んぼ、低い山、海沿いにある村など。

穴水町 岩車 Anamizu Iwaguruma

家でなくても、50メートル先の漁港、広場、堤防など、どこで仕事をしても問題ない。誰も文句は言わないし、岩車はみんなをウェルカムしてくれる。もちろん、地元の人に会ったら挨拶するなど、どこにいても一般常識的な行動は必要だ。

とにかく、岩車の環境は心を落ち着かせて仕事ができるスポットなのだ。

2017年3月中旬ごろまで住んでいた前の家は、住居としては適していたが、ゲストを迎えるには“快適さ”“使い勝手”に欠けていたことから、今回のようなワークスペースに関しては画用紙に描いた構想のみでストップしていた。

穴水町 岩車 バックパッカー シェアオフィス

今年、そのようなスペースに適した家をようやく発掘!

現在、トライアルベースで、『クリエイティブ“田舎”ワークスペース』の貸し出しを始めた。

あくまでも、『ワークスペース』で、ぼくは民宿、農家民宿、ゲストハウス、ホテル、モーテルなどの経営は全く視野に入れていない。もちろん、将来的なことは確約できないが。

自分らしさ、バックパッカーならではの“ざっくらん”感、自身の自由奔放さを活かすことを考えると、それら宿泊型施設は性に全く合わない。

この「田舎ワークスペース」は、自分のワークスタイル・性に合った新たな“スペース”だ。

タイミングよく、能登へと旅して、仕事場所を探しにやってきたのがコナー。

って…今週早々から『クリエイティブ“田舎”ワークスペース』を開始しようと思っていたから、タイミングが良すぎる…

最初の利用者が、世界的に活躍する映画俳優かつ脚本家さんとは…いきなりハードルがあがった気持ちにはなるけど…

我ながら、今後が楽しみになってくる。

今、コナーが書いている脚本の映画化は来年になる見込みだそうだ。能登のこの落ち着いた環境で、納得いく脚本が書き上げられればいいなぁ。

connor jessup コナー・ジェサップ シェアオフィス

connor jessup コナー・ジェサップ

【コナーはまだ23歳。デジタル世代なのに、あえて、自身に合ったクラシックなカメラを選んでいる。なにをするにしても、あらゆる選択肢をしっかり体感してから、自身に合ったモノやコトを決めることは重要だ】

anamizu iwaguruma 穴水町 岩車

穴水町 BBQ Anamizu

穴水町 岩車 能登 夕暮れ

穴水町岩車

 

 

Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 【お知らせ】牡蠣<かき>販売のサポート開始!
水揚げ直後の牡蠣<かき>があなたの手元に最速翌日届く!能登半島の“奥” 石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>を購入!鮮度抜群なので、牡蠣ならではの臭みなし!ぜひぜひ、ご注文くださいね!^^
シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフ・ステーション, 住める駐車場, 能登, 穴水町, 車中泊 【お知らせ】『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、そして、住める駐車場・長期間滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. NHK 金沢支局 Kanazawa branch 石川県 広報 田舎で仕事『広報』: 穴水町からNHK金沢支局へ
  2. 田舎バックパッカーハウス INAKA Backpacker House 保護中: 田舎バックパッカーハウスの基本的なルール・入居時のお願…
  3. 2017年9月4日 朝日新聞 Globe Asahi newspaper globe 田舎で仕事『広報』:全国紙「朝日新聞 The GLOBE」にSi…
  4. 北國新聞 ブログ 中川生馬 北國新聞に登場『穴水発、田舎のススメ「暮らしと自然、密着」 移住…
  5. ダイヤモンドハーバードビジネスレビュー 取材 バックパッカーが取材サポートした内容が経営学誌『ハーバード・ビジ…
  6. “田舎バックパッカー”ブログでフィリピン行き航空券プレゼントコン…
  7. 動く個室 行った場所が庭 宿泊型移動車「モバイルハウス」中川生馬さん(右)と会話を弾ませて交流を深める赤井成彰さん=穴水町川尻で 写真 金沢の赤井さん、穴水で魅力伝える 宿泊型移動車「モバイルハウス」で一風変わった旅をしている赤井成彰さん(30)=金沢市=が二十九、三十の両日、穴水町川尻に宿泊し、なじみの薄いモバイルハウスの面白さを町民らに伝えた。(田井勇輝)赤井さんは昨年春、営業社員だった大手玩具メーカーを退社。ハワイでの暮らしを夢見て、貯金するため家賃を節約しようとさまざまな生活の仕方を模索。家を持たないで車内や荷台で寝泊まりしながら生活するモバイルハウスと出合った。中古の一トントラックを購入し、昨年十月から荷台で部屋作りを開始。長さ二・五メートル、幅一・六メートル、高さ一・九メートルの木製による落ち着きある空間を手掛けた。壁を開閉して楽しめる縁側や、天窓、折り畳み式机といった工夫を凝らした家具を設置。外壁はオレンジ色と茶色の細長い板千枚以上を組み合わせ、魚のうろこを表した。製作は今年一月に終了。車の購入と製作の総額約九十万円の大部分は資金を募るクラウドファンディングで集めた。モバイルハウスの可能性だけでなく、全国の魅力ある人や場所を探そうと、今月二十七日に金沢市を出発。車中泊可能な場所を検索できるサイト「カーステイ」で、中川生馬さん(40)=同町岩車=が運営する場所を見つけ訪れた。赤井さんは中川さんや通り掛かった住民に「まさに動く個室。行った場所がどこでも庭になる」と熱く語った。バックパッカーとして国内を旅した経験がある中川さんとはうまが合い、縁側でいつまでも会話を弾ませていた。赤井さんは十一月末まで全国を巡る予定。三十日は珠洲市、三十一日は七尾市能登島で泊まり、その後県外に出る。 【メディア掲載】中日新聞『動く個室 行った場所が庭 宿泊型移動車…
  8. 大井川電機 はなびらたけ ホホホタケ 牡蠣 かき 静岡県島田市の自動車用電球メーカーの大井川電機、はなびらたけ「ホ…

コメント

VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

anamizu noto ishikawa Is living in Japan expensive? Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 待合室 day 52 高知県 沖の島の『赤い有名人』1 ~ 自己ブランドを構築する荒木健吉さん ~ Carstay カーステイ 経営合宿 management camp 【90枚の写真が語る】Carstayの経営合宿 車載 炊飯器 Cook rice in a car 【バンライフ&車中泊アイテム】クルマで炊飯ってできるの?! えりキャン, えりたく夫婦 【YouTuber】ユーチューブ“えりキャン△” 「田舎バックパッカーハウス」に隠し子?!今が旬の能登・穴水町岩車産の牡蠣!

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. 海 プール 田舎暮らし 遊び場 穴水町 岩車 石川県 能登
  2. 日経 AR 記事

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

『そばきり 仁』 築約400年 能登の“ちょい”世界遺産的な屋敷『中谷家』で再オープン
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
【田舎クルマ旅グッズ】買ってはいけない夏の“返金OK・返品不要”車中泊アイテム
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!<2021年販売開始!>
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
day 54 愛媛県 日振島へ  なにがあるかわからないけど、とにかく行ってみっか
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。