INAKA Lifestyle Experience - 田舎ライフスタイル体験

田舎体験 2日目 奥能登一周 海岸に浮かぶ…巨大な珪藻土の島

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
suzu mitsukejima island 石川県 能登 珠洲 見附島 サギ カラス 住む島

能登・珠洲市(石川県) – 奥能登一周の最終スポット「見附島(みつけじま)」へ向かった。軍艦のような形をしていることから別名「軍艦島」とも呼ばれている。

海底炭鉱で栄え、無人島になってしまった長崎の軍艦島「端島(はしま)」とは場所も内容も異なる。

見附島は沖合200メートルにそびえ立つ、高さ28メートル、周囲400メートルの島だ。(前回の奥能登一周スポットはこちら

suzu mitsukejima island 石川県 能登 珠洲 見附島 サギ カラス 住む島

いつ見ても絵になる島。「これは格好良いね」という感想が多い。

見附島は空海/弘法大師が、修行先の「唐の國(中国)」から伝承された三杵(さんしょう)を探し求め、佐渡島(さどがじま)から能登沖にたどり着き、能登地方に渡った際、最初に見つけた島だったことから「見附島」と名付けたそうだ。

suzu mitsukejima island 石川県 能登 珠洲 見附島 サギ カラス 住む島

 

真剣な顔をしたお決まりの「見附島」ストーリー…

写真のとおり、ここ見附島へは、海に敷かれる岩の道を歩いて、見附島の手前まで行くことができる。だが、登ることはできない。

能登への“旅人”たちを見附島へ連れていき、ぼくはいつも、真剣な顔をして「3人が住む見附島」の伝説ストーリーを語る。

っと…「3人が住む見附島」ストーリーをここで語ろうと思ったが、それは、今後も実際の見附島の現場でお話しすることにして、この記事で語るのは控えることにする。(笑)

suzu mitsukejima island 石川県 能登 珠洲 見附島 サギ カラス 住む島

 

振り返ると…インパクトある自然環境を
活かしたスポットを1日で楽しめる奥能登

奥能登一周のクルマ旅を振り返ると、寺社仏閣などの鎌倉や京都、高い建物や遊園地系がメインの観光スポットとなる東京とは違い、能登には“自然”を活かしたインパクトあるダイナミックな観光スポットがそこそこ多いような気がする。しかも、1日程度で行けてしまう距離だ。

輪島にある全国的にも有名な棚田「白米千枚田」、海水から塩をつくる「塩の駅輪島塩」、「垂水の滝(たるみのたき)」、「椿展望台」、能登半島最北端「禄剛崎灯台」、パワースポット「聖域の岬」、樹齢850年の「倒さスギ(さかさすぎ)」、今回は行かなかったが輪島の海水天然プールがある「鴨ヶ浦(かもがうら)」や能登町の「九十九湾(つくもわん)」、湖のように穏やかな湾を楽しむ穴水の散歩コース「潮騒の道」など。

suzu mitsukejima island 石川県 能登 珠洲 見附島 サギ カラス 住む島

朝早く出発すれば、1日でこれらインパクトある奥能登の自然観光スポットの全てを周ることができる。

そんなこんなで、田舎バックパッカーによる「“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験」の奥能登一周旅は終盤を迎えた。

suzu mitsukejima island 石川県 能登 珠洲 見附島 サギ カラス 住む島

見附島のそばにあり、去年改装したばかりの国民宿舎「のとじ荘」の見附温泉で体を癒し、ぼくらは“豪華な料亭風”の民宿へと向かった。

ここでは、今晩の夕飯 輪島塗の御膳にのった“創作”田舎料理がまっている。(続きはこちら

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking

こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 水揚げ体験 牡蠣漁の体験 <写真で振り返る>『ヤスヨとヤスコ』、能登空港 到着早々 牡蠣の…
  2. waterfalls autumn wajima ishikawa 男女滝 紅葉 能登半島 石川県 田舎体験 最終日 奥能登一周 3本の『滝』巡りと紅葉
  3. 中日新聞 田舎体験 穴水の豊かな里海親しむ 県外在住の5人、釣りなど体験 米国や東京で暮らす会社員ら五人が今月下旬、穴水町を拠点に能登かきの水揚げや釣りを満喫し、能登の豊かな里海と親しんだ。 【メディア掲載】中日新聞『穴水の豊かな里海親しむ 県外在住の5人…
  4. 穴水町 キリコ祭り Kiriko festival in Noto Anamizu Town 穴水町岩車の『キリコ祭り』9月26日開催!NHK朝ドラ「まれ」主…
  5. フィリピンバックパッカー旅仲間と奥能登で再開 ~ 冬の奥能登の周…
  6. 輪島 龍昌寺 田舎体験 精進料理 村田 Ryushoji Zen Temlple Yoromi Wajima Japan 【田舎体験】体にスーッと入る龍昌寺“産”ランチ
  7. Oyster BBQ in Anamizu 牡蠣 BBQ 穴水町 石川県 能登 【田舎体験】ルーシーとの3時間 ~ 牡蠣の新調理方法とマルティニ…
  8. 穴水町岩車 散策 <写真で振り返る>冬の“楽暖”で“ざっくばらん”な田舎体験 2日…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

旅行 用品 商品 グッズ レンタル 配送 サービス 【田舎で仕事 – 広報】 旅の荷造り不要!旅の荷物減らせる!旅行用品レンタルのウェブサービス「フラリー」 小呂島 福岡県 EXILE 島田乾生 day 76.6 福岡県 小呂島 EXILEのミュージックスクール特待生 島田乾生くん家族とバックパッカー夫婦の夕べ 田舎旅 クルマ旅 カーステイ Carstay ハイエース ファミリーワゴンC 動く家 車中泊 【田舎旅】冬のクルマ旅 能登から長野経由で鎌倉へ 途中…マイナス8℃ 一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか? 【田舎で仕事 ‐ 広報】徳島県上勝町の“葉っぱ”ビジネス『いろどり』の広報サポート

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. 能登 田舎暮らし, 木 植える
  2. boar anamizu, 石川県穴水町 イノシシ
  3. 樹ガーデン,鎌倉カフェ

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<のとかき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
【カーステイ車中泊スポットレビュー】500円で車中泊 都会の24時間オープンお風呂カフェ
日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で 2話目
能登・石川県穴水町ならでは!を活かした地方移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で
羽田空港から能登空港へ ~ 冬 空撮で見る都会と田舎の違い ~
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
<写真で見る>能登・穴水町の とある一軒の田舎/地方の空き家
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。