2010-12 Backpacking Shikoku Islands - 四国へのバックパッカー旅

day 43.5 徳島県 神山町から上勝町への『やばい』山越え11… ダイナミックな『勝浦川』。ようやく一つ目の集落に到着した時、パトカーが止まった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
上勝 神山 勝浦川

2010年12月7日(火) – 徳島県神山町(かみやまちょう)から上勝町(かみかつちょう)への山越えの下り道。

下りはあっという間だろうと思っていたのだが、甘かった。上り以上の時間が続いたのだった。

上勝 神山 勝浦川

【徳島県 上勝町 勝浦川(かつうらがわ)】

勝浦川 上勝 神山

【徳島県 上勝町 勝浦川(かつうらがわ)】

勝浦川 上勝 神山

【徳島県 上勝町 勝浦川 大きな岩がごろごろと転がっている】

 

果てしなく続く下り道を…

ぼくら田舎バックパッカーは、昔、村があったと思われるエリアを通過し、途中から全長49.6キロの勝浦川(かつうらがわ)沿いを歩き始めた。

12:57ごろ、赤袋(あかたび)というポイントをすぎた。

そして、すぐに二斗五升のポイントを13:00に通過。

勝浦川は、全てが絶景だった。

自然が創った川と、水の通り道をつくる大きな岩。

この日、雨だったので、写真ではうまく表現できないが、ぼくがこれまで見た川の中で、一番ダイナミックな川だったかもしれない。

勝浦川 上勝 神山

【徳島県 上勝町 勝浦川にはこんな岩がごろごろと転がっているのだ。コケの山「山犬嶽(やまいぬだけ)」から転げ落ちてきたダイナミックな岩】

ぼくは出来る限り立ち止まって景色を堪能、綺麗な自然を見ながら行きたがったが、結花はもう完全に疲れきっていて反応しない。

とにかく、歩いているだけだ。

「結花ちゃん、こっち、こっち。こっちきれいだよ」と言っても全く返答がなくなってきた。

結花は、「もう徳島県が嫌いになりそう…」しか言わなくなった。

女性 バックパッカー

【徳島県 上勝町 勝浦川に沿った道を歩くぼくら。「もう徳島県が嫌いなる!」と結花。疲れてくるとそんな発言しかしないのだ…この廃車は…どうやってここに置いたのか…田舎に来ると大きな廃棄物が突然自然の中に紛れ込んでいることがある】

バックパッカー 山越え 夫婦 徳島

【徳島県 上勝町 勝浦川の上流のほうにあった廃墟となっていた村】

「熊八の小屋」という勝浦川のポイントを、13:12ごろに通過。

そこから20歩ほどすすむと、川の横に大きな洞窟らしきものがあった。

気になったが、結花が相当つかれているので、「ちょっと待って、待って」と言いながらも先を進む。

滝へと続く道を過ぎたところで、今日出発して初めて乗用車をみかけたので、次の町までの距離を聞く。

「約10キロ」あるとのことだった。

「(ぼくの地元の)鎌倉から藤沢の往復ぐらいだ。大した距離じゃない」と思い込み、30キロ近いバックパックを背負いながら、歩き続ける。

勝浦川 徳島県 景色がきれい

【徳島県 上勝町 勝浦川】

長距離を歩くとき、ぼくは、よく知っている地元の道の距離を思い出し、比較する。

慣れている道と比較することで、何となく距離感がつかめるし、「これくらいの距離なら何とかなる」と思えてくるのだ。

バックパッカー 女性

【徳島県 上勝町 勝浦川 下りが永遠と続き、頻繁に休みを取るぼくら田舎バックパッカー。天気は雨… せっかくの良い景色沿いを歩いているのに…】

上勝 限界集落 山の中の集落

【徳島県 上勝町 勝浦川の上流のほうにあった廃墟となっていたの神社で休憩。ここから数時間下っても町につかない…ここに住んでいた人たちはどんな生活をしていたのだろうか…】

 

