<写真で振り返る>田舎体験 2日目 奥能登一周 能登半島の先端にある絶景灯台スポット

能登・珠洲市(石川県) – 『“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験』2日目、ぼくらは現在、奥能登一周中。

「つばき茶屋」でお腹を満たしたぼくらが向かった先は…「ここが日本列島の中心」と謳う禄剛崎灯台(ろっこうさきとうだい)だ。(前回のお話しはこちら

日本 中心 スポット

 

禄剛崎灯台は日本列島の中心なのか?!

明治16年(1883年)7月10日に初点灯した禄剛崎灯台は日本の灯台50選の1つで、能登半島の最北端の珠洲市狼煙町にある石造りの灯台だ。

能登・珠洲市 - “ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験のメンバー。各自独特な味をもつ。

能登・珠洲市 – “ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験のメンバー。各自独特な味をもつ。

この禄剛崎の灯台から「海から昇る朝日」と「海に沈む夕日」の両方の”日”を眺めることができる。天気が良ければ、立山連峰や佐渡ヶ島が見えるそうだ。

珠洲 禄剛崎灯台

能登・珠洲市 – 能登半島の先端のパワースポットで、雲を動かそうとする鍼灸師・コバテツさん。

まだ、ここで、朝日と夕日を見たことがないが、近々、禄剛崎灯台へ行き、その瞬間を目に焼き付けたいと思っている。

で、ここは本当に日本列島の中心なのだろうか?

能登 禄剛崎灯台

いろいろと調べたところ、「日本の中心」「日本のへそ」などと宣言しているスポットは、日本にいくつもある。

●栃木県佐野市田沼町
●山梨県韮崎市大草町
●兵庫県西脇市上比延町
●長野県辰野町鶴ヶ峰
●長野県辰野町大城山付近
●徳島県三好郡東みよし町毛田

など… なんらかの根拠があれば、自由に言えてしまうようだ。

禄剛崎灯台 能登半島 最北端

まぁ、しかし、なにはともあれ、能登半島の最北端からの景色は絶景スポットに変わりはない。

 

能登半島の先端は日本三大パワースポットの一つ

大地の寒帯気流と亜熱帯気球が合流、南からの暖流と北からの寒流が集結することから、ここ能登半島の最先端周辺「珠洲岬」は 日本三大パワースポット としても知られている。

次は…「聖域の岬」として、大々的に日本三大パワースポットをアピールし、思わず「えっ!?ここ波かぶったりしない?!」と思ってしまうほどの断崖絶壁にある「ランプの宿」へと向かった。

ここでも、またまた石との縁が待ち受けていた。(続きはこちら

禄剛崎灯台 能登 先端

禄剛崎灯台 能登 先端 ろっこうさきとうだい

すず とうだい のとはんとう せんたん

道の駅 狼煙 豆乳アイスクリーム

道の駅 狼煙にクルマを停めて、禄剛崎灯台へ歩く。道の駅 狼煙では珠洲の塩、大浜大豆の加工品、珠洲焼のコップやお皿などの土産物を購入することができる。地元産の豆を味わえるこの豆乳ソフトクリームもお薦め。

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

コメントを残す