INAKA Life - 田舎での日々

【能登での田舎暮らし】次女保育園見学へ、穴水町の「平和こども園かぶと」 2022年度末で閉鎖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
平和こども園かぶと,穴水町 保育園

石川県穴水町の保育園が園児でいっぱいだ。

2022年4月から次女・杏抽が通う予定の石川県穴水町の保育園「平和こども園かぶと」に見学へ。

当時、長女が通っていた光琳寺保育所や、その他、自宅から近い保育園は園児でいっぱい。町や保育園にとっては嬉しいことだと思うが、ぼくらにとっては… 「あちゃ〜じゃぁ、どこに子どもを通わせよう…」と悩む。

平和こども園かぶと,穴水町 保育園

平和こども園かぶと,穴水町 保育園

最終的に「平和こども園かぶと」保育園へと次女は4月から通うことに。「平和こども園かぶと」は自宅から約10キロ、車で約15分前後離れた保育園。海沿いや山道を走って約10キロ先だが、体感的にはそれ以上ある道のり。まぁ慣れれば近く感じるのかな。

穴水町には現在のところ、「平和こども園」「平和こども園かぶと」「光琳寺保育所」「神杉保育園」の4つの保育園があるのだが、街から一番遠い「平和こども園かぶと」が2022年度末で閉鎖となる。これから次女が通う保育園がこの閉鎖となる保育園だ。

平和こども園かぶと,穴水町 保育園

人口わずか約7,700人(2022年1月末)の町で、保育園の「園児が沢山いる」「一杯一杯」というのは嬉しい響き。

だが、「平和こども園かぶと」保育園周辺の地域で産まれてくる赤ちゃんの見込みがないとのことで、2022年度末で閉鎖にすることを決定したそうだ。

「平和こども園かぶと」は良い自然環境の場所にある保育園だし、存続して欲しいが、 園児数が15人前後ってところだろうか…園児が少ない。

通う子どもたちが少なければ事業存続も難しいってのもわかるんだけどね。現在通っている近辺の子どもたちの親は残ってほしいと思っていることだろう。

平和こども園かぶと,穴水町 保育園

仕方がないのだろうけど、田舎暮らしの空間としては素晴らしい環境を誇る穴水町。すべてを街へと集中させるのではなく、穴水の田舎ならではの良き環境を活かした町づくりを希望したいものである。

平和こども園かぶと,穴水町 保育園

ちなみに、話しは変わるが、そんな中、穴水町の小さな街中には、そこそこ大きなドラッグストアが4店(現在建設含め)とコンビニ3店があり、「この短い距離間にコンビニとドラッグストア、こんなに沢山いる?!」と思ってしまう今日この頃。ドラッグストア4店のうち2店は現在建設中で、一店は「GENKY(ゲンキー)」、もう一店が「アオキ」になる予定。その2店がそこそこでかいんだよね。

一方で保育園は減る。「もう少しあってほしいよなぁ~」というスポットが閉鎖になり始めているここ数年。

また、2025年ぐらいまでに、そんな閉鎖スポットが多くなってくる予感がする

平和こども園かぶと,穴水町 保育園

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 穴水町 鮭, salmon in anamizu Ishikawa, 石川県 鮭 石川県穴水町で鮭<サケ>の遡上 今季も始まる
  2. どんより 天気 北陸の天気 ネガティブ思考“どんより”系にはお薦めできない
  3. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影 「車中生活」「バンライフ」の“影”に必要なこと | NHKスペシ…
  4. <動画あり>ナマコな娘 今現在 外でお仕事+釣り
  5. 能登 うさぎ, 穴水, 石川県 野生動物, rabbit anamizu 【田舎からのつぶやき】能登で野生のウサギが道路に…
  6. 能登 イカの駅 つくモール 日本の補助金のあり方をうま~く利活用する能登町「イカの駅 つくモ…
  7. 「3人に1人以上が(地方)移住を検討」ってお話し
  8. 穴水町 岩車, 石川県 移住, 田舎暮らし, 能登半島 【能登での田舎暮らし】毎週日曜日は漁港で会いましょう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

ヤフーニュース バンライフ 【メディア掲載】オンラインメディアに「田舎バックパッカーハウス」「バンライフ・ステーション」 能登 穴水町 牡蠣 oyster in anamizu noto ishikawa 牡蠣で中日新聞 武藤記者の送別会 バンライフの背景にはいろんな理由があるね ドライブスルー牡蠣祭り『おうちDEかき祭り』2月21日(日)11:00~ 石川県穴水町で day 12 奥能登一周旅 職務質問されるバックパッカー ~ 真浦海岸から大谷へ ~

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
フジテレビ めざまし8 AU,AU電波障害
  1. 穴水町 小学校 統合, 向洋小学校, 小学校 説明会
  2. inaka backpacker japan
  3. 穴水 車中泊, 石川県 バンライフ,北陸 バンライフ, 中川生馬
  4. 穴水町 車中泊,石川県 車中泊,石川県 バンライフ,ふれあいパーク
  5. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, child in the countryside japan

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
【能登での田舎暮らし】石川県穴水町の小学校の統合に関する説明会 7月14日開催 そもそもなぜ統合ありきで話しが進んでいるのか?
day 70.1 石川県輪島市 3ヶ月滞在予定が20年以上に 田舎の森の中に住み“デザインを冒険する”漆芸作家スザーン・ロスさんとの出会い
【星空旅スポット】能登・穴水町で『天の川』 ~ 街灯がない地方の魅力 ~
脚本執筆のために「田舎バックパッカーハウス」シェアハウスに滞在したConnor Jessup(コナー・ジェサップ)の新作ドラマ
石川県穴水町のシェアハウス兼“住める駐車場”車中泊スポット「田舎バックパッカーハウス」< 公式概要と利用料金について>
day 52 高知県 沖の島の『赤い有名人』1 ~ 自己ブランドを構築する荒木健吉さん ~
【田舎バックパッカーハウス】能登半島・石川県穴水町の田舎暮らし体験シェアハウス、長期間 車中泊滞在“バンライフ移住”可能な<住める駐車場>『バンライフ・ステーション』について
【能登での田舎暮らし】添加物賛成・反対派に関する質問をみて 結局 添加物ありがいいの?なしがいいの?
day 70.4 輪島塗の現状 ~ 輪島に残れない輪島塗に熱心な次世代 ~
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。