INAKA Lifestyle Experience - 田舎ライフスタイル体験

田舎体験 2日目 奥能登一周 滝の“上”と“丸石”が気になる 『垂水の滝』へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
奥能登一周中 輪島 - 昨晩、新田信明さんの“石トーク”の影響か?!みんな、垂水の滝周辺の石に興味津々になっている。

能登・輪島市(石川県) – 奥能登一周の“ちょい”クルマ旅は続いている。「塩の駅 輪島製塩」を後にしたぼくらが向かった先は…(前回の話しはこちら

滝の水がダイレクトに海へと流れる珠洲市と輪島市の境目にある「垂水の滝(たるみのたき)」だ。

田舎体験 能登観光スポット 垂水の滝 塩の駅 千枚田の後 海へダイレクトで流れる滝

ここに来ると…この滝の上の山がどうなっているのか、山が低そうだが水源はどこになるのか…が気になってしまう滝である。

夏は基本、穏やかに流れているが、冬、奥能登の海が荒れると、滝が逆流しているようにも見えるのだ。

断崖を流れ落ちるこの滝は地図上、輪島市に、垂水の滝を見るために、駐車する「寄り道パーキング垂水の滝」は珠洲市に位置している。

駐車スペースから「垂水の滝」へは約30メートル前後ぐらいの距離だ。滝へと歩き、滝の手前約10~15メートル手前で足を止め、耳を澄ましてみてほしい。

奥能登一周中 輪島 - 垂水の滝周辺の海の波は強いので、丸い石が沢山。波がひくとき、耳を澄ますと石が「ごろごろごろ…」と音を立てている。

海に転がる石同士が、ぶつかり合いつつも波に打たれ「ゴロゴロゴロゴロ…」とまるで唄っているかのような可愛らしい音がかすかに聞こえてくる。

奥能登一周中 輪島 - 昨晩、新田信明さんの“石トーク”の影響か?!みんな、垂水の滝周辺の石に興味津々になっている。

能登 海岸 丸い石 転がっているスポット

コバテツさんと太田さん、「この石どう?」「いいですね」「でももう少し探してみようかな」

昨晩…新田信明さん宅で、里海ウェルカムバーベキューをしたときに、新田さんのいつもの“石トーク”になったわけだが、その影響からか、コバテツさん、“渡辺謙さん似”の白勢真さん、岩木さんは、丸く形が良い石を拾いはじめ…ここでしばらく時間を過ごすことになったのだった。(昨晩のバーベキューの様子はこちら

荒れる能登 荒い波 石探す旅 能登の石 great looking rocks stones

時間は11:00を過ぎたが、そろそろ…小腹がすいてきた。12:00には…お腹と背中がくっつく程になる予定。すべて計画通りだ。

奥能登一周の旅、『奥能登らしい絶景スポット』でランチ(昼食)を食べたくない??(続きはこちら

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking

こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 穴水町 岩車 キリコ祭り 写真 “キリコ祭り”の『田舎ライフスタイル体験』2話目: 世界農業遺産…
  2. 能登イベリコ豚を飼育する道坂一美さん宅で昼食 <写真で振り返る>『ヤスヨとヤスコ』の田舎体験、道坂一美さん宅で…
  3. 牡蠣の養殖 水揚げ体験 <写真で振り返る>『ヤスヨとヤスコ』の田舎体験、牡蠣の水揚げ体験…
  4. Noto Wine lunch 能登ワイン ブランチ 食事 田舎体験:ぶどう酵母パンと魚の“豪快唐揚げ”で『能登ワイン』ピク…
  5. 水揚げ体験 牡蠣漁の体験 <写真で振り返る>『ヤスヨとヤスコ』、能登空港 到着早々 牡蠣の…
  6. 田舎バックパッカープロデュースの奥能登での田舎体験の内容 続編
  7. 能登・珠洲の民宿「むろや」で“能登の幸”のった海鮮・サザエ・イク…
  8. 里海ある田舎の良さ:奥能登一周“旅”で大漁!珠洲「つばき茶屋」漁…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

vanlife tame noto anamizu バンライフ ためさん 爲さん 能登 古民家 穴水 物語つくる「VANLIFE STORY」 能登へ 【田舎で仕事 ‐ 広報】日テレ「news every.」特集枠に自動車電球メーカーが大井川電機製作所が作るはなびらたけ「ホホホタケ」 朝日放送 田舎セレブ 【メディア掲載】朝日放送 特番『田舎セレブ』にブログが“うっすら”登場 神山 ヒッピー 田舎のライフスタイル in 徳島県神山町 1話 – 風力発電の建設と 自然と共に暮らす人々 day 14.2 奥能登一周中 再び穴水町へ 今度は町役場へ!?

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. かき, 石川県 牡蠣, 穴水町 牡蠣, 穴水町 かき, 七尾 牡蠣, 七尾 かき, 能登かき, 能登牡蠣, 輪島 牡蠣, 輪島 かき, 能登半島 牡蠣, 能登半島 かき, oyster in Anamizu, oyster in ishikawa
  2. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  4. トヨタ ハイエース, hiace toyota
  5. 穴水町 鮭, salmon in anamizu Ishikawa, 石川県 鮭
  6. 能登 うさぎ, 穴水, 石川県 野生動物, rabbit anamizu

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
東京の駅だったら批判殺到?!能登牡蠣“破格”食堂『あつあつ亭』2018年1月7日から
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
【田舎で仕事 ‐ 田舎バックパッカーハウス】「さよなら、ぼくのモンスター」のコナー・ジェサップが写真で語る『結生の能登暮らし』続編
冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~
day 10.3 石川県舳倉島の『へぐら愛らんどタワー』
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。