ようやく、大北橋バス停に到着

岩と苔が見事という噂の「山犬嶽(やまいぬだけ)」へと続く道を通り過ぎ、14:00ごろ、大北橋バス停に到着。

大北橋 バス 徳島 旅

【徳島県 上勝町 ようやく大北橋の集落に着いた。ここで一休み】

もう、バスはない。9:00と13:00の時間帯しかバスが停車しない…

大北橋 バス停 徳島 上勝

【徳島県 上勝町 大北橋のバス停 1日に2本のバスしかない…引き続き歩くしかないのかぁ…】

このあたりに家が数件あった。

昨日から、神山から上勝への山越えの道をずっと歩いているが、このあたりが初めての集落だった。

「やっと村だ…」としか思えない。

おそらくあと少しで、上勝町の「月ヶ谷温泉」に着くはず。ようやく電線柱も見え始めた。

徳島県県警 パトカー 旅 職質 職業質問

【徳島県 上勝町 勝浦川 警察が休んでいるぼくらの前で止まった…】

大北橋バス停で休んでいると、徳島県警察のパトカーがぼくらの前で止まった。<続きはこちら

<前回のストーリー 『day 43.4 徳島県神山町から上勝町への『やばい』山越え…10 気になる全長87.7キロの『剣山スーパー林道』』>

<次回のストーリー 『day 43.6 徳島県神山町から上勝町への『やばい』山越え…12 山越え終了。ようやく上勝町の「月ヶ谷温泉」に到着』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 徳島県上勝町, 横石知二 『地方創生と言えば!』って人が能登で講演 – 2月1…
  2. tokyo crowded train 東京 横浜 満員電車 day 57 四国の田舎バックパッカー旅 最終日 『一車両に約2…
  3. 「市宇の棚田」で 途中クルマを停めて歩く。映画「人生、いろどり」ロケ地の一つ(徳島県上勝町) 映画「人生、いろどり」ロケ地 天空にある『市宇の棚田』 ~ 人生…
  4. ゴアテックス メスナー バックパッカー day 44 徳島県 上勝町から小松島へ
  5. 吉野川 橋が長い day 40.2 徳島県 鴨島町の『鴨の湯』のお遍路さん/旅人向…
  6. 映画「人生、いろどり」ロケ地 上勝町の「樫原の棚田」で「田舎で仕…
  7. Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人 石造り 島 サントリーニ島 day 50.2 高知県宿毛沖の島で「あの~すみません!シャワー…
  8. バックパッカー 中川結花子 day 44.1 徳島県 上勝町から小松島 焼肉屋『団十郎』へ …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影 「車中生活」「バンライフ」の“影”に必要なこと | NHKスペシャル記事「車中の人々 駐車場の片隅で」から考える 福井 ユーチューバー 車中泊 スポット 【YouTube】福井のユーチューバー再び『田舎バックパッカーハウス』へ Iwagruma Anamizu Ishikawa 能登半島 石川県 穴水町 岩車 農山漁村の『岩車』に移住した理由 ~ 東京で“埋もれる”よりも田舎へ ~ 大阪 吹田 料理とお酒 晴ル 都会の居心地良い空間食堂『料理とお酒 晴ル』が能登・穴水町岩車産の牡蠣を採用 【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!<2021年7月2日追記>

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. かき, 石川県 牡蠣, 穴水町 牡蠣, 穴水町 かき, 七尾 牡蠣, 七尾 かき, 能登かき, 能登牡蠣, 輪島 牡蠣, 輪島 かき, 能登半島 牡蠣, 能登半島 かき, oyster in Anamizu, oyster in ishikawa
  2. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  4. トヨタ ハイエース, hiace toyota
  5. 穴水町 鮭, salmon in anamizu Ishikawa, 石川県 鮭
  6. 能登 うさぎ, 穴水, 石川県 野生動物, rabbit anamizu

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
東京の駅だったら批判殺到?!能登牡蠣“破格”食堂『あつあつ亭』2018年1月7日から
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
【田舎で仕事 ‐ 田舎バックパッカーハウス】「さよなら、ぼくのモンスター」のコナー・ジェサップが写真で語る『結生の能登暮らし』続編
冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~
田舎バックパッカーが行く『秋』の鎌倉 穴場紅葉スポット紅葉谷『獅子舞』
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。