Work in Inaka / Countryside - 田舎/地方で仕事

田舎で仕事『広報』:辺鄙なスポットのかき氷屋が多くのメディアに載る理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ウミネコパーラー 石川県 穴水町 看護師 足立秀幸 土倉菜々香 かき氷 カフェ スコーン Anamizu Shaved Ice Kakigori cafe

つい数日前、石川県のローカル局「MRO」の番組「レオスタ」が、かき氷カフェ「ウミネコパーラー」の特集を放送した。

その前日は石川テレビが「ウミネコパーラー」を生中継、それ以前はBonNo、北國新聞、中日新聞、毎日新聞、朝日新聞など、多くのメディアが「ウミネコパーラー」を取り上げた。

Anamizu Kakigori ウミネコパーラー 穴水町 かき氷

田舎旅:奥能登・穴水 移住看護師、かき氷カフェ「ウミネコパーラー」オープン!

これら多くのメディアが、「ウミネコパーラー」について報道している“裏”には、『広報』の“仕掛け”/取り組みがある。

田舎バックパッカーでは一事業として、対外メディア向けの『広報』も行っていて、実は「ウミネコパーラー」オープンの6月前後、ここの対外メディアの「広報」をサポートさせてもらっていた。

ウミネコパーラー 石川県 穴水町 看護師 足立秀幸 土倉菜々香 かき氷 カフェ Anamizu Shaved Ice Kakigori cafe

こんな辺鄙なところにある!?かき氷屋さんを、どのようにしてメディアに載るように働きかけるのか?!どんなメディアに取り上げてもらいたいのか…

その点を深く考えるのが、「広報」の役割。

オーナーの足立秀幸くんは、能登/穴水では初で、「広報」に関して理解あるお客さん。

新しい活動を取り入れることに対して、リスクをとるタイプでもある。

まだ、お店が改装中のとき、足立秀幸くんに広報について説明すると「やりましょう!」と即答。

ぼくは、足立くんや「ウミネコパーラー」に関しては、「ネタ」として「いける!」、あとは、いかにして情報を整理して、積極的かつ戦略的に発信するか次第と判断した。

そんなこんなで、「ウミネコパーラー」の広報がスタート。

ある程度メディアに取り上げられ始めると、ありがたいことに、メディアがメディアを呼び込んでくれ、継続して、お店がメディアに取り上げられるようになった。

 
田舎/地方には、“外”の世界へと出るべき“良いもの”が沢山眠っている。

田舎で眠っているものを掘り起こし、その情報を戦略的かつ積極的に、メディアなどを介して、“外”の世界へと出し、外へと“つなげる”ことは、田舎バックパッカーのミッションだと思っている。

どんなネタがあり、それをどう加工して、ストーリーを組み立て、どうメッセージとして発信するのか、メディアはどんな“ストーリー”を求め、そこでどう取り上げられたいのか?

ウミネコパーラー 石川県 穴水町 看護師 足立秀幸 土倉菜々香 かき氷 カフェ スコーン Anamizu Shaved Ice Kakigori cafe

なぜ、まずは“この”メディアへアプローチするべきなのか、なにを強調して話すべきか、なにを話さないほうが良いのか、などなどメディアの特性を把握することも重要。

メディアには、1日で何百通ものメールやリリースなどの報道資料や取材依頼が、あらゆる企業や人から届く。

その大半が「ごみ箱」行き…となる。これは、多くの記者仲間から、頻繁に耳にするお話しだ。

そんな中、自分の情報に注目してもらうには、どうしたらよいのか、そこも考えなければいけない。

ウミネコパーラー 石川県 穴水町 足立秀幸 土倉菜々香 かき氷 カフェ Anamizu Shaved Ice Kakigori cafe

また、ただ単に、ホームページ、ブログ、ソーシャルメディアなどの自社メディアに一方的に情報をアップするだけでは、バズることがなければ、ほんの一部の人にしか情報は届かない。

メディアに気づかれたときには、報道で取り上げる“タイミング”を逃してしまい、「時すでに遅し」という状態になってしまうかもしれない。

“手元にある”良いモノ、いくら良い“ネタ”でも、これらをうまく組み立てなければ、メディアに取り上げてもらえないことは多々。

「ウミネコパーラー」の場合、「看護師」「かき氷」「新たな働き方」など、“具材”の“質”は良いものばかり。

だが、それら“具材”=ネタを、料理人=広報マンが、いかに“調理”=加工するか、それによって、スタートダッシュが変わってくる。

それってどうやってやるの?!」と細々と考え・動くのが、「広報」であるぼくの仕事だ。

「広報」の力で、田舎の“良いもの”は、どんどんと“外の世界”へと出ることができると信じている。

ソーシャルメディアによる情報発信も必要だが、まだまだ、メディアによる情報力は絶大だ

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. アメリカ・オレゴン州 田舎の“森中”に…なぜボーイン…
  2. コナー・ジェサップ DVD falling skies フォーリングスカイズ 『クリエイター向け“田舎”ワークスペース』で脚本執筆中のコナー・…
  3. ウミネコパーラー 石川県 穴水町 看護師 足立秀幸 土倉菜々香 かき氷 カフェ 北國新聞 Anamizu Shaved Ice Kakigori cafe 田舎で仕事:石川県穴水町 かき氷カフェ『ウミネコパーラー』の広報…
  4. 読売新聞 朝刊 Carstay カーステイ トヨタ Mellow メロウ 【田舎で仕事 – 広報】読売新聞にカーステイと医療機関支援の「バ…
  5. アメリカ・ユタ州とオレゴン州への短期バックパッカー旅へ ~ 空で…
  6. Komatsu Summer school lecturer 小松サマースクール 講師 アメリカ・ハーバードやプリンストン大などの学生が運営する「小松サ…
  7. made by all lacquer sap original artwork from Japan 日・英語版『芯漆』ホームページ完成
  8. 田舎で仕事『取材コーディネート』:“未来先取り”経営哲学誌『フロ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

day 14.2 奥能登一周中 再び穴水町へ 今度は町役場へ!? mobile lifestyle vanlife family 移動型定住 東京モーターショー 家族 バンライフ 家族 子持ち 【メディア掲載】プロモ映像に登場!世界5大の自動車祭典「東京モーターショー2019」の歴史に残る!? 秋葉博之 秋葉洋子 バンライフ 住める駐車場 穴水町 輪島 珠洲 能登町 石川県 車中泊 石川県の住める駐車場「田舎バックパッカーハウス」に帰ってきた本格バンライファー夫婦 day 10.1 石川県 舳倉島への定期船 Connor Jessup in Noto Anamizu Japan コナージェサップ 石川県 能登 穴水町 日本 【田舎で仕事】カナダ出身の映画俳優・監督・脚本家コナー・ジェサップが発信『バックパッカー娘の能登ワールド』 - 4

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

地方移住 小学校 子育て 教育 穴水町 石川県
  1. 地方移住 小学校 子育て 穴水町 石川県
  2. 地方移住 小学校 子育て 穴水町 石川県
  3. 穴水町 夜景
  4. 地方移住 小学校 子育て 穴水町 石川県 田舎バックパッカーハウス

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~
【ざっくり特集 - VANLIFE 2】豊かな車上生活『バンライフ』は実現可能
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
田舎バックパッカーが行く『秋』の鎌倉 穴場紅葉スポット紅葉谷『獅子舞』
<写真で見る>能登・穴水町の とある一軒の田舎/地方の空き家

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。