INAKA Lifestyle Experience - 田舎ライフスタイル体験

田舎体験 2日目 奥能登一周 「聖域の岬」にある「ランプの宿」売店 ~ ゆりかの高額な“石” ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ランプの宿 高額 ゆりかのお店 石

能登・珠洲市 & 能登町(石川県) – 能登半島最北端一体がパワースポットかと思うが、 ここ「聖域の岬」周辺が一番それをアピールしている。ここには宿泊施設の「ランプの宿」もある。

「ランプの宿」は雰囲気あり、「ここ波に飲み込まれたりしないの?!」と心配になるほど、海岸沿いにある黒い能登瓦の屋根とランプが目立つ特長的な宿だ。

国内だけでなく、外国人にも人気があり、予約を取ることが難しいそうだ。

一泊18,000円からで、「スーパーリッチ特別コース」は10万円と高額、しかし「人気の高い特別室使用のため、予約達成率は年間約8%」と超人気だ。

日本三大パワースポット「聖域の岬」、絶壁で雰囲気ある宿など、周辺の環境をうまくビジネスに活かしている。

「ランプ」と言っても今は電気で、昔は本物のランプを使用していたようだ。(初めて「ランプの宿」に遭遇したときのバックパッカー旅はこちら

そして…ここにある売店の一角がスゴイことになっていた。その名も「ゆりかのおみせ」だ。

ランプの宿

day 13.2 奥能登一周旅 半島最北端の“パワースポット宿”へ ~朝から歩いて9時間~

Tabi_04_Anamizu_2011_01_0467_s

day 13.3 奥能登一周旅 『ランプの宿』駐車場でのテント泊交渉はいかに?!

ランプの宿 高額 ゆりかのお店 石

そこにある「ランプの宿」の売店内。

昨晩のバーベキューでの“石トーク”、「垂水の滝(たるみのたき)」付近で波に打たれて丸くなっている石、「つばき茶屋」の石メニューに続き、「ランプの宿」の売店には商売上手の “ゆりか”ちゃんが、売店の一角で石を販売している。

ランプの宿 高額 ゆりかのお店 石

このあたりの海岸で石を拾い、それをそのまま販売しているのだろう。

最高額で、2万5千円する植物の化石 珪化木(けいかぼく)、その他の石は、2,000円~5,000円のものが多い。

ランプの宿 高額 ゆりかのお店 石

ランプの宿 高額 ゆりかのお店 石

ランプの宿 高額 ゆりかのお店 石

“石好き”にはニーズあるビジネスだろうが、「ランプの宿」の駐車場からとそう変わらない眺めの展望台「スカイバード」の入場料が500円、子どもの写真と名前をたてて、石でここまでの額を提示されると、少し“やりすぎ”と感じてしまうのはぼくだけだろうか。

“自然を活かしたビジネス”として学ぶべきところはあるかと思うが、せっかく宿や周辺の自然環境が素晴らしいのに少し惜しいと思ってしまう。やりすぎは禁物である。

そんなことを思いながら「ランプの宿」を後にし、ぼくらは、次にパワーを感じる“850歳”のスギが倒さ(さかさ)にグネるスポットへ向かった。(続きはこちら

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. inaka countryside experience noto wine 穴水町 田舎体験 田舎暮らし 能登ワイン 田舎体験:ナパ・バレー ワイナリーのルーシー “半日”で能登体験…
  2. 能登ワイン 穴水町 石川県 noto wine in Anamizu, Ishikawa 田舎体験:朝から能登ワイン飲み放題?!醸造現場 見学
  3. 能登 田舎体験 田舎体験1日目最後は…“車庫”で牡蠣だらけの『里海ウ…
  4. stars ishikawa 星空 天の川 石川県 穴水町 岩車 田舎体験 1日目夜 星空撮影 能登・岩車から観える『天の川』
  5. <写真で振り返る>田舎体験1日目 『穴水駅ホームあつあつ亭』へ
  6. 世界一長いベンチ longest bench in Ishikawa Noto “キリコ祭り”の『田舎ライフスタイル体験』4話目: 能登の“穴場…
  7. 能登の農家民宿 ゆうか庵 輪島塗 夕飯 昼食 ishikawa noto town hostel experience wajima nuri lunch dinner <写真で振り返る>田舎体験 2日目 奥能登一周 能登町の豪華“料…
  8. mori kumo vegan in Wajima Noto Ishikawa モリクモ 輪島 能登 石川県 田舎体験:穴水町のかき氷と輪島のビーガンでリラックス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

穴水町 星空 天の川 Milky Way in countryside Japan 星空旅スポット: 能登・穴水町で『天の川』 ~ 街灯がない地方の魅力 ~ 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 メディア掲載: “住める”駐車場「バンライフ・ステーション」に滞在した夫婦2組が中日新聞に 田舎 広報 仕事 【田舎で仕事 – 広報】モビリティ医療支援プロジェクト「バンシェルター」起点に拡大 < 見えてくる新たなライフスタイルかつ動く生活基盤の可能性 > 福岡県 小呂島 day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~ 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan 田舎へのバックパッカー旅の背景『ぼくの人生 これでいいのか』の自問自答

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

日本初の住める駐車場「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登

  1. 能登 かき 穴水町 牡蠣 石川県 金沢
  2. 田舎 広報 仕事
  3. SUUMOジャーナル ライター バンライフ 新生活様式
  4. SNS 中傷 コメント
  5. 長期滞在 車中泊スポット 住める駐車場 シェアハウス 能登 石川県 穴水町

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP