Work in Inaka / Countryside - 田舎/地方で仕事

【田舎で仕事 – 取材コーディネート】“未来先取り”経営哲学誌『フロネシス』“食”な人必読!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

さて、先日、将来の課題などを“先取り”する経営哲学誌「フロネシス」(ダイヤモンド社、三菱総合研究所)の取材打診/アプローチ・“ラフラフ”原稿作成など、海外の取材コーディネート全般をお手伝いした。

結論から言おう… 農業・漁業・酪農家、食加工業、“食”のロジステックやサプライチェーン、食堂/レストラン、スーパー、“食”を手にする消費者など、“食”に関わる事業/ビジネスに携わっている人たち、一般消費者にとって!

「今後の“食”の変化を先取りしたければ…読んでおいたほうがいい!」という必読誌だ。

“食”って、誰もが関わっているから、『日本語 読める人たち、全員読んだら?!』って言っているようなもんだね。

 
2015年ごろから、海外の取材コーディネート関連の仕事をスタート。

今回の取材先は、“食”と“農”の実践的な研究で世界をリードしているオランダのワーヘニンゲン大学。ワーヘニンゲン大学の学長、大学や研究所の教授やディレクターの取材だ。

ダイヤモンド フロネシス ワーヘニンゲン大学 記事 diamond phronesis wageningen university【表紙は未来感ある手塚プロダクションによるもの】

今回は、予算の都合上、ぼくは現地へ“旅”して、取材することはできなかったが、ICレコーダーの取材録音データをベースに文字起こしから始まり… これがかなり大変だった。取材の記録時間はなんと約9時間。

大変ではあったが、「えっ!?これから昆虫食までいっちゃうの?!」などと…内容はかなり面白かった。

世界の人口は今世紀末までに、112億人以上に達すると、国連が予測している。世界の人口は増加する中、日本だけでなく、世界の農家は減少している状況。



「“食”が足らなくなるじゃん!」ってお話しだ。

みんなが大好きな“肉”も消えていく…? タンパク質はどこから摂取する?えっ昆虫から?!

生態系/エコシステムはどうなる?“農”分野でテクノロジーはどのように活用されるの?どうしたら若者を農業分野へ呼べるの?!

“ざっくり”言うと、「さて、どうするよ?!」「今後、どうしていけばいいの?!」「農業含め“食”を中心とする産業はどのように変化していくのか」をテーマにした内容だ。

“食”分野に関わる人、将来の“道”を開拓するにはどうしたら良いのか?ヒントを得られるかと思う。

18号 フロネシス 食の新次元 – 飽和しない産業
増加する人口を支え、高齢化に対応し、社会に適切なコミュニケーションをもたらすための“食”の形はどのようなものだろうか。
テクノロジーやサイエンスの進化、社会システムの変化によって閾値を超え、花が開きつつある“食”の新ビジネス。
常識を超えた食による課題解決が巨大な成長市場を生み出そうとしている。

ダイヤモンド フロネシス ワーヘニンゲン大学 記事 diamond phronesis wageningen university

ということで、“食”分野の先端の教育・研究をするオランダのワーヘニンゲン大学の取材をコーディネートさせてもらい、それが形となった!という内容でした。

ダイヤモンド フロネシス ワーヘニンゲン大学 記事 diamond phronesis wageningen university

ダイヤモンド フロネシス ワーヘニンゲン大学 記事 diamond phronesis wageningen university

取材や講演依頼コーディネート: これまでの実績

“広報”職の経験/スキルを活かし、海外の著名人への取材依頼・打診・折衝・現場取材・原稿作成まで、全体の取材コーディネートを能登の田舎からサポートしています。

● “働き方”改革や著書「LIFE SHIFT(ライフ・シフト)」の リンダ・グラットン氏
● マネジメント・イノベーションを提唱、ロンドン・ビジネススクール客員教授でもある ゲイリー・ハメル氏
● シンギュラリティ大学(CEO ロブ・ネイル氏・他)
● 世界の“食”をリードする ワーヘニンゲン大学(学長やディレクター・他)
● 変革のビジネス・マネジメントとリーダーシップの ジョン・コッター氏
などなど

ダイヤモンド フロネシス ワーヘニンゲン大学 記事 diamond phronesis wageningen university

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 2017年9月4日 朝日新聞 Globe Asahi newspaper globe 田舎で仕事『広報』:全国紙「朝日新聞 The GLOBE」にSi…
  2. 金沢駅 名古屋駅 バックパッカー 田舎バックパッカー 再び上京 ~ 『未来の働き方』でマイケル・オ…
  3. 田舎で仕事: 日経産業新聞1面に再びカーステイ
  4. 写真で見る-アメリカ・ユタ州グレートソルトレイク(湖)̷…
  5. ダイヤモンドハーバードビジネスレビュー 取材 バックパッカーが取材サポートした内容が経営学誌『ハーバード・ビジ…
  6. SUUMOジャーナル ライター バンライフ 新生活様式 【田舎で仕事 – 広報】執筆記事が4月の月間人気記事…
  7. connor jessup コナー・ジェサップ 【田舎で仕事】カナダ出身の映画俳優兼監督コナー・ジェサップ 『ク…
  8. connor jessup コナー・ジェサップ 穴水町 シェアオフィス 大物俳優・脚本家・監督が能登へ ~ 急ピッチでワークスペースデザ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

about-inaka-backpacker-house 【田舎バックパッカーハウス】能登半島・石川県穴水町の田舎暮らし体験シェアハウス&オフィス、長期間 車中泊滞在可能な<住める駐車場>『バンライフ・ステーション』について day 51 高知県沖の島を散策 ~ 市原知佳さん勤務の「あったかふれあいセンター」 ~ のと鉄道 観光列車 内装 アテンダント 【動画あり】のと鉄道 新型観光列車「のと里山里海号」プライベートツアー 日経ビジネス 製造 リショアリング 【メディア掲載】 日経ビジネス 「光るコメント」 Anamizu backpacker tent spot 穴水町 車中泊スポット 【田舎旅 車中泊と仕事スポット】石川県穴水町『あすなろ広場』 “巨大”屋根付き 奥能登最高の車中泊スポット

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
田舎バックパッカーハウス, 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, child in the countryside japan
  1. ハイエース バンライフ, ハイエース 仕事, バン 仕事
  2. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, child in the countryside japan
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  4. かき, 石川県 牡蠣, 穴水町 牡蠣, 穴水町 かき, 七尾 牡蠣, 七尾 かき, 能登かき, 能登牡蠣, 輪島 牡蠣, 輪島 かき, 能登半島 牡蠣, 能登半島 かき, oyster in Anamizu, oyster in ishikawa

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<のとかき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
day 45.1 徳島県小松島 『ル・サロン』『国連本部』にも飾られたと話す『阿波おどり』の画家 銭谷誠さんとの出会い ~ “画家として売れるまで…”の25分間の会話 ~
【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!<2021年7月2日追記>
選択肢を“冒険” 1971年発売の二眼レフカメラ写真の質が...スゴイ
能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリーも
【田舎バックパッカーハウス】能登半島・石川県穴水町の田舎暮らし体験シェアハウス&オフィス、長期間 車中泊滞在可能な<住める駐車場>『バンライフ・ステーション』について
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。