『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ

能登・珠洲市(石川県) – 能登半島の先端には写真的には最高の『ランプの宿』がある。周辺は日本三大パワースポットの一つ『聖域の岬』として知られている。(前回の田舎体験ストーリーはこちら

そこには『青の洞窟』というイタリア南部・カプリ島を想像してしまうスポットがあるわけだが…

実際はそう青くは見えないようだ。が、色は青く見えなくても、能登の海らしく綺麗なことは写真からわかることだろう。

Lamp no Yado Blue Cave in Ishikawa Noto Japan 石川県 珠洲市 能登 ランプの宿 青の洞窟 聖域の岬

Lamp no Yado Blue Cave  sanctuary cape in Ishikawa Noto Japan 石川県 珠洲市 能登 ランプの宿 青の洞窟 聖域の岬

でも、若干青く見えるかな?!

ヤスヨさんとヤスコさんは「ちょっと行ってきてもいいですか~?」と、青の洞窟へ行ってしまった。

ぼくも一度は自身の目で確認すべきだが…「青の洞窟」への入場料は1500円となかなか高額。

そこまで高いと「きっと青いんだろうなぁ!」と期待してしまうが、実際、時間帯と相当な好条件に恵まれないと青くは見えないんだとか。

廃業ビジネスが多く過疎が進む田舎は、この「ランプの宿」から学ぶべきところはあるかと思うが、ん~~…ここは「日本三大パワースポット」「聖域の岬」などの名称を売りにしすぎで、商業とマーケティング臭が少し強すぎる。それに関しては前回の田舎体験で、訪問したときも書かせてもらった。

Lamp no Yado sanctuary cape in Ishikawa Noto Japan 石川県 珠洲市 能登 ランプの宿 聖域の岬

1500円も払ってまで行きたくない、というのが正直なところ。

展望台単体へ行くには500円かかる。展望台へは一度行ったことがあるが、500円払って展望台へ行かなくても、周辺から同じ感覚と景色を味わえるというのが、ぼくの率直な感想。



 
能登半島の先端「珠洲岬」は、大地の寒帯気流と亜熱帯気球が合流、南からの暖流と北からの寒流が集結することから、日本三大パワースポットの一つとして知られる。

その他には、静岡県の富士山(活火山・断層地帯)、長野県・分杭峠(ぶんぐいとうげ)(ゼロ地場地帯)がある。

富士山は日本のエネルギーを感じることができる代表的なスポット。

分杭峠は、日本最古、最大、最長の巨大断層地帯「中央構造線」の真上にあり、さらに、西南日本を内帯(日本海側)と外帯(太平洋側)とを分ける大断層の上にあるそうだ。

「ゼロ磁場」として「地球のエネルギーが凝縮されている所」としても知られている。

Lamp no Yado Blue Cave  sanctuary cape in Ishikawa Noto Japan 石川県 珠洲市 能登 ランプの宿 青の洞窟 聖域の岬

続いてぼくらが向かった先は、今日の最終スポット、見附島(別名 軍艦島)と、その隣の国民宿舎「のとじ荘」にある日帰り温泉だ。

<続きはこちら

 

 
●スポンサーリンク

 

コメントを残す