Noto Anamizu Town - 能登 穴水町

穴水町の保育園と地方/田舎での子育て事情 ~ 田舎に『待機児童』はないぞ! ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
穴水町 田舎の保育園事情 畑で野菜を食べる子ども

能登・穴水町岩車(石川県) – 穴水町(あなみずまち)の人口は約8,800人、その町の中にある岩車の村“岩車(いわぐるま)”の人口は実質約100人。

その岩車で育った娘は約1年前から、穴水町波志借(はじかし)地区の光琳寺保育所(こうりんじほいくしょ)に通っている。ここ2~3週間は“旅”があり、保育所を休んでいたが、ようやく復帰した。

穴水町 岩車 簡易郵便局 子供 保育園

自宅から保育所までの距離は若干6キロ、クルマで10分程度だが、月曜から土曜まで毎朝7:40頃、保育所のバスが、岩車の家の前まで迎えに来てくれる。先生たちはフレンドリーで話しやすい人たちばかり。保育所は日曜と休日がお休み。低所得という背景もあるが(苦笑?!)、保育料(バス代込み)は約1万5千円という大変嬉しい費用で済んでいる。都会の親から言えば、「なんと贅沢な環境!いいなぁ~」と思ってしまうのではないだろうか。

ぼくら親は7:40前に、家の外の岩車漁港でバスを待ちつつも、簡易郵便局駐車場 隣の芝生にある岩で遊んだり、海にいる魚を眺めたりしている。

穴水町 保育園 スクールバス

ちなみに保育園のバスはクラシックな200系の旧型ハイエースだ。

穴水町 田舎の保育園事情 畑で野菜を食べる子ども

光琳寺保育所から帰ってくるのは、毎日16:20ごろ。保育所から帰ってくると、畑のトマトを食べたり…畑を散歩したり…海の前で遊んだり…家で映画を見たりして過ごす。

 

穴水町の保育園

少ない人口の穴水町には、4か所の保育園がある。娘が通う光琳寺(こうりんじ)保育所には44人の園児(2016年8月現在)が通っている。人数は保育所によって異なる。

●街中の川島地区にある『穴水第一平和保育所』 0768-52-2130

●甲(かぶと)地区にある『穴水第二平和保育所保育園』 0768-58-1240

●波志借(はじかし)地区の『光琳寺保育所』 0768-56-1023

●中居(なかい)地区の『神杉保育園(かみすぎほいくえん)』 0768-56-1344

ママさん仲間によると、町役場の住民福祉課は各保育園・保育所に関する情報を把握していないので、直接、保育園側に連絡したほうが早いそうだ。

地方/田舎の保育園には、東京や大阪の都会のような『待機児童』問題がないので、親たちは自身の時間もつくることができる。子どもは数少ないが、数か所の保育園に集まり、子どもたち同士一緒に遊ぶことができる。

都会では「子どもがうるさい」「幼稚園側の住民が子どもの“うるささ”で迷惑している」など、子どもを迷惑扱いする地域もあるようだが、能登の田舎や、その他各県の田舎では、そんな問題は起きないだろう。

子どもが少ない町に住む田舎の人目線から言えば、そんな子どもの迷惑扱いは馬鹿げていると思うことだろう。子どもは「ウェルカム」というのが田舎のスタンス(姿勢)だ。

 

子育てにも適した環境が“田舎”

田舎は自然環境が豊か。普段の生活で、海や山などの自然環境を目の当たりにする。

子どもだけでなく大人にとっても、自然を活かしたゼロから学べる環境が田舎にはあるのだ。

例えば、都会では食材の製造工程などを見ることができないが、田舎では、普段の生活から“畑を体感”して、畑で育てた野菜が、どのようにしてスーパーに並ぶのか、自身の食卓/手元に届くのかなど、ゼロから“食”について学べるのだ。

親が子どもに、「畑からナス、キュウリ、トマト採ってきて~」とか、「お腹が空いたから畑で野菜採って食べよ」とか、「魚食べたいかから、漁師さんに船に乗せてもらおう」「魚釣ってこよ」とかができる環境が、田舎なのだ。もちろん、スーパーもあるので、選択肢豊富。

ぼくの娘が通う光琳寺保育所は、地元のおじいちゃん・おばあちゃんが畑で育てた野菜を使用して給食をつくっているので、安心できる“食”を体に取り入れることもできる。

子ども 畑で遊ぶ

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. noto kashima sakura station 能登鹿島駅 桜駅 日本最大 桜 能登旅 【田舎旅】能登鹿島駅「さくら駅」満開終わり葉桜に ~ 新駐車場 …
  2. 石川県 能登半島 穴水町 牡蠣 炭火焼き Ishikawa Noto Oyster BBQ “牡蠣の穴場”で冬の「ざっくばらんな田舎ライフスタイル体験」2日…
  3. day 14.3 奥能登一周中 穴水町の『田舎暮らし体験』とは?…
  4. <写真で振り返る>田舎体験1日目 『穴水駅ホームあつあつ亭』へ
  5. 穴水町の空き家 田舎の空き家情報 empty houses in japan rural area countryside <写真で見る>能登・穴水町の とある一軒の田舎/地方の空き家
  6. 能登 石川県 穴水町 大雪 能登・穴水町役場 町長コロナ感染 毎日「コロナ予防・感染気を付け…
  7. 穴水町 川尻 能登・穴水町の雨上がりの霧景色
  8. 洋上パーティー ヨット ボート 上でパーティー 【田舎暮らし体験】<動画>田舎バックパッカーの『“ざっくばらん”…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

上勝町 紅葉 “葉っぱ”の町へ再び…バックパッカー✖クルマ“私事”旅 カーステイ キャンピングカー ゴールデンウィーク 地方の空き地を有効活用して収入を得る方法とは? 地方移住 小学校 子育て 穴水町 石川県 【娘の田舎暮らしと旅日記 – 奥能登・石川県穴水町】かなしかったこと。たのしかったこと 朝日新聞 バンライフ asahi vanlife 【メディア掲載】朝日新聞 夕刊に登場 「バンライフ」という生き方とは? 石川テレビ イスラム 松井誠志 中川生馬 バンライフ 【動画あり】ドキュメンタリーテレビ番組『裸のムラ』に一主役として登場 ~ バンライフとは?!田舎暮らしとは?!石川県とは?! ~

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. 能登 田舎暮らし, 木 植える
  2. boar anamizu, 石川県穴水町 イノシシ
  3. 樹ガーデン,鎌倉カフェ

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<のとかき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
能登・石川県穴水町ならでは!を活かした地方移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で 2話目
バックパッカーが旅する北海道 知床半島 かわいいキタキツネとの出会い
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
『そばきり 仁』 築約400年 能登の“ちょい”世界遺産的な屋敷『中谷家』で再オープン
【田舎で仕事 - 広報】日テレ「満天 青空レストラン」に大井川電機製作所<静岡県島田市>のはなびらたけ「ホホホタケ」!料理店や販売店は?
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。